仮想空間でのアバターオンライン同人即売会サービス「pictSQUARE」βサービス開始

オンライン仮想空間で同人即売会に参加、開催が可能。

​インターネットポータルサイトの開発・運営を行う株式会社GMW (所在地:名古屋市中区、代表取締役: 原 綾志)は、仮想空間でのアバターでチャットでき、同人即売会を行える「pictSQUARE」を2020年5月11日より開始しました。

 

現在、コロナウィルスの影響で様々な同人即売会イベントが中止・延期されています。
2020年5月に開催を予定されていた、毎年80万人の来場を誇るコミックマーケット98(通称『コミケ』)においても、コロナウィルスの拡大防止の観点から中止され、その影響は大きいものとなっています。

GMWでは、コロナウィルスの拡大を避けながらも同人即売会を開催・参加できるよう、仮想空間でのオンライン同人即売会サービス「pictSQUARE」のβサービスを開始しました。
https://pictsquare.net
 



pictSQUAREでの同人即売会はインターネットの仮想空間上で行われるため、感染拡大の不安はありません。
イベント会場をアバターで歩くことができチャットも可能なため、他の参加者と場を共有することができ、リアルイベントと同じく臨場感があるイベント参加が可能です。
もちろんリアルイベントと同じく、会場へのブース出展(サークル参加)も可能です。
また、リアルイベントで問題であった遠方地からの参加が非常に容易となり、イベント参加への敷居を大きく下げるものとなっています。

 


■pictSQUAREの特徴

・アバターでのイベント参加
参加者はアバターでイベントの参加が可能です。会場内を自由に歩き回ることができます。

・リアルタイムチャット
友人や出展者とリアルタイムチャットでお喋りすることができます。

・出展物の注文も可能
オンライン会場では他の参加者が出展しているものをオンラインで決済することが可能です。

・イベントの開催は誰でも可能
ユーザー登録を行えば、自身でテーマや開催日時を決めて自由にイベントを開催することができます。
参加者の募集・応募受付についてもシステム化されており、少ない手間でイベントの運営を行うことができます。

・シークレットイベント/パスワード付きイベント
「自分の仲間内だけでイベントしたい」という要望に応えるため、シークレット公開や、パスワード付きイベントも開催可能です。


■β版について
現在、β版でのリリースのため、機能は無料で提供しています。
ユーザーからの要望対応や調整を数ヶ月行い、正式版に移行する予定です。

■これからの情勢について
緊急事態宣言が延長されるなど、イベント業界において暫くの間、コロナウィルスの影響を受けることは容易に想像できます。
イベント業界だけでなく、印刷業などの周辺業界においても多大な影響を及ぼして続けています。
オンライン即売会サービス「pictSQUARE」がそれらの業界の回復の一助となり、また、リアルイベントに参加できなくなった方々の支えとなれるよう、リリース後も改善を行っていく予定です。

・サービスサイト
https://pictsquare.net

・公式Twitter
https://twitter.com/pictsquarenet
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社GMW >
  3. 仮想空間でのアバターオンライン同人即売会サービス「pictSQUARE」βサービス開始