埼玉工業大学、播磨科学公園都市の自動運転実証運行に協力 ~自動運転バスを提供し実証運行を技術サポート~

埼玉工業大学(本部:埼玉県深谷市、学長:内山俊一、略称:埼工大、https://www.sit.ac.jp/)は、
2019年12月5日(木)~9日(月)の5日間、本学が開発中の自動運転バスを提供し、兵庫県播磨科学公園都市の公道往復約6kmで行う自動運転バスの実証運行の技術サポート(自動運転のオペレータを派遣)をします。本格的な自動運転AI(AIPilot / Autoware)が搭載された自動運転バスが公道を走行するのは兵庫県初となります。
今回、SPring-8・SACLAや兵庫県立大学理学部等がある科学のまち「播磨科学公園都市」にふさわしい最先端の移動手段を活用した成熟化したまちづくりの実現を目指して実証運行が実施されます。埼工大は兵庫県播磨科学公園都市における自動運転社会実装実証事業に協力し、毎回13名の方が乗車して、自動運転を体験試乗される予定です。

埼工大の自動運転バス埼工大の自動運転バス

        <写真:埼工大自動運転バス>


埼工大は、アイサンテクノロジー株式会社(社長:加藤 淳、本社:愛知県名古屋市)からの業務委託により、開発中の自動運転バス・リエッセⅡの車両と自動運転技術を提供します。また、本学発自動運転ベンチャーの株式会社フィールドオート(本社:埼玉県深谷市、社長:渡部大志)は、株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市、社長:武田一哉)からの業務委託により自動運転オペレータを派遣します。また、今回の公道走行のテストドライバーは神姫バス株式会社、株式会社ウエスト神姫のドライバーが担当する予定で、事前のドライバー研修から、本番中のドライバーサポートも担当します。

埼工大の自動運転バスは、マイクロバス「リエッセⅡ」をベースに「自動運転AI(AIPilot / Autoware*)」を実装し、AI(人工知能)技術を本格的に活用して自動運転するのが特長です。バス専用レーンだけでなく一般公道を走行する実用的でかつ商用化を目指しています。本学の自動運転車は普及が進むAutowareを利用し、AIによる障害物の検知(識別・分類する)機能を強化して、ライダーやカメラの画像情報をディープラーニング(深層学習)により、周囲環境をAIで認識して障害物を回避して走行することも可能です。

埼工大は、2017年10月より公道で自動実験を開始して、全国各地での公道の実証実験に多数参加してきた経験があります。自動運転バスは本年8月1日に公開し、その後埼玉県・坂戸市をはじめ、本庄早稲田駅前、加須市において一般の公道で一般市民を乗せて法定速度で自動運転をしている実績があります。

●「自動運転技術開発センター」について
「自動運転技術開発センター」は、本学学長直轄の研究組織として、本学の全面的な協力・支援のもと、産学官連携による国内トップクラスの先進的な自動運転技術の研究・開発を目指して2019年4月に設立しました。
本センターには、新たに和田正義特任教授、大山航教授、山﨑隆治教授、鯨井政祐准教授等、ロボットや AI(人工知能)等関連分野を専門とする研究者も参画し、工学部情報システム学科教授 渡部大志がセンター長として活動を統括します。
本センターでは、①自動運転機能を持つ福祉車両の開発、②先端 AI技術を活用した自動運転技術の研究、③自動運転を題材にした実践的な AI人材育成などの課題に取り組みます。
現在、特に自動運転バスの開発を進めています。 

●自動運転バスについて
車両の仕様(大きさ625×203×261、重量4.7t、24人乗り、4000ccディーゼル車)、AIPilot / Autowareで自動運転可能な自動運転実証実験の試験車両となっています。
埼工大の自動運転バスは、埼玉県が将来の事業化を目指して行うスマートモビリティの実証を支援する「埼玉県スマートモビリティ実証補助金」(テーマ:公道走行可能な自動運転バスの実験車両とAIの実用化・市販化)に今年度採択されました。
同車両の開発には株式会社ミクニライフ&オート(社長:大西 浩樹、本社:埼玉県加須市)の全面的な協力により実現しています。

●埼玉工業大学のAI人材育成
埼工大はAI(人工知能)人材の育成を強化するため、工学部情報システム学科にAI専攻を全国に先駆けて2019年4月に開設するなど、AIエンジニアの育成、およびAIを活用する人材育成に向けた教育・研究に取り組んでいます。
https://www.sit.ac.jp/gakubu_in/kougaku/ai/

●関連情報
〇プレスリリース:埼玉工業大学、「自動運転バス」を開発(2019/8/2)
https://www.sit.ac.jp/media-s/2019/press/190805_01.pdf

〇プレスリリース:「自動運転技術開発センター」設立(2019/5/30)
https://www.sit.ac.jp/media-s/2019/press/190604_01.pdf

〇埼工大 自動運転特設サイト
http://saikocar.sit.ac.jp/

*:「Autoware」はThe Autoware Foundationの商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 埼玉工業大学 >
  3. 埼玉工業大学、播磨科学公園都市の自動運転実証運行に協力 ~自動運転バスを提供し実証運行を技術サポート~