SNS を中心に活動するアーティストを支援するプロジェクトが始動。日本初、デジタルアートの専門店舗「DiGARO」が有楽町マルイ7Fにオープン。

今後はデジタルアートの流通市場のための、NFTマーケットプレイスの構築を目指す。

トークンを活用したデジタルマーケティング事業を展開する canow 株式会社(東京都千代田区、代表取締役:桂城漢大、以下 canow )は、アートプロジェクトチーム「ArtHub.jp」を運営するラフロワ合同会社(東京都港区、代表:野呂翔悟、以下 ラフロワ )が、有楽町マルイ 7F に 6月1日(火)にオープンする、日本初のデジタルアート専門の店舗型ギャラリー「DiGARO」のパートナー企業として、 SNS を中心に活動するアーティストを支援するプロジェクトに参画したことをお知らせします。今後は、NFTマーケットプレイス構築のためのサービス開発を進め、ブロックチェーンをベースとしたデジタルアートの流通市場を形成することで、アーティストとファン双方に利益を還元できる仕組みづくりの実現を目指していきます。


【 プロジェクト始動の背景と趣旨について 】
デジタルアートには、生活に彩りをもたらし、人の心を豊かにする、大きな可能性があります。しかし、デジタルアートには音楽のようにミュージシャンが楽曲を発表して、マネタイズできる仕組みが多くありません。デジタルアートの分野においても、新しく生まれた作品を発表できる場を創り、価値を可視化し、還元できる仕組みを作ることで、より多くのアーティストが継続的に活躍できる土壌を作りたいと考えています。

さらに、デジタルアートは日本の漫画やアニメ文化を踏襲するクオリティの高いスタイルとして、海外ではアート作品として認識されています。SNS を中心に活動するアーティストを支援するプロジェクトとして、有楽町マルイという文化と芸術が融合する場所で、DiGARO を通して、世界に向けて、日本の新しいアートカルチャーとして発信していきます。

【 デジタルアート専門の店舗型ギャラリー「DiGARO」について 】
「DiGARO」は、日本初となるデジタルアート専門のギャラリーです。SNSで人気のデジタルアーティストたちの作品の高画質プリント展示に加えて、QRコードからスマートフォン内で作品を鑑賞できるオンライン展示やAR展示など、リアルとデジタルどちらも一度に楽しめる、新しい体験を提供いたします。

< 店舗概要 >
ショップ名称 : 「DiGARO」
所 在 地 : 東京都千代田区有楽町2-7-1 7F
オープン : 2021年6月1日(火)
営業時間 : 11:00-20:00
プレサイト:https://digaro-arts.com ※6/1オープン

また、「DiGARO」オープン記念として国内外から高く評価されるアーティスト5名によるグループ展「anywhere vo.1」を店舗、オンライン、AR にて同時開催いたします。

< オープン記念企画 / グループ展「anywhere vol.1」 概要 >
ラフロワ合同会社は2018年よりInstagramアートメディア「KEIVI-軽美術-」にて、SNSで活躍されている素敵なアーティストを発信中。その中でも今回は、本企画に共感頂き、さらに海外ユーザーからの反応が非常に高いアーティスト様を中心にキュレーション。本企画展では、各アーティスト様より作品を3点ずつ出品、全15点のオリジナルデジタル作品及び、プリント作品の展示販売をリアル、AR、SNSにて実施致します。

・会期:2021年6月1日(火)〜6月20日(日)
   11:00~20:00(※2021年5月19日現在)
・リアル会場:有楽町マルイ 7F DiGARO内
   東京都千代田区有楽町2丁目7−1
・AR会場:Instagram「KEIVI-軽美術-」
・SNS会場:Instagram「ArtHubMedia」

■参加アーティスト
kamin:https://www.instagram.com/kamin_illust/
kou:https://www.instagram.com/kou.7684/
リチャード君:https://www.instagram.com/ri3939p/
急行2号:https://www.instagram.com/kyuko2goart/
木村智博:https://www.instagram.com/kimura__tomohiro/

【 今後目指していくこと 】
今後は、NFTマーケットプレイス構築のためのサービス開発を進め、ブロックチェーンをベースとしたデジタルアートの流通市場を形成することで、アーティストとファン双方に利益を還元できる仕組みづくりの実現を目指していきます。

NFT(Non-Fungible Token)は非代替性トークンと呼ばれ、ブロックチェーン上にある特定の情報を持つトークンです。デジタルアート作品の証明書として利用し、購入者の所有権を証明する暗号資産となります。

NFTマーケットプレイスではアーティストによるNFTの販売(一次流通売買)、また購入者による新たな購入者への売買(二次流通売買)も可能となり、二次流通の際にはアーティストにも一部のロイヤリティが支払われ、アーティストは自身の作品がどのように他者へ渡っているか、またその過程におけるロイヤリティによりアーティストの経済的なサポートのインフラを構築していきます。

■ 関係者からのコメント
ラフロワ 合同会社 代表 野呂翔悟
「美術のJ-POPをつくりたい。」私達は3年ほど前からSNSをメインに活動するアーティスト様を発信し、独自のコミュニティを育てて参りました。ご紹介させて頂いたアーティスト様は1000人を超え、Instagramのフォロワー数も3.8万人を突破し、現在もコミュニティメンバーと一緒にSNSアートを楽しんでおります。

  これまでの活動を通して、私達はデジタルアートには、重要な価値があり、大きな可能性があると考えております。しかし、美術には音楽のようにカジュアルにマネタイズできる場所が多くありません。私達はこの新しく生まれた価値を可視化し、還元できる仕組みを作ることにより、より多くのアーティストが継続的に活躍できる土壌を作りたいと考えています。

今回、有楽町マルイ様に弊社のビジョンに共感頂き、日本美術の中心地とも言える銀座にてこういった新しい試みを実施できることを意義深く感じており、微力ながら、日本文化の発展に貢献すべく、尽力していきたいと考えております。

canow 株式会 COO 大坂 亮平
「美術のJ-POPをつくりたい。」のもとに実現した日本初のデジタルアート作品専門店舗にパートナー企業として参画できることをとても嬉しく思っています。野呂氏のコメントにもあるように、美術には音楽のようにカジュアルにマネタイズできる場所はまだまだ少なく、「多くのアーティストが継続的に活躍できる土壌を作り」の必要性や重要性を強く感じております。

弊社のブロックチェーン、NFTの技術・知識の活用により、デジタル作品やアーティストの権利の保障、適切な報酬が支払われる収益面でのインフラ整備など、プロジェクトパートナーとして DiGARO と参加アーティストの成功とデジタルアートの流通市場の拡大に尽力していきます。

■ ArtHub.jp について
運営:ラフロワ 合同会社 代表 野呂翔悟
アートを媒介として、人々が繋がり、コラボレーションすることで、
世の中に新しい価値を創出することを目的とした自律型プロジェクト集団。
URL:https://www.arthub.jp/

■ canow の概要
会社名:canow株式会社
所在地:東京都千代田区麹町6-6 Wework 5F 
代表者:代表取締役CEO 桂城 漢大(かつらぎ  くにひろ)
設立:2020年4月
URL:http://canow-jp.com/


■お問い合わせ先
一般の方   info@canow-jp.com
報道関係の方  canow@storydesign-h.com(担当:新井 Story Design house内)
 

  1. プレスリリース >
  2. canow株式会社 >
  3. SNS を中心に活動するアーティストを支援するプロジェクトが始動。日本初、デジタルアートの専門店舗「DiGARO」が有楽町マルイ7Fにオープン。