アトピー、湿疹、アレルギーにお悩みの方へ食事指導×漢方薬の新しい治療方法とは!?

自分が何に対してアレルギーがあるのかを検査で明確にし、食習慣の改善と漢方薬で症状を改善する新しい治療方法。

一般社団法人国際統合治療協会(本社:東京都渋谷区、理事長:松山 淳、以下IITA)は、提携クリニックにて、アトピー性皮膚炎に対する治療として、保険適用の漢方薬と食事指導による新しい治療方法を開始したことを発表いたしました。 また、必要に応じて、鍼治療のご案内も行っております。ステロイドを使用しない、新しい治療方法をご提案いたしております。
これから温度と湿度が上がり、アトピー患者様にとって辛い季節となります。お悩みの方は、お早めにIITA提携クリニックの大門メディカルクリニックまでお気軽にご相談にいらしてくださいませ。
※大門メディカルクリニック 漢方外来は、完全予約制です。
ご予約、お問い合わせは、下記連絡先までお気軽にご連絡下さいませ。
TEL:03-4405-8923

〇皮膚疾患に対する食事指導×保険適用の漢方薬の適応症状とは?

アトピー性皮膚炎・皮膚炎・皮脂欠乏性皮膚炎(乾燥肌)・湿疹・皮膚のかゆみ
蕁麻疹・あせも・尋常性ざ瘡(にきび)・赤ら顔・円形脱毛症などがございます。
他にも多くの皮膚疾患に対応しております。一人で悩まず、お気軽にお問い合わせください。

〇皮膚疾患が健康障害を引き起こす!
不眠症の原因の一つに皮膚のかゆみが挙げられます。
かゆみを伴う皮膚疾患には、アトピー性皮膚炎などがあります。
アトピー性皮膚炎の患者様の多くは、かゆみによる不眠症や睡眠障害を訴えられております。
かゆみを引き金に、不眠傾向になり、ストレスによって自律神経が乱れ、さらに皮膚の状態は悪化するといった悪循環も良くみられます。また、ニキビや湿疹など見た目が気になり、人と会うのがおっくうになり、うつ傾向になる方もいらっしゃいます。不眠症・自律神経失調症・うつなどの疾患に発展する前に早めに治療を開始することをお勧めいたします。

〇アトピー、湿疹、アレルギーにお悩みの方へ食事指導×漢方薬の新しい治療方法とは!?
「まずは、自分の体質を知ることが大切です。」

血液検査から、自分が何に対してアレルギーがあるのか、どの栄養素が不足しているのか、を明確にすることで、食事指導と漢方薬によって、症状を改善していく新しい治療です。
ご本人様が足りない栄養素を理解した上で、治療を行っていくので、比較的治療成績が高いことが特徴です。
細かい検査によって、今まで分からなかった不調の原因を見つけ出します。
アレルギー反応を起こしている食品は極力控え、不足している栄養素は補うことで、改善へと導きます。
今、自分で選択しているサプリメントが正しいとは限りません。
詳しい治療方法を知りたい方は、お気軽にお問い合わせくだい。専門のスタッフがお答えいたします。
~体質に合わせた治療をセレクトすることで不調の改善をご案内~
詳しい治療の説明を受けたい方は、下記連絡先までお問い合わせください。
 TEL:03-4405-8923 Mail:info@kampoclinic.net


〇アトピー、湿疹、アレルギーの食事指導×漢方薬治療ってどこで受けられるの?
大門メディカルクリニックへご相談にいらしてください。







院長紹介
ベア典子 院長
筑波大学医学専門学群卒 米国セントルイス市ワシントン大学
日本皮膚科学会 日本美容皮膚科学会 認定産業医
【大門メディカルクリニック情報】

JR浜松町駅・都営浅草線/都営大江戸線大門駅徒歩2分
〒105-0013
東京都港区浜松町2-1-16 SVAX浜松町IIビル 5F
月~金 11:00-13:00/15:00-19:00
※大門メディカルクリニック 漢方外来は、完全予約制です。
ご予約、お問い合わせは、下記連絡先までお気軽にご連絡下さいませ。
TEL:03-4405-8923
大門メディカルクリニック漢方外来の詳しい情報は、下記サイトをご覧ください。
http://kampoclinic.net/lp/skin/

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人国際統合治療協会 >
  3. アトピー、湿疹、アレルギーにお悩みの方へ食事指導×漢方薬の新しい治療方法とは!?