primeNumber(プライムナンバー)がOPEN DX 2021 NextStageに協賛 10年連続 売上高成長率1.5倍のSHIFT社におけるデータ分析基盤をご紹介

 株式会社primeNumber(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO 田邊 雄樹)は、2021年9月6日(月)から2021年9月17日(金)の10日間にかけて開催されるクラウドエース株式会社主催のオンラインイベント「OPEN DX 2021 NextStage」に協賛します。
 弊社は9月6日14時からのセッションに登壇します。弊社の支援企業で、ソフトウェアのテスト・品質保証を事業とするSHIFT社のデータ分析基盤を紹介します。SHIFT社は、10年連続 売上高成長率1.5倍、年間約1,000人を採用し、急成長・急拡大を実現しています。

 

  • 協賛の背景


 あらゆるデータ量が爆発的に増えている現代、データ活用は競合他社に対して優位性を保つための前提条件になっています。経済産業省では、データ活用のために既存システムの課題を解決し、デジタルトランスフォーメーションを推進しなければ、2025年以降、国内全体で最大12兆円/年の経済損失が生じる可能性(2025年の崖)を警告しています(※)。さらには新型コロナウイルスの影響で、急速なデジタル化や日本経済の縮小が進み、データ活用の必要性は一層高まっています。
 このような状況下で、各個人がExcel等を利用してデータ集計を行っていたものの「企業成長やデータ量の増加に伴い限界を迎えた」「セキュリティや集計の正確さを担保できなかった」という企業は数多く存在します。しかし、集計を自動化・一元化するためにオンプレミス(自社設備)でデータ分析基盤を構築すると「構築や運用に工数がかかる」「運用開始までのリードタイムが長くなる」「システム選択に制約がある」「システムの置き換え・拡張が難しい」といった新たな問題が発生します。
 primeNumberが提供する「trocco®」は、社内外に点在する膨大かつさまざまな種類のデータを変換し、DWHに自動で統合するクラウド型サービスです。株式会社SHIFTは、trocco®とGoogle Cloud のBigQuery を用いたクラウド環境でデータ分析基盤を構築し、Excelでの集計から脱却。オンプレミスで発生していたであろう数々の問題を解決し、自社の急成長・急拡大に対応しています。
 今回、primeNumberは「OPEN DX 2021 NextStage」においてSHIFT社と共同で事例をご紹介いたします。これから同様の環境構築を検討されている企業様の参考となればと考えております。


(※)経済産業省『DXレポート ~ITシステム「2025年の崖」克服とDXの本格的な展開~』
https://www.meti.go.jp/shingikai/mono_info_service/digital_transformation/20180907_report.html

 

  • OPEN DX 2021 NextStage概要


 「デジタルトランスフォーメーション(デジタル変革)」「デジタルエクスペリエンス(デジタル体験)」「デベロッパーエクスペリエンス(開発者体験)」という3つのキーワードからDXの成功体験に関するライブオンデマンドセッション、ライブQ&A、ハンズオンなどおよそ50に及ぶコンテンツを提供するオンラインイベントです。

<日程>
2021年9月6日(月)~2021年9月17日(金)
<詳細・申込について>要事前登録、無料
https://cloud-ace.jp/opendx2021/

 

  • セッションタイトル


成長企業のマルチクラウド事例!BigQuery x trocco®︎活用術を公開

 

  • セッション概要


 10年連続 売上高成長率1.5倍と絶好調、テスト・品質保証サービスを提供するSHIFT社のデータ分析基盤を紹介します。
 BigQueryとマネージドETL&ワークフローサービスtrocco®︎導入により、マルチクラウド環境下であらゆる業務データを分析/連携/配信/共有することに成功。本セッションでは導入前の課題や検討プロセス、実際の運用、マルチクラウド全体構成やデータガバナンスについてお話しします。BigQuery導入検討中やサイロ化する社内データにお悩みの情報システム部門担当者様におすすめです。

