新刊254万部、累計1200万部突破の小野不由美「十二国記」シリーズが、「第5回吉川英治文庫賞」受賞!

新刊は254万部突破!新刊は254万部突破!

 小野不由美さんのベストセラーファンタジー「十二国記」シリーズが「第5回吉川英治文庫賞」を受賞したことが、本日、公益財団法人吉川英治国民文化振興会より発表されました。同財団の主催、講談社の後援で2016年に創設された吉川英治文庫賞は、毎年12月1日から翌年11月30日までに文庫最新刊が刊行された5巻以上のシリーズ作品のなかから、もっとも優秀な大衆シリーズ文学作品に贈られる賞で、今回は15の候補作品から、約50人の選考委員の投票で受賞作が決定しました。
https://www.kodansha.co.jp/award/yoshikawa_bk.html

昨年10月、11月に刊行された『白銀の墟 玄の月(しろがねのおか くろのつき)』全4巻(新潮文庫)は、「十二国記」シリーズの「18年ぶり」の新作とあって、一昨年末の刊行予告以来、ウェブ上で大きな反響を呼び、刊行後わずか1カ月で累計部数は254万5000部、シリーズ累計は、1200万部を突破しました(講談社刊行分も含む)。いわば社会現象化した「十二国記」シリーズは、「Yahoo!検索大賞2019」小説部門賞も受賞しています。
 

【小野不由美「十二国記」シリーズとは】
1991年に『魔性の子』(新潮文庫)刊行で始まったこのシリーズは、我々の棲む世界とも繋がる異界〈十二国〉を舞台とした壮大なファンタジー。そして同時に、多くの謎に満ちたミステリでもある。
かの世界では、天意を受けた霊獣「麒麟」が王を選び、王と共に国を治める。十二国の一つ・戴国では、武人の驍宗が王として選ばれたが、玉座に就いて半年、州の争いを鎮圧に出掛けたまま還らない。そして、麒麟・泰麒も忽然と姿を消した。王不在で荒廃する国を救うため、女将軍が各国に協力を仰ぎ、ようやく泰麒が戴国に戻り、いよいよ王の行方を捜すのだが……果たして、この国の運命は?
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社新潮社 >
  3. 新刊254万部、累計1200万部突破の小野不由美「十二国記」シリーズが、「第5回吉川英治文庫賞」受賞!