【野球殿堂博物館】「野球報道写真展2020」ベストショット オブ ザ イヤー決定!(展示した71作品の中から、来館者の投票により、ベストショット オブ ザ イヤーを決定!)

企画展「野球報道写真展 2020」企画展「野球報道写真展 2020」

野球殿堂博物館と東京写真記者協会は、企画展「野球報道写真展 2020」(開催期間 2020年12月19日~2021年3月7日)を開催しました。同展では、東京写真記者協会加盟各社のカメラマンが撮影した、2020年シーズンの野球界のハイライトを収めたベストショット71作品を展示し、来館者の投票により「ベストショット オブ ザ イヤー」を決定しました。

投票総数は1,083票で、第1位は108票を獲得した報知新聞社・中島 傑 氏撮影の「坂本勇人、通算2000安打達成」が選ばれました。上位10作品は以下の通りです。上位5作品は3月13日(土)から12月初旬まで、館内エントランスホールで展示予定です。
  • 最終結果
順位 タイトル(加盟社・カメラマン)得票数
第1位 坂本勇人、通算2000安打達成(報知新聞社・中島 傑)108票
第2位 ハマスタに猫乱入!(サンケイスポーツ新聞・福島範和) 99票
第3位 夕日にドアラ(日刊スポーツ新聞社・森本幸一)68票
第4位 ヤクルトOB総会でノムさん激励(日刊スポーツ新聞社・鈴木みどり)61票
第5位 ロッテ・澤村の雄叫び(東京中日スポーツ・北村 彰)54票
第6位 オリックス・西浦、執念のキャッチ(デイリースポーツ社・佐々木彰尚)41票
第7位 最後のシートノック(日刊スポーツ新聞社・野上伸悟)40票
第7位 阪神・藤川が引退表明、涙をこらえる(スポーツニッポン新聞社・大森寛明)40票
第9位 ヤクルト・五十嵐、ラストセレモニー(スポーツニッポン新聞社・篠原岳夫)30票
第10位 ヤクルト・小川、ノーヒットノーラン達成(サンケイスポーツ新聞・斎藤浩一)27票

  • 現在開催中の展示情報
特集展示「近鉄バファローズ 猛牛戦士たちの記憶」
会期 2021年4月30日(金)まで(予定)
会場 野球殿堂博物館 イベントホール
https://baseball-museum.or.jp/exhibitions/201213_buffaloes/

◆野球殿堂博物館ホームページ
https://baseball-museum.or.jp

◆Twitter
野球殿堂博物館(@BaseballHOF1959)
https://twitter.com/BaseballHOF1959
野球殿堂博物館図書室(@librarybaseball)
https://twitter.com/librarybaseball

◆YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCN2XkIVAZk9kWOKH-YVMe4A

◆開館時間
土曜日・日曜日・祝日   10:00~17:00(最終入館 16:30)
※3月19日(金)は、13:00~17:00まで開館。

◆休館日
平日(祝日、東京ドームでの野球開催日、春・夏休み期間中は開館)、年末年始(12/29~1/1)

◆入館料
大人600円、高・大学生400円、小・中学生200円、65歳以上400円

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、当面の間、上記の通り営業時間を変更します。緊急事態宣言解除後は、平日も開館予定ですので、最新の情報は当館ホームページでご確認下さい。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益財団法人野球殿堂博物館 >
  3. 【野球殿堂博物館】「野球報道写真展2020」ベストショット オブ ザ イヤー決定!(展示した71作品の中から、来館者の投票により、ベストショット オブ ザ イヤーを決定!)