「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」『グランツーリスモSPORT』 関西エリア代表決定戦が開催 2日目 和歌山、京都、大阪の代表選手が決定!

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は、第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」の文化プログラムとして行われる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」内のプログラム、『グランツーリスモSPORT』 関西エリア代表決定戦を7月13日(土)、7月14日(日)に大阪府大阪市にて開催しました。本稿では2日目の和歌山県、京都府、大阪府の各府県の模様をレポートします。
リアルドライビングシミュレーター、PlayStation®4(PS4®)用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』(発売元:SIE)は、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」の3つのeスポーツ競技タイトルのうちの1つに選ばれています。

 











■オンライン予選を勝ち抜いた関西エリア6府県の選手たちが、各府県代表の座をかけて対決!
都道府県代表決定戦では、6歳以上18歳未満の方が対象の少年の部と、18歳以上の方が対象の一般の部の2部門から各2名ずつ、計4名が各都道府県の代表として選出されます。決定戦の流れは、第1レースで参加選手がAグループ、Bグループの2組に分かれてレースを行い、各組の上位5名が決勝レースに進出。合計10名で行われる決勝レースで1位と2位を獲得した2名の選手が、10月5日(土)・6日(日)に茨城県で行われる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」本大会に出場する各都道府県代表に選ばれます。競技の使用車種は本格的なレースカーであるGr.3クラス、使用コースは富士スピードウェイを5周する設定です。

今回の関西エリア代表決定戦は、奈良県、滋賀県、兵庫県、和歌山県、京都府、大阪府の6つの府県それぞれの代表を選出するために開催されました。参加選手は各府県に居住する方々のうち、4月に行ったオンライン予選で上位のタイムを記録した方々で、関西エリアでは6府県合計で一般の部107名、少年の部69名の選手が参加しました。

■和歌山県、京都府、大阪府の各府県代表選手が決定!

関西エリア代表決定戦の会場となったのは大阪城ホール・城見ホール。同会場では2日にわたってレースが行われ、7月13日(土)に奈良県・滋賀県・兵庫県、7月14日(日)に和歌山県・京都府・大阪府の代表決定戦が開催されました。会場には、各府県のオンライン予選で好タイムを記録した多数の選手たちと、その家族や友人の方々が来訪。スポーツキャスターの村田晴郎さんの実況とともに、各府県の代表の座をかけた熱いレースが繰り広げられました。

和歌山県からは一般の部の16名の選手と、少年の部の3名の選手が参加しました。少年の部の決勝レースは、ポールポジションの瀧本諒(たきもと・りょう)選手が独走してポール・トゥ・ウィンを決め、2番グリッドの片木翔太郎(かたぎ・しょうたろう)選手も一度スピンを喫しながら、すばやく立て直して順位を落とさずゴール。1位に瀧本選手、2位に片木選手で代表の座を得ました。一般の部の決勝レースは、ポールポジションの新山太嘉(にいやま・たかよし)選手を先頭に、4人の選手が数珠つなぎでトップを争いました。しかしレース中盤、新山選手が後続にやや差をつけ始め、そこから2番手争いが激化。2番手を走行していた神前玲武(こうざき・れん)選手は、新山選手を追いながら後続からのプレッシャーに耐えて2位の座を守り抜く走りを見せ、ファイナルラップで3位の選手がバランスを崩して後退。そのまま1位に新山選手、2位に神前選手でチェッカーが振られました。

京都府からは一般の部の20名の選手と、少年の部の14名の選手が参加しました。少年の部の決勝レースは、予選第1レースのAグループとBグループをそれぞれ1位で勝ち抜いた曽我爽太(そが・そうた)選手と香西琉衣(こうざい・るい)選手が、序盤から後続を突き放してバトルを繰り広げました。一進一退の攻防の中、香西選手は3周目でトップを奪取。さらにファイナルラップ後半の連続コーナーで曽我選手との差を広げ、そのリードを守り切ってゴール。1位が香西選手、2位が曽我選手で熱戦の幕を下ろしました。一般の部の決勝レースは、ポールポジションの岡田衛(おかだ・まもる)選手がミスのない走りで差を広げ、その後方で井関優真(いせき・ゆうま)選手が3位の選手とバトルを繰り広げました。勝敗が決したのはファイナルラップの第1コーナー。イン側を通る井関選手に、3位の選手がアウト側から襲い掛かりましたが、先にコーナーを抜けていた井関選手のマシンのテールに触れてスピン。そこで差がつき、岡田選手が1位、井関選手が2位で府代表の座を獲得しました。

