IRIS、デジタルサイネージOEM事業第1弾!"世界初"ヘリコプターサイネージの正式販売をスタート

株式会社IRIS(本社:東京都港区、代表取締役:眞井 卓弥・宇木 大介、以下IRIS)は、日本最大(※1)のタクシーサイネージメディア「Tokyo Prime」の開発・運営により培った広告配信システム、サイネージ端末の選定・運用の支援をモビリティ関連企業に提供する「デジタルサイネージOEM事業」を開始いたします。
第1弾として世界初(※2)のヘリコプターサイネージの正式販売が2022年6月28日に、開始されることをお知らせいたします。
※1 タクシーサイネージメディア各社の媒体資料記載の台数比較より 2022年4月時点
※2 弊社調べ
 


ヘリコプターサイネージは、株式会社CARTA HOLDINGSのグループ会社で、株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:榑谷 典洋)と共同で運用型テレビCMプラットフォーム「テレシー」を運営する株式会社テレシー(東京都渋谷区、代表取締役:土井 健)と、ヘリコプターをはじめとした空のインフラを構築、提供するSpace Aviation株式会社(京都府京都市、代表取締役:保田 晃宏)の2社と、IRISが共同で2022年1月27日より実証実験を開始し、大きな反響があったことを受け、正式販売を開始することになりました。
正式販売開始に伴い、10機のヘリコプターにサイネージ端末が設置され、今後もさらに設置機体数の増加を予定しています。

IRISが広告配信システムの開発、運営、サイネージ端末の供給、テレシー社が総販売代理店として広告商品企画、営業活動を行い、Space Aviation社が媒体社としてサイネージ端末の設置・運用を担います。

今後もIRISはタクシーサイネージメディア「Tokyo Prime」と「デジタルサイネージOEM事業」を通じて、モビリティ領域のマーケティング事業の拡大・発展に注力してまいります。

■株式会社IRIS(https://www.tokyo-prime.jp/company/)について
2016年6月に株式会社Mobility Technologies(旧・JapanTaxi株式会社)と、株式会社フリークアウト・ホールディングスの合弁会社として設立された株式会社IRIS。日本最大(※1)のタクシーサイネージメディア「Tokyo Prime」を運用。
2022年1月27日より、タクシーサイネージ「Tokyo Prime」の事業運営により培ったシステム開発、端末供給ノウハウをモビリティ関連企業に展開する「デジタルサイネージOEM事業」を開始

■株式会社テレシー(https://telecy.tv/company/)について
代表取締役:土井 健
取締役:川瀬 智博、吉濱 正太郎、村井 陽介、西園 正志、福岡 大輔
所在地:東京都渋谷区道玄坂1-21-1 渋谷ソラスタ15F
設立:2021年1月4日
資本金(資本準備金含む):9,900万円
事業内容:テレビCM配信プラットフォームの企画・開発・運営/タクシーマーケティング事業/デジタルマーケティング事業

■Space Aviation株式会社について
「空を活用する社会を目指して」をコンセプトに、ヘリコプターやビジネスジェットなど、空を利用するためのインフラを構築し、提供する航空運送会社、匠航空株式会社の媒体社として設立されたSpace Aviation株式会社。JPD京都へ軸足を置き、京都、岐阜、東京、千葉、栃木、岡山、北海道と全国各地で活動展開しています。ヘリポートや空港だけではなく、全国各地に場外離着陸場を設けるべく、オンリーワンサービスを提供しています。

【本件のお問い合わせ先】
株式会社IRIS担当:飽浦
E-mail:info@tokyo-prime.jp
Web:https://www.tokyo-prime.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社IRIS >
  3. IRIS、デジタルサイネージOEM事業第1弾!"世界初"ヘリコプターサイネージの正式販売をスタート