【水平線を越えて】空中ドローン ✖ 水中ドローンの際限なき社会実装に向けて

西日本最大の空中ドローンスクール管理団体、一社)ドローン撮影クリエイターズ協会が日本水中ドローン協会に加盟!今後、共同での災害対策・撮影に特化したカリキュラム作成を行い幅広い分野での業務提携を締結!!

一般社団法人 日本水中ドローン協会(本社:東京台東区、理事長:小林康宏、運営事務局:株式会社スペースワン)は、国土交通省航空局認定 管理・講習団体 一般社団法人 ドローン撮影クリエイターズ協会(所在地:京都市南区、代表理事:上田雄太)と災害・捜索現場において水中ドローンを用いたプロフェッショナルな人材の育成を目的とし、加盟ならびに業務提携を締結することをお知らせします。また、2020年5月からDPCAが水中ドローン安全潜航操縦士認定講習開始!

「 "Beyond the Horizon" -水平線を越えて- 」

少子高齢化の時代を迎え、労働力不足による生産性の向上を目的として、さまざまな産業にAIやIoTの導入が進められる昨今、それらの技術の社会実装を行う人材の育成も急務となっている。ドローンも例外ではなく、正しく安全に、かつ効率的に利活用を行うため、全国各所でドローン操縦士の講習会が開催されている。
 

空中ドローン ✖ 水中ドローン
活用環境ではなく、空中・水中ドローンの併用運用の可能性を追求することを目的に、2つの協会が業務提携を行う。
一般社団法人ドローン撮影クリエイターズ協会のプロフェッショナルな人材指導方法災害対策カリキュラムと、一般社団法人日本水中ドローン協会がもつ、水中環境の知見水難救助実績をもとに、空中ドローン・水中ドローンの垣根を超えた、アンリミテッドなドローン活用方針の策定と空と海 両方の環境で活躍するエキスパートの育成を目指していく。


■一般社団法人 ドローン撮影クリエイターズ協会(以下「DPCA」)

空中ドローンの操縦士(フライトオペレーター)育成を目的とした国土交通省航空局認定の管理・講習団体である。

 

5,000人以上講習修了者を排出
116講習団体管理(西日本最大)
広域防災ネットワーク構築
DPCAは人材育成だけではなく、全国の30の自治体及び官公庁と災害時運用協定を締結している。
数々の災害訓練の実績(DPCA独自の災害・捜索現場での空中ドローン活用方法、撮影・操縦技術)の蓄積によるカリキュラムを用いた講習をおこなっている。

京都府市との無人航空機の運用に関する協定締結式の様子京都府市との無人航空機の運用に関する協定締結式の様子



■一般社団法人 日本水中ドローン協会(以下「日本水中ドローン協会」)
水中ドローン利活用による水中事業の拡充を目的として設立。

新たな海洋ビジネスの主役となるROV(遠隔操作型無人潜水機)通称:水中ドローンのエキスパートの育成を主な活動基盤とし、協会独自の認定ライセンス「水中ドローン安全潜航操縦士講習」による、水中ドローンの安全運用とその利便性を指導している。
・水産庁との水中IoT 意見交換
海上保安庁への水中ドローン運用指導
・地方管轄消防との水中ドローン活用水難救助訓練

 ■水難救助の場合
  1. 空中ドローンよる捜索範囲の予測
  2. 予測範囲を水中ドローンによる捜索と水中環境確認
  3. 関係各所への初期・初動報告、画像提供
 ※二次被害の防止・捜索隊・救急隊の労力削減・安全監督

 ■海洋インフラ点検の場合(沿岸・港湾・洋上空港・洋上風力・橋など)
  • 海洋インフラの総体点検
  • 海面上の建設物は空中ドローンで点検・調査・確認
  • 水面下の基礎や水流は水中ドローンで点検・調査・確認
 
日本水中ドローン協会とDPCAは、双方の知見を活かすと同時に、共同事業の創造と際限ないドローンの社会実装の可能性を追求する。

~~DPCAからのお知らせ~~
5月5日 水中ドローン 操縦体験イベント開催!!
DPCAでは5月5日に京都駅から徒歩5分の場所にて
今各産業界で注目のツール『水中ドローン』の操縦体験イベントを開催いたします!
水中ドローンに興味関心のある方はこの機会にぜひお集りください。

ー 水中ドローン 操縦体験イベント 概要 ー
【日時】:5月5日(祝・火)   
1部 14:30〜15:30 (予定)
2部 16:30〜17:30 (予定)

【定員】:各回10名 (予定)
※申込先着順に受け付けます。定員に達し次第受付を終了いたしますので予めご了承下さい。
内容: はじめに参加者には座学形式にて水中ドローンインストラクターから
水中ドローンの基礎についてを説明させていただきます。その後プールに実際に操縦を体験していただきます。

【会場】
京都スポーツクラブ イリアス
https://www.kyotoclub-ilias.net/office_info.html
住所:〒601-8005 京都市南区東九条西岩本町10-2

【電車でお越しのお客様】
京都駅南側八条東口から東へ歩き、セントノーム京都ホテル角を右へ徒歩5分。
【車でお越しのお客様】
八条竹田街道を東へ、セントノーム京都ホテル角を右へ 八条河原町を下がり、1筋目を右へ

主催:一般社団法人 ドローン撮影クリエイターズ協会
後援:一般社団法人 日本水中ドローン協会
※プログラム内容は変更する場合がございます。予めご了承ください。
※操縦体験イベントについてのお問合わせはDPCA事務局までご連絡ください。
このイベントについて京都スポーツクラブイリアスへのお問合わせはお控えください。


▼各社の概要
一般社団法人 ドローン撮影クリエイターズ協会(DPCA)
代表理事 上田雄太
設立 平成27年9月
〒601-8005 京都市南区東九条西岩本町10-2 イリアスオフィス2階
TEL:075-606-6865
WEBSITE:https://dpcajapan.org/

一般社団法人 日本水中ドローン協会(株式会社スペースワン内)
理事長 小林康宏
〒110-0005 東京都台東区上野3-14-5-4F
TEL:03-5812-4194
WEBSITE:https://japan-underwaterdrone.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社スペースワン >
  3. 【水平線を越えて】空中ドローン ✖ 水中ドローンの際限なき社会実装に向けて