<日時>
2021年9月6日(月)14時~15時
<申込について>
https://cloud-ace.jp/opendx2021/ からイベントへの参加登録を頂くことで、セッションの視聴が可能となります。
<セッション視聴URL>
https://cloud-ace.jp/opendx2021/session/detail03

 

  • 登壇者情報


株式会社SHIFT
情報システム部 基幹システム推進・統合グループ グループ長
大網 康志 様
SIerにてシステム導入を経験後、製造業向けコンサルティングファームにて、IT改革プロジェクトに従事。ERP、PLM、原価管理、DWHなどを中心に、システム企画、導入、保守運用などのフェーズを幅広く手掛ける。2015年にSHIFT参画後は、SFA、販売管理、PJ管理等の各業務システムの刷新・導入・改善に従事し、IT化の推進を担う。経営陣から業務担当者までの要望に応え、会社の特徴や成長ステージにあわせ、最適なシステムをタイムリーに導入することを心掛けている。

株式会社SHIFT
情報システム部 基幹システム推進・統合グループ
吉田 範孝 様
新卒で入社した会社でエンジニアとして医療システムの開発に従事後、コンサルファームにてIT改革プロジェクトに従事し、システム企画、導入、保守運用などのフェーズを幅広く手掛ける。その後、再び医療業界にてITコンサルを経験後、2016年にSHIFTに入社。
社内のシステムの開発・導入に携わり、現在は、trocco®、BigQuery等を利用したデータ分析基盤構築を行っている。

株式会社primeNumber
取締役執行役員CIO
山本 健太
新卒で入社した会社でエンジニアとして広告テクノロジー関連の開発に従事後、2015年に代表田邊とprimeNumberを創業。 企業規模・業種問わず、DX推進やデータ活用支援に関するマネジメントから顧客のプロダクト開発支援コンサルティング等まで幅広く担当。 2020年には、Forbes 30 Under 30 Asia のEnterprise Technology部門に選出された。

 

  • データ統合自動化サービス「trocco®」とは


 顧客が活用したいデータは、大容量で形式も様々、かつ複数の場所に散らばっています。そのままの状態ではデータをビジネスに活用することは難しく、DWHと呼ばれる保管庫にデータを統合したり、帳票やBIツールと連携してグラフ等の見やすい形に変えたりする必要があります。
 従来は、このプロセスをエンジニアが手作業で行っていましたが、trocco®はサービス上で自動化することができます。エンジニアの作業工数を削減することで、エンジニアがより戦略的な業務に集中することを支援します。
URL:https://trocco.io/lp/index.html

 

  • 株式会社primeNumber 概要


 我々は「あらゆるデータを、ビジネスの力に変える。」データテクノロジーカンパニーです。データが爆発的に増えていく時代に、誰もがすばやく、簡単にデータを使える環境を構築し、データ活用までのプロセスを最適化。高度なテクノロジーと独自のアイデアで、世界中のビジネスを支援します。

<会社名>
株式会社primeNumber(英文名:primeNumber Inc.)
<代表>
代表取締役CEO 田邊 雄樹
<設立>
2015年11月
<オフィス>
東京都目黒区下目黒2-20-28 東信目黒ビル7F
<企業サイト>
https://primenumber.co.jp/
<事業内容>
汎用型データエンジニアリングPaaS 「systemN ™」の開発・運営
データ統合自動化サービス「troccoⓇ」の開発・運営
データ活用伴走支援型ソリューション

 

  • 本リリースお問い合わせ先


株式会社primeNumber
コーポレートコミュニケーション室 広報担当 村島夏美
e-mail:pr@primenumber.co.jp

 

  • trocco®お問い合わせ先

https://trocco.io/inquiry/new

Google Cloud および BigQuery は Google LLC の商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社primeNumber >
  3. primeNumber(プライムナンバー)がOPEN DX 2021 NextStageに協賛 10年連続 売上高成長率1.5倍のSHIFT社におけるデータ分析基盤をご紹介