新技術顧問就任のお知らせ

https://digitaldata-solution.co.jp/

 デジタルデータソリューション株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:熊谷聖司、以下デジタルデータソリューション)は、2018年4月17日(火)付で、新技術顧問が就任いたしましたので、お知らせいたします。
 デジタルデータソリューションは、1999 年の創業以来、データ復旧サービスの「デジタルデータリカバリー(DDR)」を中核事業として展開しており、96.2%という高いデータ復旧率と世界最高水準の技術力で、11 年連続国内シェアNo.1 を獲得し、成長し続けて参りました。また、2017年12月からは、需要が拡大している「フォレンジック」領域にも新たに参入し、当社の中長期的な成長戦略を担う重要な事業ドメインの一つとなっております。

今回の技術顧問契約について
 新たに技術顧問に就任する伊原秀明氏は、時代に先駆け2000年頃よりデジタルフォレンジック領域に従事されており、これまで多くの書籍出版や、講演会でのスピーカーを務められるなど、日本における「デジタルフォレンジック領域の第一人者」です。今後、デジタルの普及に伴い、需要の急速な拡大が見込まれるデジタルフォレンジック領域において、伊原氏の持つ豊富な経験や知見を当社の経営全般及び、デジタルデータフォレンジック事業(DDF)に生かしていただき、経営体制の一層の強化を実施するべく、今回の技術顧問契約が決まりました。

技術顧問プロフィール


伊原秀明​
1973年生まれ 株式会社ラック所属
ネットエージェント社を経て2014年8月ラック入社。
同年よりサイバー救急センターにて、緊急対応サービス「サイバー119」※に携わる。
2018年4月よりAdvanced Cyber Threat Research Center(ACTR) Threat Hunting Team (THT) に所属し、セキュリティサービスの高度化に従事。
日本におけるデジタル・フォレンジックの第一人者で、ラックセキュリティアカデミーの講師も務める。セキュリティに関する著書・講演も多数。2004~2006、2017年にはセキュリティキャンプ全国大会の講師として未来ある若者の指導にもあたっている。
2018年4月よりデジタルデータソリューション株式会社技術顧問に着任(株式会社ラック所属)
※「サイバー救急センター」は株式会社ラックの登録商標です。

 


デジタルデータソリューション 会社概要
会社名:デジタルデータソリューション株式会社
代表者:代表取締役社長 熊谷 聖司
所在地:〒104-0061東京都中央区銀座7-13-12 サクセス銀座7ビル5F/6F
設立:1999年6月14日
資本金:7000万
従業員数:120名(2018年4月 現在)
事業内容:データ復旧事業、データフォレンジック事業、データワランティ事業、データバックアップ事業
デジタルデータソリューション株式会社は、1999年の創業以来、デジタルデータに関するあらゆる問題に対して、世界最高水準の技術力を持って解決する、11年連続国内シェアNo.1のデータ復旧サービスを提供しております。ビジョンに掲げる「世界シェアNo.1」を実現するため、データフォレンジック事業、データワランティ事業、データバックアップ事業などの新規事業を展開し、変化の激しいデジタルデータ業界において、新たな技術を研究・開発し、より高度なサービスで世の中の困っているお客様を助けることができるよう邁進してまいります。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. デジタルデータソリューション株式会社 >
  3. 新技術顧問就任のお知らせ