Carstay、小田急電鉄と業務連携。小田急沿線で暮らす500万人のバンライフをサポート

~ 小田急グループ・UDS株式会社が新宿で運営する、複合型コワーキングスペース施設「INBOUND LEAGUE」にてキャンピングカーのカーシェアサービスを開始予定 ~

車中泊スポットとキャンピングカー含む車中泊仕様の車のシェアサービスなど「VANLIFE(バンライフ)」のプラットフォーム事業を展開するCarstay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:宮下晃樹)は、小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区、社長:星野晃司)が運営する、地域密着型サービスプラットフォーム「ONE(オーネ)」と連携しました。Carstayが進めている地域密着型マーケティングの第1弾として、サービス上で利用可能な割引クーポンをONE会員向けに展開していきます。

そして、小田急グループ・UDS株式会社が運営するインバウンド事業者のための複合型コワーキングスペースで、Carstayが本社を置く「INBOUND LEAGUE」の1Fに、Carstayが「バンシェア」で共用する“動くホテル”“動くオフィス”をコンセプトにしたキャンピングカー「VANLIFE STORY」を駐車し、国内外の旅行者やINBOUND LEAGUE会員などを対象に、移動できる宿泊・MTGスペースとしてキャンピングカーを利用する事業を開始します。
 

 
  • 「ONE(オーネ)」について
「ONE」はシェアリングエコノミーに関わるサービスを軸とした、地域密着型サービスプラットフォームです。“Open Next Experience”の頭文字を取った名称で、ICT(情報通信技術)を活用することで、1つのID「ONE ID」により、暮らしに密着したシェアリングやサブスクリプションサービスを手軽でお得にご利用いただけるWebサイトです。
・ONE サービスサイト:https://one-odakyu.com/
 
  • サービス連携内容について
「ONE」に会員登録をすると、会員特典や提携サービスとして、Carstayが提供するサービス「バンシェア」「カーステイ」がお得に利用可能となります。

- 利用特典①:キャンピングカーのシェアサービス「バンシェア」初回10%割引
- 利用特典②:車中泊/テント泊スポットのシェアサービス「カーステイ」初回20%割引

 
  • 小田急グループ・UDS株式会社との連携について
利用者は「INBOUND LEAGUE」で、「VANLIFE STORY」を“動くホテル”や“動くオフィス”として利活用できる他、「バンシェア」での利用者は「INBOUND LEAGUE」で車両の引き取りが可能です。「バンシェア」は、Carstayが近日中に開始予定のキャンピングカーを含む車中泊仕様の車に特化したカーシェアのサービスです。

毎日100人以上の訪日外国人やビジネスパーソンなどの訪問者が多い「INBOUND LEAGUE」1階は、ツアー情報の提供や販売を行う観光案内所としても機能していることから、“動くホテル”や“動くオフィス”になるキャンピングカーの利用含めCarstayのプラットフォームを利用した国内旅行や、仕事を兼ねた観光旅行の提案も行います。

「INBOUND LEAGUE」に停めている“動くホテル”の利用希望者は、「バンシェア」で手続後、車中泊スポットの検索・予約・決済サイト「カーステイ」から予約し、キャンピングカーでの宿泊を体験、“動くオフィス”では打ち合わせやテレビ会議、撮影などの多目的な用途で利用でき、都会で「VANLIFE」の非日常を体感することができます。

大人4名まで就寝できる“動くホテル”は1泊約3万円前後で、“動くオフィス”は1時間の利用で約2000円での利用を想定しています。

また、Carstay株式会社は、小田急線狛江駅近郊に拠点を持つ、「VANLIFE」に特化したキャンピングカーの製作・提供を行う、Dream Drive株式会社と提携し、「バンシェア」からDream Drive社の車両を予約、狛江駅近郊での提供を開始する予定です。

今後、Carstayは「バンシェア」や「カーステイ」の利用者の増加、新たなビルなど、固定された従来のオフィスや宿泊などの施設建設だけでなく、MaaSへの社会変革に向けた“動くオフィス”や“動くホテル”などの動く不動産こと“可動産”と“不動産”の新たな連携可能性も探ります。​
 
  • INBOUND LEAGUEについて
インバウンド関連の情報、ノウハウ、人が集まり、新たなインバウンドビジネスを創出するベンチャーを支援する場となることで、インバウンドを通した、企業や地域の活性化支援を目指した複合型コワーキングスペース。ワークプレイスに加えて、イベントスペース、畳敷き和サロン、世界各国の人が入居するシェアハウスなど、インバウンドビジネスに関わる多様なプレイヤーに応じた空間を設けている。(http://inbound-league.jp/)   
       
  • 「バンシェア」について
“いつでも、どこでも、自由に滞在できる、バンライフを通じて、あなただけの物語を”をテーマとする「バンシェア」は、キャンピングカーを含む、車中泊仕様のバンを使わない間は使いたい人にシェアしたい「ホルダー」と、必要な時に好みのバンを使ってバンライフを楽しみたい「ドライバー」をマッチングする、近日中に公開予定の新しいカーシェアサービスです。(https://carstay.jp/
  • Carstay株式会社について
Carstay株式会社は、“Stay Anywhere, Anytime : 誰もが好きな時に、好きな場所で、好きな人と過ごせる世界をつくる”というミッションを掲げ、「MaaS(Mobility as a Service)」領域において、新しい旅と暮らし「VANLIFE」をテーマに事業展開しているスタートアップです。今後、5G・自動運転社会の到来で必要となる「快適な移動」と「感動体験」を「VANLIFE」プラットフォームの提供を通じてデザインします。2018年6月に創業。(https://carstay.jp/ja/company
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Carstay株式会社 >
  3. Carstay、小田急電鉄と業務連携。小田急沿線で暮らす500万人のバンライフをサポート