​Hyperithm、Web3開発プラットフォーム「Bunzz」に出資

株式会社HYPERITHM(本社:東京都千代田区、代表取締役:ロイド・リー、以下「当社」)は、Web3開発プラットフォーム「Bunzz」に出資したことをお知らせします。

  • Bunzzについて
Bunzzは、DApp(ブロックチェーンを利用した分散型アプリケーション)の開発プラットフォームです。

DAppの開発には、従来のフロントエンドやバックエンドの技術に加えて、Web3特有のプログラムである「スマートコントラクト」が必須ですが、その開発難易度が高いことやセキュリティの担保が難しいことが課題でした。

そこでBunzzは、利用頻度の高いコントラクトをモジュール化して提供し、ノードの準備や開発環境の立ち上げもプロダクトのバックエンド側でカバーすることで、今まで複雑だった開発工程を簡素化することに成功しました。これにより、DApp開発の難易度が劇的に下がり、現在グローバルで数多くのDAppがローンチされています。
 


プロダクトページ: https://bunzz.dev/
 
  • Bunzz Co-Foudner CEO 圷(あくつ)氏のコメント
国内の代表的なweb3ファンドの一社であるHyperithmさんからご出資いただけて光栄に思います。
Bunzzは最終的に「web3版github」の実現を目指しています。ブロックチェーン上のコントラクトは誰でもパーミッションレスにアクセス・利用が可能であることから、「公共財」とも呼ばれるオープンなプログラムですが、利用フローや動作のロジックが必ずしも明示的でないため、再利用したいエンジニアにとっては依然不便なものです。Bunzzではトークノミクスを実装することで、スマートコントラクトモジュールのクリエイターがより精度の高いコーディングとドキュメントを作成するインセンティブをデザインし課題解決を目指すと共に、Bunzzで利用できるコントラクトの数も指数関数的に増加することで「web3版github」と呼ばれるような、web3エンジニアの必須インフラへ成長させていきたいと考えています。
 
  • Hyperithm CEO ロイド・リーのコメント
Web3特有のスマートコントラクトの開発が、既存のエンジニアにとって敷居が高いことは、業界の課題だと当社も感じていました。Web3業界を盛り上げていくためにも、既存のエンジニアのweb業界への参入をサポートする、Bunzzのプラットフォームは非常に有用だと考えました。また、当社のエンジニアリングチームがBunzzを実際に使用し、非常に好評だったことも、出資を決断した大きな要因です。
Bunzzのプラットフォームを通じて、アジアのみならずグローバルにおいてエンジニアがweb3領域への参入が容易になる世界を、今回の資金調達のご縁を通して応援してまいります。
 
  • Hyperithm Groupについて
Hyperithmは2018年1月の創業以来、日本と韓国を拠点に機関投資家などを対象とした暗号資産のウェルスマネジメント事業を展開しています。日本においては、適格機関投資家等特例業務の届出を、韓国においては日本の暗号資産交換業に相当する暗号資産事業者の届出を完了しています。2022年3月には、シリーズBのブリッジラウンドにてCoinbase Venturesより資金調達を行いました。2022年5月からは適格機関投資家等特例業務に基づく国内初ビットコイン建てのファンドを運用開始しています。また、2022年6月には、Web3のエコシステムの活性化を目的とした、100億円規模のWeb3ファンドの設立を発表しました。

【会社概要】
会社名:株式会社HYPERITHM
代表者:代表取締役 Lloyd Lee(李 沅俊)
本社所在地:東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階 FINOLAB内
設立:2018年1月
役職員数:30人(関係会社を含む)
海外拠点:韓国
会社HP:https://hyperithm.jp
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社HYPERITHM >
  3. ​Hyperithm、Web3開発プラットフォーム「Bunzz」に出資