大阪府からは一般の部の18名の選手と、少年の部の19名の選手が参加しました。少年の部の決勝レースは、伊賀涼太(いが・りょうた)選手と神藤巧磨(しんどう・たくま)選手が1周目から後続を突き放し、クリーンで白熱したトップ争いを行いました。互いに攻めながら迎えたファイナルラップ。神藤選手は最終コーナーで伊賀選手のインをついて並び、そのままゴール前までの直線勝負に移行。2人はほとんど横並びでゴールに飛び込み、0.009秒差で神藤選手が勝利しました。一般の部の決勝レースは、ポールポジションの今村駿佑(いまむら・しゅんすけ)選手が逃げる後ろで、複数の選手が2位の座をかけて絡み合う熱いレースが見られました。2位争いはファイナルラップのゴールまで続き、今村選手が1位でゴールした直後、終始2位を争っていた2人の選手がほぼ並んでゴール。0.044秒の差を制して小山天太(こやま・てんた)選手が2位を獲得しました。


■和歌山県代表 選出者プロフィール  ※敬称略

左から、和歌山県 少年の部・1位の瀧本諒選手、2位の片木翔太郎選手。一般の部・1位の新山太嘉選手、2位の神前玲武選手。左から、和歌山県 少年の部・1位の瀧本諒選手、2位の片木翔太郎選手。一般の部・1位の新山太嘉選手、2位の神前玲武選手。

・少年の部
【瀧本諒(たきもと・りょう)】 出身:和歌山県・田辺市 年齢:17歳

和歌山県代表決定戦、少年の部・1位。工業系の高校に通い、部活はテニス部に所属。ドライビングの経験は、たからづかカートフィールドでレンタルカートに一度乗ったことがあるだけ。シリーズは『グランツーリスモ4』を小学3年生のころに初めて遊び、本格的にやり込み始めたのは『グランツーリスモ6』から。「こうしたイベントに参加したことはなかったので、せっかくなので挑戦してみました」と語る。本大会では「和歌山県の代表としてよい結果が残せるよう頑張って、チーム和歌山を支えたいです」と、責任感を秘めた表情で語った。

【片木翔太郎(かたぎ・しょうたろう)】 出身:和歌山県・岩出市 年齢:15歳
和歌山県代表決定戦、少年の部・2位。F1ドライバーを目指している高校生で、10歳からカートレースにも参加している。今回の代表決定戦は国体に出られるという珍しさから予選に参加。レース結果について「とても緊張して、序盤でスピンをして順位を落としてしまった。家ではもっと速く走れるので悔しいです」と振り返り、勝利へのこだわりを見せた。本大会は「めったにない機会なので、ゲームでも頑張ってレーシングドライバーになるチャンスをつかみたい。代表に選ばれたからには、夏休みにも練習してできるだけ頑張りたいです」と熱意を見せる。

・一般の部
【新山太嘉(にいやま・たかよし)】 出身:和歌山県・和歌山市 年齢:28歳

和歌山県代表決定戦、一般の部・1位。仕事、愛車のインプレッサでのドライブ、モータースポーツ観戦、レースゲームが趣味の団体職員。和歌山県代表という肩書にひかれて今回の大会に参加した。レースでは環境の違いに適応するのに苦労したといいつつも「県代表になることが目的だったので、結果としては満足しています」と語る。本大会では「今回選ばれた僕らがチーム和歌山として本大会でいい走りを見せることで和歌山県の『グランツーリスモSPORT』のプレイ人口が増えると嬉しいです。練習を重ねて頑張ります」と、熱い思いを語った。

【神前玲武(こうざき・れん)】 出身:和歌山県・和歌山市 年齢:18歳
和歌山県代表決定戦、一般の部・2位。読書や音楽鑑賞が趣味の大学生。『グランツーリスモSPORT』から本格的にシリーズに触れ、オンラインで知り合ったフレンドと話しているときに今大会を知って参加した。いつもと違うプレイ環境と、初めての大会の緊張のせいであまりうまく走れなかったが、決勝レースでは少しずつカンを取り戻すことができ、結果を残せたと語る。本大会に向けては「これから、あまり取れていなかった練習時間も増やして、和歌山県代表として恥ずかしくないようなレースができるようにしたいです」とやる気を見せる。

■京都府代表 選出者プロフィール  ※敬称略

左から、京都府 少年の部・1位の香西琉衣選手、2位の曽我爽太選手。一般の部・1位の岡田衛選手、2位の井関優真選手。左から、京都府 少年の部・1位の香西琉衣選手、2位の曽我爽太選手。一般の部・1位の岡田衛選手、2位の井関優真選手。

・少年の部
【香西琉衣(こうざい・るい)】 出身:京都府・木津川市 年齢:15歳

京都府代表決定戦、少年の部・1位。幼稚園の頃からクルマが好きで、父が遊んでいた「グランツーリスモ」シリーズを自然にプレイするようになった高校生。学校の部活は工学系で、ロボットの制作なども経験している。小学5年生のころからずっとレーシングカートにも乗っており、奈良県・スポーツランド生駒のSLレースにも出場中だ。「この大会に出場したのは、全国1位を取りたいと思ったから。緊張はしていますが、代表に選ばれたからには優勝を実現できるよう、これから練習を続けて頑張りたいです」と、闘志を燃やしている。

