Doog、サウザーをアプリケーション実証用モデルとして広くオープン化

株式会社Doog(茨城県つくば市、代表取締役:大島章、以下「当社」という。)は、産業界で広く活用されている当社主力製品「協働運搬ロボットサウザーEシリーズ」をアプリケーション実証用モデルとして販売します。
サウザーは、2020年10月の日本ロボット学会実用化技術賞、2021年3月のロボット大賞中小・ベンチャー企業賞をダブル受賞し業界から高く評価され、優れた機能を有するベースユニットです。
アプリケーション実証用モデルを活用いただくことで、自律移動を伴うアプリケーションの開発や製品開発のスピードが加速すると共に、本格導入に向け、実現場での実証検証がスムーズに進められるようになります。
■概要
当社のサウザーは、これまで(*1)に開発用のロボットとしてアカデミック分野や、企業の研究開発部門等において、開発者の皆様にご活用いただいている実績があります。そのような実績を活かし、ロボットの研究開発と実証で必要となる機能を搭載した「アプリケーション実証用モデル」(以下「本モデル」という。)を提供いたします。開発者の皆様が本モデルをご活用いただくことで、搬送ロボットの開発スピードが加速し、いち早く実証いただくことができるようになります。
本モデルは、開発者がサウザーを自由にカスタマイズすることが想定されており、図面や電気的インタフェース、通信プロトコル等の各種技術情報が提供されます。これにより開発者は自由な発想で開発・運用に活用いただくことができます。また、サウザーの新機能である「メモリトレース」も標準搭載されます。メモリトレースは、ボタン1つで走行のための地図とルート作成ができる自動走行機能です。ガイドレス自動走行の常識を覆す簡単さが特長です。
サウザーは、国内外において豊富な導入実績がございます。様々な現場で活用できる耐久性とカスタマイズ性を有するサウザーだからこそ、開発と現場での実証を堅実かつよりスピーディーにいたします。
他の研究向けプラットフォーム台車やロボットシステムには無い、サウザーのユニークな特長を本発表内容でご確認ください。

 
■本モデルの特徴
(1)サウザーの現場力を支える圧倒的性能
・工場、倉庫、整備場、建築、工事、サービス現場等の要求を満たし多数導入されています。
・広い荷台(L750×W600)は120kgの重量物積載荷重に耐え、各種機器や追加バッテリーの搭載が可能です。荷台はアルミフレームで構成されていることから、サイズや形状の拡張性が高いです。図面や3Dモデルが提供されます。
・タイヤは多くのロボットと比較して、大きいものが採用されています。これにより段差走破性が高く、床に仕切りや継ぎ目があるような場合や、点字ブロック程度の凹凸があっても走破することが出来ます。段差乗り越え性能は3cmの直角段差が仕様値です。
・サウザーの車体底面は、床から数cm離れており、斜面や段差を走破する際にも車体が床に擦れることが無いよう設計されています。バリアフリー環境(勾配1/12以下)はもちろん、それを超える斜面であっても、上り下りをすることが出来ます。登坂性能は、空荷の状態で9度、フル積載の状態で6度が仕様値です。
・屋内外での走行が出来ます。搭載しているLiDARは、外乱光に強い検出性能を持ち、かつ車体の内側に隠れて格納されているため、太陽光の影響を受けにくくなっています。また、構造的にLiDARの窓に雨滴が付きにくいのが特徴です。サウザー本体はIPX2の防水性を有しており、上からの雨滴では故障することはありません。また、床が水濡れしている現場であっても、タイヤが跳ね上げた水がサウザーを故障させないよう設計されています。このため、屋外を含めて365日運用している現場も数多くあります。
・バッテリーの増設や載せ替え交換のカスタマイズに対応しています。
・サウザーの電源と連動し外部に電源出力する機能に対応しています。24V(バッテリー電圧)、12V、5Vを供給することが可能です。

(2)現場で直ぐに使える基本機能群
定評のあるサウザーの基本機能は、本モデルでもそのままご活用いただけます。
・直感的に操作できる手動操縦機能
・ビーコン不要で人や物を追って走行する自動追従機能
・レーザ誘導式でロバスト&簡単設置のライントレース機能
・バーコードマーカで簡単にルート設定できるハイウェイ機能
・簡単操作ですぐにガイドレス自動走行できるメモリトレース機能

(3)ネットワークからの制御機能
有線LAN/WiFiから自由に制御できます。お客様独自の制御機能を実装いただくことが出来ます。
・上記(2)に記載の基本機能を遠隔操作・自動操作できます
・走行速度・旋回速度を指示して自由に動かすことができます
・衝突回避機能を生かした状態で走行指示を与えることができます
・バッテリーランプ、速度モード設定、起動している機能などの状態を取得できます
・搭載しているLiDARのスキャンデータを取得できます
・搭載しているIO信号の状態取得・出力操作ができます

(4)安心のサポート体制
当社にて、開発の初期セットアップ時に、技術問い合わせに対するサポートを提供いたします。迅速な開発立ち上げにご協力いたします。
本モデルの開発にあたっては、皆様お手持ちの開発環境、OS、システム、ツールをご利用いただけます。コマンド・ステータスの送受信にはMQTT、サウザー内部のファイルの転送にはSFTP、LiDARデータの受信にはSCIPなど、一般的なプロトコルを使用しています。これまでにもROS、Android / iOS / Windowsアプリ、Webアプリなどのフレームワークを用いたさまざまな規模のシステムに組み込んで頂いております。
また、必要に応じて、サウザーのインテグレート経験(牽引金具や荷台構造等、メカ・エレキを含む。)のある設計・試作メーカーをご紹介させていただきます。実現場への導入や長期検証を開始される場合には、全国保守体制の組み方についてもご相談を承ることが出来ます。開発成果についてサウザーに関連した事業をご検討いただける場合には、当社としてあらゆるご相談に応じ、パートナー事業者へのご紹介や、量産化特注モデルなどご協議させて頂きます。

■特記事項
本モデルは、先行技術に関する情報提供を含むことから、当社からの直販および直接サポートをさせていただきます。また、ご要望によりお客様ご指定の代理店経由での販売にも対応させていただきます。なお、システムインテグレータ様およびサウザーのインテグレータ販売事業者が対応可能な案件は従来通り標準モデルで対応いただきます。

■お問い合わせ先
本リリースに関するお問い合わせやアポイントメントのご依頼については、当社ウェブサイトのお問い合わせページよりご連絡いただけますようお願い申し上げます。
 

(*1) Doog、独自技術をサウザーに搭載するパートナーとの連携を拡大    https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000043289.html

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Doog >
  3. Doog、サウザーをアプリケーション実証用モデルとして広くオープン化