『日米がん撲滅サミット2020』清松知充医師(大腸腹膜播種の名医)の登壇決定!

 2020年11月15日(日)午後1時より東京ビッグサイト会議棟7F 国際会議場で開催される『日米がん撲滅サミット2020』(https://cancer-zero.com)。


その公開セカンドオピニオンに昨年に続いて大腸腹膜播種の名医・清松知充医師(国立国際医療センター)の参加が決定した。

 清松医師は大腸腹膜播種を中心とした治療に取り組んでいる。発症頻度も高くないため、一般的にあまり知られていないが、抗がん剤もあまり効かない厄介な病気だと警鐘を鳴らす。

 現時点では外科治療が唯一の根本治療だが、欧米では腹膜切除や温熱化学療法などが標準治療として認められている。しかし日本では、なかなか認知が進まないため、患者の皆さんは高額な自費での治療を余儀なくされているのが実態である。

国立国際医療センター 清松知充医師国立国際医療センター 清松知充医師

 そのような状況の中で清松智光医師は低侵襲治療の開発に取り組んでいる。
 ぜひ同じ状況でお悩みの患者、ご家族の皆さんは清松医師に直接、ご質問をされてみてはいかがだろうか。

東京ビッグサイト東京ビッグサイト

 入場は無料。只今、『日米がん撲滅サミット2020』入場エントリー(入場無料)を大会HP(https://cancer-zero.com)より受け付けている。一度に4名様までの登録が可能。応募多数の場合は抽選となる。

『日米がん撲滅サミット2020』のお問い合わせは以下の通り。
【大会事務局】
アライアンス・フォーラム財団
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-3-11 日本橋ライフサイエンスビルディング5階

なお、お問い合わせは大会公式HP(https://cancer-zero.com)の『お問い合わせコーナー』より、すべてメールにて受付けており、電話でのお問い合わせは一切お断りしている。

 
  1. プレスリリース >
  2. 日米がん撲滅サミット2020実行委員会 >
  3. 『日米がん撲滅サミット2020』清松知充医師(大腸腹膜播種の名医)の登壇決定!