WOWOWプラスで10月31日独占放送!『Chage Live Tour 2021〜Boot up!!〜』のライブレポートが到着!

日本の音楽シーンのトップを走り続けるChageの約2年ぶりとなるライブツアー『Chage Live Tour 2021~Boot up!!~』東京公演の模様を、「WOWOWプラス 映画・ドラマ・スポーツ・音楽」にて10月31日(日)19:00~独占放送。これに先駆けてライブレポートが到着いたしました。

(C)SHOICHI FUKUMORI(C)SHOICHI FUKUMORI

 デビュー以来42年、常に日本の音楽シーンのトップランナーであり続けたChage。2021年の9月には、全国4か所で9公演、約2年ぶりとなるライブツアー「Chage Live Tour 2021〜Boot up!!〜」が開催された。
 

(C)SHOICHI FUKUMORI(C)SHOICHI FUKUMORI

 当初は、2020年にリリースしたアルバム『Boot up!!』を引っ提げてのライブになる予定であったが、新型コロナウィルス感染拡大の影響を鑑みて、一旦は開催を断念。だが、常々「アルバムはライブで完結する」と公言しているChage。今回のツアーでは、観客同士の密接を回避するため収容人数を減らし、ファンがチケットを購入できないケースを避けるため、公演時間を短縮し、初日の福岡を除く各会場は1日2回公演という異例の試みで、1年越しのライブ開催が実現した。
 

(C)SHOICHI FUKUMORI(C)SHOICHI FUKUMORI

 東京公演初日となった9月18日(土)の豊洲PIT・夜公演。天井が高く広いライブハウスには、長年Chageを支えてきたファンたちが集結し、登場を待ちわびていた。ステージ上方から照らされるブルーの照明が「CHAGE」の文字になっているという、スタッフの粋な演出も。
 開演とともに客電が落ち、水色のスーツに白いハット姿のChageが登場すると、早くも観客は総立ちとなり、声援が送れない分、これ以上ない大きな拍手で出迎えた。1曲目「それが愛ならOK」で弾けまくったあとは、ジャジーでアダルト・ムードの「swing&groove」へ。コーラスのYUKOとの軽妙な掛け合いを見せつつ、歌い終えると「よーこそ!いらっしゃいました!」といつもと変わらぬ元気いっぱいのChageが、満面の笑顔で観客に挨拶。「立ち上がるのがせいぜいで、縛りの多いライブ。声が出せないのが辛いよね」と観客を気遣うトークも。冒頭の2曲はもちろん、昨年発売のアルバム『Boot up!!』からだが、「3曲目と言えばこの曲!」と、同アルバムから「No.3」を披露。さらに「CATCH & RELEASE」を歌い終えると、総立ちの観客に着席するように促し、自身も座ってのトーク。

「トゲトゲした世の中だから、機嫌が悪い歌を歌います!」

そして始まったのが「機嫌が悪いの」。Chageが1989年に、MULTIMAX名義でリリースした最初のアルバム『HEAVEN』に収録され、ファンに長年愛され続けたナンバーだ。アコギを抱えたChageに合わせ、ベースもダブルベースへ。アコースティックな演奏で、聴き手を魅了する。
 

(C)SHOICHI FUKUMORI(C)SHOICHI FUKUMORI

 後半のハイライトは、夏をイメージさせる2曲だ。レゲエのリズムが爽快な「僕だけのピンナップガール」で楽しそうにメンバーと踊り歌ったあとは、石川優子とのデュエットで1984年に大ヒットを記録した「ふたりの愛ランド」を、YUKOとのデュエットで。リリースから37年、誰もが知る名曲が、一層エッジの効いたロック・ビートにアレンジされ、サビの「夏 夏 ナツ ナツ」のパートでは、観客も腕を振って応援。去りゆく夏を惜しむ、熱い2曲で最高の盛り上がりをみせた。

 本編ラストに配されたのは、『Boot up!!』からの先行配信シングルとなった「君に逢いたいだけ」。コロナ禍の影響で、人前で歌うことも、ファンに会うこともできない状況が続き、アーティストとして経験したことのない現状を乗り越え、歌を届けたいというChageの熱い思いが具現化した1曲だ。再びファンと会えた喜びを互いに噛み締めつつ、ステージは一度終了。大きな拍手からアンコールを求める手拍子へと変わると、再び登場したChageは、まずはピアノの力石理江を呼び込み2人きりの演奏に。これはChageが自身のオフィシャルスマホアプリで配信しているTaku-Roku(宅録)をステージで再現する試みで、選ばれた楽曲は、大瀧詠一の名曲「君は天然色」だった。演奏が終わると会場は大きな拍手に包まれる。そして再びバンドメンバーを呼び込み、「まわせ大きな地球儀」を。レゲエのコンサートのように、観客もタオルを振り回して応え、アーティストと観客が一体化した、熱気に満ち溢れたステージとなった。
 

(C)SHOICHI FUKUMORI(C)SHOICHI FUKUMORI

 最後は「Kitsch Kiss Yeah Yeah」で締め、「また逢おうね!」の挨拶とともにコンサートは終了。声援こそ出せないものの、手拍子と拍手で終始ステージを盛り上げた観客に、いつまでも手を振り続けるChageの姿が印象的であった。

 このライブの模様は、10月31日(日)にWOWOWプラスで独占放送される。番組ではライブの模様に加え、Chageのスペシャル・インタビューが随所に挟まる構成で、今のライブ活動への思い、ファンへのメッセージなどが語られる。この日、会場を包んだ熱気と興奮、音楽に真摯に向き合うChageとファンの温かな交流を、是非感じ取っていただきたい。

文=馬飼野元宏

■放送番組情報
『Chage Live Tour 2021~Boot up!!~』
<初回放送>10月31日(日)19:00~20:30
<再放送>11月9日(火)23:00~深夜0:30
https://www.wowowplus.jp/program/episode.php?prg_cd=CIIDM21042
収録日:2021年9月18日
収録場所:東京 豊洲PIT


■WOWOWプラスとは
WOWOWならではの魅力あふれる番組をお届け!ヒット作から名作まで様々な映画を高画質&途中CMなしで放送。オリジナルドラマ、音楽ライブ、世界最高峰のスポーツも!スカパー!、J:COM、ひかりTVや全国のケーブルテレビ局でご視聴頂けます。
公式サイト https://www.wowowplus.jp/
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOWプラス >
  3. WOWOWプラスで10月31日独占放送!『Chage Live Tour 2021〜Boot up!!〜』のライブレポートが到着!