2016/17インターナショナル・ウールマーク・プライズ アジア地区大会ノミニー発表

 

ファッション界で最も待ち望まれているデザイナー・アワードの1つ、インターナショナル・ウールマーク・プライズのアジア地区大会ノミニーが発表されました。

アジア地区大会は香港で2016年7月12日に開催されます。

2016/17インターナショナル・ウールマーク・プライズ アジア地区ノミニーは以下の通り:

メンズウェア:
  • シックスリー - 香港
  • ショーン・スエン - 中国
  • アレクサンダー T. ジャオ - 中国
  • ヴィノラ - インドネシア
  • ディスカバード - 日本
  • ミュン - 韓国

ウィメンズウェア:
  • ロバート・ウン - 香港
  • フーズザット - 香港
  • シュ・ジ - 中国
  • エム エッセンシャル オールアバウトラブ - 中国
  • トトン - インドネシア
  • メジャー マイナー マハ - インドネシア
  • ヤストシ エズミ - 日本
  • モトヒロ タンジ - 日本
  • ホー ホワン シミュレーション - 韓国
  • R. シュミスト - 韓国

インターナショナル・ウールマーク・プライズは、1953年に当時の国際羊毛事務局 (IWS) により新たな取り組みとして行われ、翌1954年にはカール・ラガーフェルドとイヴ・サンローランがパリで受賞しました。インターナショナル・ウールマーク・プライズは、現在においても世界各地から素晴らしい才能を発掘し続けています。

今年度の大会には62ヶ国から選ばれた80名のデザイナーが参加し、オーストラリア産メリノウールの品質を世界に向けて紹介します。

6つの地区大会が7月に香港、シドニー、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、ムンバイで開催されます。ノミニーはメリノウールを使用した1ルックと6着のカプセルコンセプトをファイナル大会への出場権をかけてファッション界を代表する審査員に対して発表します。

12人の各ファイナリストには次回のコレクションのための資金援助として5万オーストラリアドルが贈られ、インターナショナル・グローバル・ファイナル大会への出場権が与えられます。

メンズウェア、ウィメンズウェアの各ファイナルの優勝者には業界のメンターサポートに加え、コレクションの生地調達およびマーケティング費用として10万オーストラリアドルが贈られます。さらに優勝コレクションは共にハーヴェイ・ニコルズ(英国)、サックス・フィフス・アヴェニュー(ニューヨーク)、デビッド・ジョーンズ(オーストラリア)、ブティック 1 (UAE)、ヴェルソ(ベルギー)、レクレルール(パリ)、ブーン・ザ・ショップ(韓国)、ザ・パピリオン(インドネシア)など世界トップクラスのインターナショナル・リテールパートナー、及びmytheresa.com(ウィメンズウェア)(オンライン)を通して販売されます。

ザ・ウールマーク・カンパニーは、日本での公式ノミネーティング・ボディとして日本ファッション・ウィーク推進機構からのサポートを受けています。

本大会はアジアでは中国ファッション協会、韓国ファッション協会、Vogue Chinaからノミネーティング・ボディとしてサポートを受けています。また、グローバルにおいては、アメリカファッション協議会 (CFDA)、英国ファッション協議会 (BFC)、メルセデスベンツ・ファッションウィーク・マドリード、プレムセラ財団などからサポートを受けています。

インターナショナル・ウールマーク・プライズは世界的に素晴らしいデザイナー達を生み出すと共に、トム・ブラウン、アレキサンダー・ワン、ローラン・ムレなどの名だたるデザイナーとのパートナーシップも確立しています。

詳細は各国のザ・ウールマーク・カンパニーPR担当者へご連絡ください。
http://www.woolmark.com/contact-us/

ザ・ウールマーク・カンパニーについて:

ザ・ウールマーク・カンパニーはウールのグローバル・オーソリティーとして、インターナショナル・テキスタイルやファッション業界を網羅した膨大なネットワークを通じ、オーストラリア産ウールは最高の天然素材であり、ラグジュアリーファッションに欠かせない要素として位置づけています。

ウールマークのロゴは世界の誰もが認めるブランドであり、牧羊から完成品までパイオニアとしての革新と優れた品質を提供しています。

ザ・ウールマーク・カンパニーは24,000以上の牧羊業者の協力で世界中のオーストラリア産ウールのサプライチェーン間での研究開発とマーケティングに投資する非営利法人「オーストラリアン・ウール・イノベーション」の子会社です。

より詳細な情報は http://www.woolmarkprize.com/ をご参照ください。

Join the conversation:
#woolmarkprize
#woolmark
Facebook: @thewoolmarkcompany.jp
Twitter: @WoolmarkJapan
Instagram: @thewoolmarkcompany
  1. プレスリリース >
  2. ザ・ウールマーク・カンパニー・ピーティーワイ・リミテッド日本支社 >
  3. 2016/17インターナショナル・ウールマーク・プライズ アジア地区大会ノミニー発表