【曽我爽太(そが・そうた)】 出身:京都府・八幡市 年齢:15歳
京都府代表決定戦、少年の部・2位。たからづかレーシングカートなど、兵庫県内のサーキットを中心にレンタルカートレースに出場している中学生。小学4年生の時にレーシングドライバーになるという夢を抱き、「グランツーリスモ」もそれを機に本格的にプレイするようになった。普段は学業に加え、筋トレやランニングなど体力づくりも頑張っている。代表決定戦の場は初めてのカートレースよりも緊張したとのこと。「今回の経験で感覚がつかめたので、本大会ではプレッシャーに押しつぶされず、実力が出せるようにして臨みたいです」と明るく語った。

・一般の部
【岡田衛(おかだ・まもる)】 出身:京都府・京田辺市 年齢:24歳

京都府代表決定戦、一般の部・1位。製造業の仕事の傍ら、幅広いモータースポーツ活動を行う「道場レーシング」のeスポーツチームでも活動する社会人。愛車のランサーエボリューションIIIでサーキット走行なども経験しているほか、レンタルカートでのレースも年2、3回は楽しんでいる。『グランツーリスモSPORT』では今シーズンのスープラカップに出場し、上位にランクインしている。「今大会は注目度も高いので、その中で目立つような活躍をしたいです。ほかのリアルイベントにも積極的に参加したいですね」と精力的な姿勢で本大会に挑む。

【井関優真(いせき・ゆうま)】 出身:京都府・京都市 年齢:26歳
京都府代表決定戦、一般の部・2位。甘いもの好きで、毎日お菓子を食べるのが日課という社会人。「グランツーリスモ」歴は小学年の低学年のころから20年近く、一度でいいから大きな大会に出たいと思い、今大会に参加した。基本的にクルマの運転はあまりしないが、「グランツーリスモ」プレイヤーが集まるカート大会で年1回ほどレースを楽しんでおり、同じ京都府代表の岡田選手ともその集まりで面識あり。「大会参加も、代表に選ばれたことも、はじめてづくしの体験ですが、せっかく選ばれたからには全力で頑張ります」と前向きに語った。

■大阪府代表 選出者プロフィール  ※敬称略

左から、大阪府 少年の部・1位の神藤巧磨選手、2位の伊賀涼太選手。一般の部・1位の今村駿佑選手、2位の小山天太選手。左から、大阪府 少年の部・1位の神藤巧磨選手、2位の伊賀涼太選手。一般の部・1位の今村駿佑選手、2位の小山天太選手。

・少年の部
【神藤巧磨(しんどう・たくま)】 出身:大阪府・泉南市 年齢:13歳

大阪府代表決定戦、少年の部・1位。学業とソフトテニス部での活動を頑張っている中学生。3歳の時から「グランツーリスモ」シリーズに触れ、『グランツーリスモ6』から本格的にプレイを始めた。いつもプレイしているゲームが国体の文化プログラムに選ばれたのを知り、「こんな機会はめったにない」と思って参戦。決勝レースでは当日の会場入り前に一緒に練習もしていた伊賀選手に劇的な逆転勝利を収め、会場を大いに沸かせた。「本大会では大阪代表としてほかの代表に後れを取らないよう、頑張りたいです」と謙虚に語る。

【伊賀涼太(いが・りょうた)】 出身:大阪府・摂津市 年齢:14歳
大阪府代表決定戦、少年の部・2位。小さなころからトミカなどのミニカーをコレクションしているクルマ好きの中学生。「グランツーリスモ」を始めたのは父の影響で小学1年生からプレイしており、実車もレンタルカートで何度かサーキット走行も経験済み。決勝レースでは惜しくも同県代表の神藤選手に敗れたが、2人のクリーンでスムーズなバトルは会場も驚かせた。「大阪府の代表としてしっかり戦います。特に今日神藤選手にやられた富士スピードウェイの最終コーナーでは絶対抜かれないようにします!」と本大会に向けて闘志もあらわに宣言。

・一般の部
【今村駿佑(いまむら・しゅんすけ)】 出身:大阪府・吹田市 年齢:21歳

大阪府代表決定戦、一般の部・1位。京都府代表に選ばれた岡田選手と同じ、「道場レーシング」のeスポーツチームに所属する大学生。普段は学業とアルバイトに力を入れている。SLカートミーティングで実車のドライビングも楽しんでおり、最近はアルバイトで稼いだお金でレーシングカートを購入してデビューの場を検討中だ。「今回の県代表戦はレベルが高い中で展開にも恵まれて1位が取れました。約3か月後の本大会に向けてまだ時間はあるので、プレイ環境も含めて対応力を高め、代表として活躍できるよう頑張ります」と力強く語った。

