シーネットのWMSが、ベイキューブシーのビジネスアナリティクスと連携。

実績データを長期間大量に蓄積し過去対比や図・グラフ作成が容易に。自動化も可能。

株式会社シーネット(本社:千葉県船橋市、代表者:内野 靖、以下シーネット)が提供するクラウド型倉庫管理システムci.Himalayas/WMS(以下、WMS)が、株式会社ベイキューブシー(本社:千葉県千葉市、代表者:小野崎 伸彦、以下ベイキューブシー)のビジネスアナリティクスサービス(以下、BA)と連携しました。

本連携により、WMS側にある物流データはもちろん、他システムからエクスポートしたデータをBAエンジンに集約、長期間データを蓄積し、今までできなかった過去データを使っての過去対比や図・グラフ等の作成が容易に実現可能になります。
さらにRPAを活用し日々のデータの取り込みから分析準備まで自動化することも可能になりました。

全文:https://www.cross-docking.com/news/wms-ba/


【背景】
これまでシーネットのWMS『ci.Himalayas』ユーザーの分析ニーズにお応えするには、外部のBIツールを利用するほかありませんでした。しかし、外部ツールでは分析に使用するデータ準備で利用開始までの時間の問題、開発・維持の費用が高額となる問題もありました。

これらの課題を解決するために、グループ会社であるベイキューブシーのBAをWMSと連携し、シームレスな自動化を実現します。価格面でもサブスクリプション方式となり初期コストを下げることができます。『ci.Himalayas』ユーザーは、WMSとBAを連携して使用することで、日々のデータの可視化を通じて、物流企業様の現場改善を支援していく予定です。

【BAサービスとは】
BAサービスは、専用のクラウド環境に様々な実績データを長期間大量に蓄積してデータの分析が可能となるソリューションです。

WMSから取り込んだ物流データだけでなく、会計系や勤怠等の他システムからダウンロードしたデータやExcelファイル等で作成した手作りデータも入力データとしてBAエンジンに集約し、様々な切り口から可視化し分析することが可能です。専任のデータアナリストがサポートいたします。

【連携のメリット】
シーネットのWMSは、幅広い業種業態に対応しており、特に中堅から大手企業の採用が高いシステムです。

近年、物流データを蓄積して過去実績と対比したいという顧客様からの要望が増えており、今回の連携で、長期間の実績データを蓄積し過去対比の分析が可能になりました。
管理帳票も容易に作成でき、図やグラフ等ビジュアル的に見せることで直感的に伝わります。 

【今後の展開】
シーネットは、現場業務改善にお悩みの企業様へ、改善のきっかけを作るソリューションの提案を行っております。今回のWMSとBAを連携した提案をすることで、データの見える化や、現状の把握をすることが可能となり、これまで以上に業務改善が可能になると考えています。
今後も、BAサービスを通じて、弊社サービスをご提供しているお客様、並びに今後ご利用いただく物流企業様の現場改善を支援していく予定です。

【株式会社シーネットについて】
シーネットは、1992年の創業以来、物流一筋にシステム化による業務効率化と品質向上に取り組んできた、倉庫管理システムのパイオニアです。「現場をITで気持ち良くする」を企業理念に掲げ、営業・開発・サポートまで、プロジェクトに携わる関係者全員がそれぞれの視点で物流の現場を熟知し、物流現場が抱える課題に最適解を提示しています。2011年から10年連続でWMSパッケージ出荷金額No. 1*を達成。現在は、物流システムサービスインテグレーションを通じ、多様な企業の物流戦略をサポートしています。
*デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社『ワークスタイル多様化で拡大する基幹業務パッケージソフト(ERP)の市場展望2021年度版 https://mic-r.co.jp/mr/02090/

所在地 : 千葉県船橋市本町4丁目41番地19号
設立    : 1992年1月10日     URL  :  https://www.cross-docking.com/

【株式会社ベイキューブシーについて】
ベイキューブシーは、千葉経済圏の中心地を拠点とする、老舗IT企業です。

ビジネスアナリティクスの提供やアプリケーションの企画開発を通じて、ビジネスを快適にする支援をしております。


所在地 :千葉県千葉市美浜区中瀬1丁目3番地 幕張テクノガーデン B棟3階
設立  : 1991年4月1日     URL: https://baycc.co.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社シーネット >
  3. シーネットのWMSが、ベイキューブシーのビジネスアナリティクスと連携。