モノフルとパスコ、物流の課題解決に向けて協働

配車管理業務とトラックの受付/予約業務を支援する連携サービスを 8 月から提供開始

2020年8月3日
株式会社モノフル
株式会社パスコ

報道各位

モノフルとパスコ、物流の課題解決に向けて協働
配車管理業務とトラックの受付/予約業務を支援する連携サービスを8月から提供開始

 ロジスティクス・エコシステム*1を推進する株式会社モノフル(日本GLP株式会社のグループ企業、代表取締役社長:藤岡 洋介、以下:モノフル)と空間情報サービスの株式会社パスコ(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:島村秀樹、以下:パスコ)は、配車管理業務と倉庫等におけるトラックの受付/予約業務を支援する連携サービスを2020年8月3日より提供開始します。
 



■背景と課題
 物流業界では、配車管理業務と倉庫等におけるトラックの受付/予約業務を異なる部署・企業が担うことが多いことから、関係者間の情報連携が進まず、配車担当者は「配送計画を立てても倉庫での荷待ちにより計画通り配送できない」、倉庫担当者は「配送計画に沿った事前準備ができず倉庫業務を効率化しきれない」という複合的な課題が発生し、解決が求められてきました。今回、両社のサービスが連携することで、配車担当者と倉庫担当者、双方の課題を解決します。

関連する報道発表:2020年1月29日:「モノフルとパスコが業務提携を発表」
URL: https://monoful.co.jp/news/20200129-


■サービス連携概要
 パスコが提供する配車管理システム「LogiSTAR 配車管理簿」で、複数の荷物・車両・配送先、容積の異なる荷物・車両といった、複雑な条件を高速で計算処理し、最適な車両数と配送先・配送順などの配送計画を立案します。その後、ボタン一つで配送計画の確定を行うと同時に、モノフルが提供するトラック受付/予約サービス「トラック簿」へ情報連携を行います。「トラック簿」では、連携された情報を元に、倉庫担当者が作業時間やバースの設定を行います。その際、計画上、倉庫を出発すべき時刻を設定することで、全体の配送計画の遅延発生を防ぎ、計画精度を高め、その結果、効率的な配送と作業管理が実現されます。
 



 本サービス連携により、パスコではTMS(LogiSTAR 配車管理簿とPASCO LocationService)の対応領域が拡大することで、配車計画時に設定した待ち時間以上の遅延発生の抑制など輸配送領域外の業務課題の解決につながります。
 モノフルでは配送計画に沿った倉庫側の事前準備の効率化といった、倉庫管理に対する価値提供に加え、様々なパートナー様との連携により、物流全体の効率化に向けた大きな一歩を踏み出すこととなります。
 今後も、配車管理業務と倉庫等におけるトラックの受付/予約業務のさらなる効率化と計画の実現精度向上に向け、両社は継続的に物流業務の課題解決に取り組んでいきます。


■サービス連携「紹介動画」
 今回の連携について説明した動画を以下のサイトに用意していますので、ぜひご覧ください。
 連携について: https://www.pasco.co.jp/logistics_solution/monoful/


トラック受付/予約サービス『トラック簿』
 予約機能を用いたトラック到着時間の分散や計画的な庫内準備による⻑時間待機の解消に加え、リアルタイムでのバース 状況の可視化、SMS/LINEを使った「かんたん呼び出し」による倉庫担当者の作業負担の軽減、データの蓄積・分析による 業務効率の改善により物流施設や工場などにおけるトラックの⻑時間待機問題を解消するトラック受付/予約サービス。月額 基本料 0 円から利用可能。
 URL: https://monoful.co.jp/truckbook/


配車管理システム『LogiSTAR 配車管理簿』
 パスコは、物流拠点・ネットワークの分析から、配送計画、動態管理、倉庫内の最適化などを支援する物流トータルソリューションを提供しています。『LogiSTAR 配車管理簿』は、配送先や道路ネットワークの状況、規制情報、熟練技能者の知見などを反映した配送計画を策定し、輸配送事業者の配車・配送業務を支援。業務の効率化や省力化など、荷主や物流事業者など関係者が連携・協力し、物流の改善に取組むホワイト物流の推進にも貢献するサービスです。
 URL: https://www.pasco.co.jp/logistics_solution/


株式会社モノフルについて (URLhttps://monoful.co.jp/)
 モノフルは、先進的物流施設のリーディングプロバイダーである日本GLP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之)のグループ会社の出資により2017年11月に設立されました。
 社名には、「物(mono)であふれている(full)」という物流の現状を表す意味に加え、我々が目指す未来の物流の姿である「単一の(mono)プラットフォームで遂行させる・実行する(fulfill)」という意味を込めました。

代表取締役会長:帖佐 義之  代表取締役社長:藤岡 洋介
所在地:〒105-7134 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター34階
設立:2017年11月
事業内容:物流ソリューションの開発・提供、出資


株式会社パスコについて(URLhttps://www.pasco.co.jp/
 パスコは、人工衛星や航空機、ヘリコプター、ドローン、専用車両、船舶などに多彩なセンサーを搭載して地球上のあらゆる事象を捉え、収集した情報に加工・処理・解析を加えて、社会の課題を解決する空間情報サービスを展開しています。2003年からは、企業の地域戦略を支援するエリアマーケティングシステム『MarketPlanner』や、物流を支援する『LogiSTARシリーズ』の販売を開始。このほか空間情報技術で企業の課題解決を支援する各種サービスを提供しています。

代表取締役社長:島村 秀樹
所在地:〒153-0043 東京都目黒区東山1-1-2
創業:1953年10月
事業内容:空間情報サービスの提供


*1 パートナー企業との協業や、様々なソリューションを組み合わせた物流業界全体のビジネスの集合体

・本件に関する問い合わせ先:
株式会社モノフル 広報担当(IFC) 竹江 03-5532-8921
株式会社パスコ 広報部 03-6412-2800
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社モノフル >
  3. モノフルとパスコ、物流の課題解決に向けて協働