日本100名城に咲く1000本桜!佐倉城址公園の春、らんまん

《佐倉城址のさくら》と国立歴史民俗博物館《歴博夜桜観賞の夕べ》開催!

 春の風物詩、《佐倉城址のさくら》と国立歴史民俗博物館(歴博)の夜桜ライトアップ《歴博夜桜観賞の夕べ》が今年も開催されます。春色に染まった城址公園を散策しながら、同じ敷地にある歴博へ足を運んでみては!
 佐倉城址公園は、千葉県で唯一「日本100名城」に選定された城跡であり、現在約50種、1100本もの桜が咲き誇る桜の名所となっています。4月3日から8日まで、佐倉城址公園を中心に《佐倉城址のさくら》が開催され、城址公園本丸跡では、地元名産品の販売などが行われます。 
《歴博夜桜鑑賞の夕べ》は、3月28日から4月8日の期間中、18時から20時まで、歴博エントランスホールを特別開放。エントランスホールから臨む桜の木々は、まるで漆黒の闇に浮かび上がる“夜桜屏風”のよう。ぜひ、圧巻の眺めをご覧ください!
 また、期間中は、企画展示「世界の眼でみる古墳文化」、特集展示「和宮ゆかりの雛かざり」を開催しています。歴博の誇るユニークな展示から、日本の歴史の深層に触れてみては!

歴博エントランスホールから臨む「夜桜屏風」歴博エントランスホールから臨む「夜桜屏風」

■ 佐倉城址のさくら
・会期    2018年4月3日(火)~4月8日(日)
・場所    佐倉城址公園
・時間    10:00~16:00
・駐車場   佐倉城址公園自由広場(無料)
・問い合わせ 公益社団法人 佐倉市観光協会 TEL 043-486-6000

《佐倉城址のさくら》期間中は、桜を眺めながらピクニック気分で!《佐倉城址のさくら》期間中は、桜を眺めながらピクニック気分で!

■ 歴博夜桜観賞の夕べ
・会期    2018年3月28日(水)~4月8日(日) *4月2日(月)は臨時開館
・会場    国立歴史民俗博物館
・時間    18:00~20:00(ライトアップ時間)
・内容    歴博エントランスホールを開放し、夜桜の観賞
・URL    https://www.rekihaku.ac.jp
・問い合わせ ハローダイヤル03−5777−8600(8:00~22:00)

佐倉城址公園の本丸跡を彩る桜佐倉城址公園の本丸跡を彩る桜

【同時開催】
■ 企画展示「世界の眼でみる古墳文化」
・期間    2018年3月6日(火)~5月6日(日)
・会場    国立歴史民俗博物館 企画展示室A・B 9:30~17:00(入館は16:30まで)、月曜休館
 *3月28日~4月8日は、企画展示のみ9:30~18:00(入館は17:30まで)。4月2日(月)、4月30日(月)臨時開館
・入館料   一般830円(560円)、高校生・大学生450円(250円)、中学生以下無料
 *( )は20名以上の団体料金
 *総合展示もあわせて観覧可能
 *毎週土曜日は、高校生の入館料無料
・内容    古墳文化を世界の先史モニュメントと比べながら読み解く

■ 特集展示「和宮ゆかりの雛かざり」
・期間    2018年2月20日(火)~4月8日(日)
・会場    国立歴史民俗博物館 第3展示室副室
・内容    江戸時代末、将軍徳川家茂に嫁いだ和宮所用として伝来の雛かざりを展示
・入館料   総合展示の入館料が必要。一般420円(350円)、高校生・大学生250円(200円)、中学生以下無料
 *( )は20名以上の団体料金
 *毎週土曜日は、高校生の入館が無料

■ 国立歴史民俗博物館へのアクセス
(徒歩)京成佐倉駅南口徒歩15分
(バス)JR佐倉駅北口1番乗場から、ちばグリーンバス田町車庫行き乗車、「国立歴史民俗博物館」または「国立博物館入口」下車
(車) 東関道自動車道「佐倉IC」より約6km
 *無料駐車場完備

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 佐倉市 >
  3. 日本100名城に咲く1000本桜!佐倉城址公園の春、らんまん