『原神』Ver.3.0大型アップデートが8月24日に決定。新地域「スメール」がまもなく開放!

株式会社COGNOSPHERE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:李 承天)は、本日8月13日(土)に、HoYoverseが配信するマルチプラットフォーム対応オープンワールドRPG『原神(げんしん)』のVer.3.0大型アップデートを8月24日(水)に実施することを発表いたしました。まもなく開放予定の新地域「スメール」の情報をお伝えいたします。
▼▼Ver.3.0「黎明を告げる千の薔薇」予告PVはこちら▼▼

 


新地域「スメール」まもなく開放!

原神は8月24日(水) に、新バージョンVer.3.0「黎明を告げる千の薔薇」の大型アップデートを実施いたします。
Ver.3.0アップデート後、待望の新地域「スメール」が開放されます。

璃月の西側に位置する「スメール」は、雨林と砂漠の二つの地域に分かれており、Ver.3.0では、主に雨林地域が開放されます。
生い茂る雨林と、その中にあるスメールシティ、オルモス港などの人々が集まる場所を探索することができます。

 

 


■スメールシティ


■オルモス港


知恵の国として知られるスメールには、先代の草神「マハールッカデヴァタ」に従ってきた学者たちが設立した最も権威と歴史のある学術機関——教令院があります。
七神の中で最も若い神とされる「クラクサナリデビ」は、先代の草神の後を継いだ後、教令院の権力を握り、国の管理者となります。そして、知識は一種の資源として厳重に管理されるようになったのです。

■教令院


七元素の最後のピース「草元素」の新たなゲーム体験を実装!

Ver.3.0では、草元素に関する新たな元素反応が実装されます。

草元素は炎、水、雷元素に接触することで、「燃焼」、「開花」、「激化」という三つの基本的な元素反応を引き起こします。

また戦闘中、開花と激化はさらなる元素反応を起こすことがあります。
草元素が水元素に接触すると、開花反応を起こし「草原核」が一つ以上生成され、継続時間が終了すると草原核が爆発して草元素ダメージを与えます。
さらに草原核が爆発する前に炎元素に接触すると、草原核は「烈開花」反応を起こし、より強力な草元素範囲ダメージを与えます。
同じく爆発前の草原核が雷元素に接触すると、「超開花」を引き起こし、追尾能力のあるヴァインショットに変化します。

また、生物が雷元素と草元素の影響を受けると、「原激化」反応を起こして原激化状態になります。
原激化状態の生物が、草元素または雷元素攻撃を受けると、それぞれ「草激化」または「超激化」反応が起こり、追加ダメージを受けます。

スメールの雨林の中では、草元素の特徴を持つ植物や生物に対して、水、炎、雷元素などを使うことで、「多状態の切り替え」が生じます。魔物の状態、攻撃パターン、ドロップアイテムを変化させることができ、一部の植物やキノコ類においては便利な効果を発揮できるものもあります。


新たに登場する魔物やBOSS

スメールでは、様々な生態を持つ生物、植物、魔物などを多数目撃することができます。


中でも「キノコン」は、より多くの野生種が生活できる理想的な環境である湿度の高いスメールの熱帯地域で、住処を守るために、キノコ類が独自に進化を遂げた姿になります。
新たなBOSS「マッシュラプトル」は、強い動物性や、縄張り意識、攻撃性を手に入れたキノコンの代表です。
また、スメールではもう一体のBOSS「迅電樹」も、森の奥で旅人を待ち受けています。



Ver.3.0で出逢える新たなキャラクター

Ver.3.0では、草元素を駆使するキャラクターも正式実装される予定です。
また旅人であるプレイヤーは、スメールの七天神像から草元素の力を解放することもできます。

新たな草元素の弓使いの一人である、★5キャラクター「ティナリ」(CV:小林沙苗)は、熱意を持つ若い学者であり、レンジャー長でもあります。
彼の重撃と元素爆発は多段ダメージを与え、草元素関連の連鎖反応を引き起こすのに適しています。


