帳票を「紙」管理から「電子」管理へ

QRコードの読み取りによりさらに業務効率アップが実現しました。

クラウドでデータを管理するメリット

今まで紙に手書きで記入して管理していた紙帳票をデータとしてクラウドで管理することにより得られるメリットを紹介します。

・コストの削減

・セキュリティ面の安心

・データの一元管理による新たな資産

まず、紙資源や人件費に関するコストの削減です。電子帳票が標準になることで、用紙の購入や印刷、管理、廃棄までのコストの削減につながります。

また、人力による入力作業やデータの仕分けが少なくなり、入力に要する時間的コストも削減することが出来ます。それに加え、物理的スペースの確保もメリットの1つと言えるでしょう。

次に電子的な管理によるセキュリティの確保が可能です。データを電子化することにより、アクセス権限などを付与することにより、データの漏洩を防ぐことを可能にします。

最後にデータベース化で一元化することにより、情報資産が新たな利益や価値を生む可能性が期待できます。紙ベースのまま情報を保持するよりもデータを一元化することで活用の幅が広がり、蓄積された情報資産が新たな利益や価値を生むでしょう。

データの一元管理をカカナイで

株式会社マウンテンゴリラからリリースされた電子帳票システム「カカナイ」では、毎日の帳票作業で蓄積されたお客様の貴重なデータを一元管理することにより、業務効率のアップを測ることを可能にします。

カカナイの新たな機能として、QRコードの読み取りが可能になりました。QRコードで業務を管理することにより、スタッフ同士の連携、各工程の流れなどさらに管理しやすくなりました。
HP上で自動見積もりサービスも行っていますので、導入ご検討中のお客様はぜひお試しください。

カカナイHP
https://kakanai.com/lp/?media=pt210519
カカナイ電話窓口
大阪:06-6657-5365
東京:03-4400-2470

カカナイ運営会社
株式会社マウンテンゴリラ
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Mountain Gorilla >
  3. 帳票を「紙」管理から「電子」管理へ