プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

NTTソノリティ株式会社
会社概要

磯村勇斗さんが館長に就任!今回のために録りおろしたオリジナルボイスの展示も決定  国内初の音響XRイベント「不快ミュージアムby nwm×NTT」

~原宿にて3月20日より5日間限定開催~

NTTソノリティ株式会社

 NTTソノリティ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:坂井 博、以下「NTTソノリティ」)が、2024年3月20日(水・祝)~3月24日(日)にUNKNOWN HARAJUKU(東京都渋谷区)にて音響XRイベント「不快ミュージアム by nwm×NTT」を開催します。この度、俳優の磯村勇斗さんが同ミュージアムの館長に就任することが決定しました。


  • 「不快ミュージアム by nwm×NTT」の館長として不快なコンテンツを制作!

 NTTソノリティが展開する、NTTグループ初のコンシューマー音響ブランドnwm(ヌーム)アンバサダーを務める磯村勇斗さん。2023年11月に発表したnwm初のCMにも出演し、アンバサダーとして活動していました。今回、活動の一環として「不快ミュージアム by nwm×NTT」の館長に就任。10点以上の不快音のほかに、館長・磯村さん自らが考え、今回のために録りおろしたオリジナルボイスの展示も行います。


<プロフィール>

磯村勇斗(いそむら・はやと)/俳優

2015年ドラマ「仮面ライダーゴースト」で頭角を現し、その後NHK連続テレビ小説「ひよっこ」(17)で注目を浴びる。

主な出演作に大河ドラマ「青天を衝け」(21)、Netflix「今際の国のアリス シーズン2」、「不適切にもほどがある!」(24)、映画「ヤクザと家族The Family」(21)、「劇場版 きのう何食べた?」(21)、「PLAN 75」(22)、「ビリーバーズ」(22)など。

23年は、映画「東京リベンジャーズ2. 血のハロウィン編(-運命-・-決戦-)」「最後まで行く」「波紋」「渇水」「月」「正欲」が公開され、第97回キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞、第47回日本アカデミー賞最優秀助演男優賞を受賞。

待機作に主演映画「若き見知らぬ者たち」(24年公開予定)がある。


  • 「不快ミュージアム by nwm×NTT」 企画コンセプト

 人が聴覚から得る情報は、主たる視覚経由に比べると量は少ないものの、その分、聴覚からだと「これは何だろう」と情報に集中しやすい傾向があり、そのため、聴覚・耳には、想像力を掻き立てる力があると考えられています。NTTソノリティは、音のテクノロジーによる人と人のコミュニケーションの進化をめざして、聴覚・耳の可能性と日々向き合っています。今回の企画は、「聴覚を刺激する音」を追求した結果、思わず顔をしかめる、ゾクゾクしてしまう、そんな「人にとって不快な音」をあえて選んだ次世代の音響XRイベントです。

 会場では、音漏れを気にせずに一人一人が個別に好きな音を楽しめるnwmの耳スピーカー「耳スピ」を体験の軸として、パーソナルデバイスとしての「耳スピ」と会場に音を届ける設置型のスピーカーとを連動させた新感覚の立体音響技術と、「耳スピ」と位置情報を活用する音響再生技術の2種類をコンテンツごとに駆使し、聴覚・耳を研ぎ澄ます音響体験のエンターテイメント性やユニークさをご紹介。また、NTTコンピュータ&データサイエンス研究所の技術協力のもと、本企画を音響XRの実証実験フィールドとして、その未来像をお見せし、音響XRの技術ニーズの可能性を探ってまいります。


  • 人間の本能をダイレクトに刺激する音響XRイベント「不快ミュージアム by nwm×NTT」 

 nwmの「耳スピ」と設置型のサラウンドスピーカーを同時に利用。それぞれが創り出す音響エリアや、お客様同士の会話をも害することなく、音は調和しているのに感覚として不快な音響XRコンテンツとして、以下のものを用意しました。


<展示コンテンツ>

①動きに合わせて音が連動 その場でしか聞こえない不快の音体験(位置情報活用型の音響再生技術)

 NTTコンピュータ&データサイエンス研究所による「耳スピ」向けの立体音響補正技術とデジタル上で操作した音声データを現実空間にトレースできるGATARI社のMixed Realityプラットフォーム「Auris」を活用。「耳スピ」の完全ワイヤレスモデル「nwm MBE001」を着用し、ミュージアム内の各コンテンツに移動すると、"不快すぎる音"が突如、立体的にあなただけに聴こえ、不快なシーンを音だけで再現します。


②周囲の音も利用して聴覚の想像力をUP!新感覚・立体音響の不快な音体験

(耳スピ/サラウンドスピーカー連動型移動音源表現技術)

 NTTコンピュータ&データサイエンス研究所の最先端音響XR技術により、パーソナルデバイスとしての「耳スピ」と、会場に音を届ける設置型のサラウンドスピーカーを連動させた高精度な移動音源表現を実現し、動きのある不快すぎる音を再現します。次世代音響XRにより、人類で今まで体験したことのない不快音を体験できます。


③みんなでつくる不快音

 自分の声を不快音に変換できる体験コーナーが登場。自分だけのオリジナルの不快音で友人や恋人、家族と楽しんでみてください。


<概要>

タイトル : 「不快ミュージアム by nwm×NTT」 

日  時 :2024年3月20日(水)~3月24日(日)  

営業時間 :初日(3月20日)   :14:00〜20:00(最終入場 19:45~)

      平日(3月21日、22日):12:00~20:00(最終入場 19:45〜)

      土日(3月23日、24日):10:00~20:00(最終入場 19:45〜)

場  所 :UNKNOWN HARAJUKU

      (〒150-0001  東京都渋谷区神宮前6丁目5-10)

入 場 料  :無料

H   P  :https://fukai.nwm.global/

予約サイト:https://fukai-museum.rsvsys.jp (予約優先制)

公式X(旧Twitter):https://twitter.com/fukai_museum/



<サテライト展示>

同期間中、予約なしでお気軽に体験いただけるサテライト展示も行います。入場無料。営業時間は同上。

場所:WITH HARAJUKU 1階(〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-14-30)

WITH HARAJUKU HP:https://withharajuku.jp/


  • 「nwm(ヌーム)」について

NTTグループ初のコンシューマー音響ブランドである“nwm“。リモート会議中のママ、電話をするパパ、動画を楽しむ子ども。それぞれが別々の作業をしていても、邪魔することなく、分断もすることなく、シームレスにみんなが快適につながることができたら。私たち nwm は、そんなこれからの働き方・暮らし方をあなたと一緒に考え、それを「音のテクノロジー」で実現したいのです。追求したいのは没入感ではなく、周囲とつながる気持ちよさ。さあ、音で叶えよう、共に描いた未来を。                                   

ブランドサイト:https://nwm.global/

  • NTTソノリティ

最先端の音響信号処理技術を用いて音響関連事業を行う会社として2021年9月1日に設立。音を仕分ける・音を閉じ込める・特定の音を見つけ出す、という3つの技術を使い、ビジネスやプライベートなど様々なシーンで一人一人に快適な音響空間を実現する製品やサービスを提供してまいります。

HP:https://ntt-sonority.com/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
AV機器
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

NTTソノリティ株式会社

12フォロワー

RSS
URL
https://ntt-sonority.com/
業種
製造業
本社所在地
東京都新宿区西新宿3-20-2
電話番号
-
代表者名
坂井 博
上場
未上場
資本金
1億円
設立
2021年09月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード