ACESが商談を科学する営業支援AIツール「ACES Meet (β版)」を提供開始

営業現場のブラックボックス化を防ぎ、商談の質の向上に寄与

画像・映像認識AIアルゴリズムの力でリアル産業のDXを目指す東大松尾研発のAIスタートアップである株式会社ACES(東京都文京区、代表取締役 田村 浩一郎、以下「ACES」)は、ブラックボックス化しがちな商談や会議内容を可視化し営業組織の強化を支援する営業支援AIツール「ACES Meet(β版)」の提供を開始します。

 


■プロダクトリリースの背景
昨今新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、営業現場のオンライン化が進んでいます。テレワークに移行することで移動コストが下がる等のメリットを得られる反面、「商談情報の共有の場が得られない」「上司からのフィードバックが受けづらい」など社内での情報共有やコミュニケーションにかかる負荷が営業担当者の課題となっています。また、そうした背景から「優秀な営業人材のノウハウを横展開できない」「商談の質を高めるためのフィードバック・教育体制の構築が難しい」という組織的な課題にも発展しています。

■営業支援AIツール「ACES Meet (β版)」について
こうした背景を踏まえ、人の知見を数式化するアルゴリズム開発に強みを持つACESは、コロナ禍によって商談のオンライン化がすすむ営業組織を対象に、商談情報をデジタル化し、売上拡大を支援する「ACES Meet(β版)」を提供開始します。「ACES Meet(β版)」は、オンライン商談の準備から、録画・書き起こしをACESの独自開発AIが自動で行い、重要なシーンを簡単にピックアップし、簡便にチームに共有できるアルゴリズムソフトウェアです。


「ACES Meet(β版)」を活用することで、面倒な議事録準備・議事録作成の手間が省け、商談のリアルな反応を簡単に共有することができます。また顧客課題や商談時のノウハウをデータベースとして蓄積することで、次の商談準備に活用できるという特徴も備えています。


将来的には、商談映像データから商談出席者が無意識に発している非言語メッセージ(うなずきや表情の変化)を自動取得するセンシング技術を実装し、AIによって商談時の重要なシーンを特定する機能も実装予定です。
なお、β版の提供開始にあたり、利用希望者を募集しています。サービス紹介資料、導入のご相談等、お気軽にお問い合わせください。
サービス詳細ページ:https://meet.acesinc.co.jp/ 

■株式会社ACES 会社概要
東京大学松尾研発のAIスタートアップである株式会社ACESは、ヒトの認識・解析を行うHuman Sensing(ヒューマンセンシング)技術をはじめとした画像・映像解析のAIアルゴリズムを用いて、ヒトの知見を数式化し、リアル産業のDXを推進しています。AIアルゴリズムを事業価値に落とし込むデザイン力をコアコンピタンスとして、クライアント様と二人三脚でDXに取り組むDXパートナー事業、自社アルゴリズムを組み込んだソフトウェアを提供するアルゴリズムソフトウェア事業を行っております。

代表者:代表取締役 田村 浩一郎
所在地:東京都文京区湯島2丁目31−14 ファーストジェネシスビル 3階
設立:2017年
事業内容 :DXパートナー事業、アルゴリズムソフトウェア事業
URL:https://acesinc.co.jp(コーポレートサイト)
https://acesinc.co.jp/recruit.html(採用サイト)
お問合せ先:info@acesinc.co.jp



 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ACES >
  3. ACESが商談を科学する営業支援AIツール「ACES Meet (β版)」を提供開始