そしてもう一人の草元素の弓使い、ティナリの生徒である「コレイ」(CV:前川涼子)は、★4キャラクターとして実装されます。
Ver.3.0で開催予定のテーマイベント「イノセンスの彫刻」では、クリアすることで、期間限定でコレイを無料で招待することが可能です。


草元素のキャラクターのほか、★4雷元素のサポーターとして「ドリー」(CV:金田朋子)が実装される予定です。
ドリーはスメールで神出鬼没の旅商人で、両手剣を操ります。
元素爆発では、周囲のチームメンバーのHPと元素エネルギーを回復することができます。


Ver.3.0では、前半のイベント祈願で、★5「ティナリ」が登場し、★5「鍾離」が復刻で登場、両祈願で★4「コレイ」が登場します。
後半のイベント祈願では、★5「甘雨」、★5「珊瑚宮心海」が復刻登場し、両祈願で★4「ドリー」が登場します。

 
また、今回の大型アップデートとともに、さらなるゲーム体験の最適化と新たな機能も実装予定です。
新たな便利アイテム「王樹の加護」、「実験型超燃ランプ」、「釣り糸安定装置」を獲得することで、木材獲得、食材加工、釣りがより快適になります。
また、ゲーム内の画面効果にカラーシャドウも適用され、テイワットの世界がより鮮やかになります。

 
その他にも、Ver.3.0では様々なコンテンツを実装予定となっておりますので、その全貌はアップデート後、ぜひ皆様の目で確かめてください。

▼Ver.3.0予告番組で公開された情報のまとめは以下よりご確認いただけます
https://genshin.hoyoverse.com/ja/news/detail/22773



 


◆『原神』について
原神は、アニメのようなハイエンド3Dグラフィックとオープンワールド性を掛け合わせた、オープンワールドRPG。
PlayStation®4/5、PC、スマートフォンのマルチプラットフォームに対応しており、プレイヤー1人で広大な世界を探索するだけではなく、クロスプラットフォームのマルチプレイでフレンドと共に冒険を楽しむことも可能。
「テイワット」という幻想世界を舞台にした本作は、自由に探索できるオープンワールド世界、最大4人のキャラクターによるチーム編成、元素を駆使した戦略的なバトル、魅力的な物語などが特徴。
プレイヤー自身となる謎に包まれた「旅人」は、失われた兄妹を探す旅に出るが、次第にテイワットの秘密へと迫っていく。

◆ゲーム概要
タイトル:原神(ゲンシン)
ジャンル:オープンワールドRPG
対応OS:PlayStation®5/PlayStation®4/PC/iOS/Android
対応予定OS:Nintendo Switch™
価格:基本無料(一部ゲーム内課金あり)

◆『原神』の最新情報はこちらから
【原神 公式サイト】
https://genshin.hoyoverse.com/ja
【原神 公式Twitter】
https://twitter.com/genshin_7
【原神 公式YouTubeチャンネル】
https://www.youtube.com/channel/UCAVR6Q0YgYa8xwz8rdg9Mrg

◆HoYoverseについて
HoYoverseは、世界中のプレイヤーに没入感ある仮想世界体験を提供することを目標に設立したブランドです。『原神』、『崩壊3rd』、『未定事件簿』、『崩壊:スターレイル』などのゲームコンテンツのほか、ライブ壁紙アプリ『N0va Desktop』、コミュニティサービス『HoYoLAB』をリリースし、オリジナルIPを中心に、アニメ、マンガ、音楽、小説およびグッズなどの様々な製品を生み出しています。「Tech Otakus Save the World」を掲げ、技術開発に取り組み、最先端技術を追求し、トゥーンレンダリング、人工知能、クラウドゲームなどの分野でトップクラスの技術を積んでいます。HoYoverseは、シンガポール、モントリオール、ロサンゼルス、東京、ソウルなどにオフィスを構え、積極的にグローバル化を進めています。

HoYoverse公式サイト:https://www.hoyoverse.com/ja-jp



© COGNOSPHERE
※「PlayStation」、「PS5」および「PS4」は、株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
※Nintendo Switchは任天堂の商標です。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社COGNOSPHERE >
  3. 『原神』Ver.3.0大型アップデートが8月24日に決定。新地域「スメール」がまもなく開放!