【小山天太(こやま・てんた)】 出身:大阪府・大阪市 年齢:21歳
大阪府代表決定戦、一般の部・2位。旅行が趣味の社会人。「グランツーリスモ」は中学生時代、受験シーズンの勉強の合間に遊び込むようになって現在に至る。最近は仕事が中心の生活で、じっくりプレイできるのは週末が中心。クルマは仕事で普段から乗っているほか、鈴鹿サーキットなどに出かけたときはレンタルカートを楽しむこともある。「今回は初めてのオフラインイベントで緊張してしまった。本大会までは、環境の違いやメンタル強化も意識しながら練習をして、大阪代表としてほかの代表に負けないよう堂々と戦いたいです」とコメント。

 
■「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」本大会
今回の関西エリアに続いて、都道府県代表決定戦は8月まで全国12会場で順次開催され、10月5日(土)・6日(日)に茨城県つくば市で開催される本大会への切符が争われます。

都道府県代表決定戦に勝ちあがってきた少年の部、一般の部よりそれぞれ上位20名の選手には、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」特別デザインのスポーツタオル、缶バッジ(いずれも非売品)が記念に贈られます。

●『グランツーリスモSPORT』スポーツタオル(非売品)

●『グランツーリスモSPORT』缶バッジ(非売品)

全国初となる都道府県対抗によるeスポーツ選手権に、ぜひご注目ください。

グランツーリスモSPORT×eスポーツ選手権 2019 IBARAKI 国民体育大会
公式ホームページ

https://pscom.jp/kokutai2019
#国体eスポーツ #GTSport

※「プレイステーション」、「PlayStation」および「PS4」は株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標または商標です。
※ その他記載されている名称は各社の商標または登録商標です。

「いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会 文化プログラム」に関する
メディアおよび一般の方からのお問い合わせ先

茨城県 国体・障害者スポーツ大会局
総務企画課TEL:029-301-5402

国体「eスポーツ選手権」『グランツーリスモSPORT』部門予選に関する
一般の方からのお問い合わせ先

全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI グランツーリスモSPORT 大会運営事務局
gts_kokutai_support@groovesync.com

PS4®用ソフトウェア『グランツーリスモSPORT』に関する
一般の方からのお問い合わせ先

プレイステーション カスタマーサポート
よくあるお問い合わせ(FAQ)
http://pscom.jp/info/support/top
サポートへのおい合わせ先
http://pscom.jp/info/support/contactus

<ご参考>
■少年の部の各県1位選手は第46回東京モーターショー2019 e-Motorsports 「都道府県対抗U18全日本選手権」にも出場

今回、関西エリアにおける少年の部で1位となった、奈良県代表の福井選手、滋賀県代表の大谷選手、兵庫県代表の小畑選手、和歌山県代表の瀧本選手、京都府代表の香西選手、大阪府代表の神藤選手は、「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」の本大会への出場権とともに、2019年10月27日(日)に「第46回東京モーターショー2019」で行われるe-Motorsports「都道府県対抗U18全日本選手権」への出場権も獲得しました。同選手権は、各都道府県で行われる「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」の都道府県代表決定戦で、少年の部の上位1位を獲得した選手を招き、18歳未満の出場選手の中で最速を競う大会です。

「東京モーターショー2019」のMEGA WEB メガステージでは、e-Motorsports「都道府県対抗U18全日本選手権」をはじめ、日替わりで様々なイベントが展開。オンライン上で繰り広げられる『グランツーリスモSPORT』を使ったリアルとゲームが融合した走りを体験できます。さらに、リアルイベントである「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ 2019 シリーズ ワールドツアー第5戦 in 東京モーターショー」も開催され、世界中から集まったオンラインレースの強豪ドライバーによるオフラインレースを間近で体感頂けます。来場者の方々も、試遊台でドライバーと同じ体験を共有できますので、こちらもぜひご注目ください。

「第46回東京モーターショー2019」ならびにe-Motorsports「都道府県対抗U18全日本選手権」の詳細については、後日発表される「第46回東京モーターショー2019」の公式サイト(URL:https://www.tokyo-motorshow.com/ )にてご確認ください。

第46回東京モーターショー2019 e-Motorsports「都道府県対抗U18全日本選手権」に関する
お客様からのお問い合わせ先

support@tms2019.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント >
  3. 「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2019 IBARAKI」『グランツーリスモSPORT』 関西エリア代表決定戦が開催 2日目 和歌山、京都、大阪の代表選手が決定!