LAPRASの登録ユーザーが10,000人を突破!

ユーザー数増に伴ってエンジニアと企業のマッチングも増加

LAPRAS株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:島田 寛基)が運営する個人のスキルを可視化するポートフォリオ自動作成サービス「LAPRAS」の登録ユーザーが、2020年9月3日に10,000人を突破しました。
https://lapras.com/

 

 
  • サービスリリースから約1年半で10,000ユーザーが登録

LAPRASは、Web上のコードや記事、イベント参加履歴などのオープンデータを基に150万人以上のポートフォリオデータベースを構築しています。また、LAPRASに登録したユーザーからは、任意で紐付けした自身のSNSやサービスのアカウント、任意入力の職務経歴、転職希望などのクローズドデータを収集し、ポートフォリオの精度向上を実現しています。

このたび、LAPRASに登録したユーザー数が10,000人を突破しました。
2019年4月にLAPRASをリリースしてから、エンジニアを中心としたユーザー登録は継続的に増加しています。
ユーザー増加の要因としては、サービスの知名度向上に加えて、継続的な機能開発、キャンペーン等のマーケティング活動、またDevRel活動の一環として行っている技術イベントの好影響が挙げられます。

 

  • 登録者増に伴い、ヘッドハンティングサービスLAPRAS SCOUTの面談数も倍増

LAPRAS SCOUTはオープンデータとクローズドデータから作られたポートフォリオデータベースを横断して検索、スカウトできる企業向けのエンジニアヘッドハンティングサービスです。
 
LAPRASにログインするユーザーが増えることによって、クローズドデータも増え、ポートフォリオの精度が向上し、企業は自社にマッチした候補者を検索しやすくなります。また、ログインユーザーに対してはスカウト以外の手法による連絡も可能。マッチングの効率も向上します。

2020年4月に8,000人、このたびの10,000人突破のように順調にユーザー数が増加していることにより、LAPRAS SCOUTを利用する企業の面談数、採用成功が増加しています。2020年3月時点と比較して、2020年9月ではLAPRAS SCOUT上でのカジュアル面談数は倍増しており、また面談に参加しているユーザーの多くがLAPRASに登録しているユーザーです。

<LAPRAS SCOUTサービスサイト>
https://scout.lapras.com/

 

  • LAPRAS株式会社について

「あらゆる選択肢から、その人が最も幸せになれる選択肢をマッチングするシステムを創る」というミッションの基、個人向けのスキル可視化サービス「LAPRAS」と企業向けのヘッドハンティングサービス「LAPRAS SCOUT」、フリーランス・副業エンジニア採用サービスの「LAPRAS Freelance」を運営しています。
 
<会社概要>
会社名 : LAPRAS株式会社
代表者 : 代表取締役 島田 寛基
所在地 : 東京都渋谷区円山町28-1 渋谷道玄坂スカイビル2F
設立 : 2016年5月11日
資本金 : 1億9094万円(資本準備金を含む)
URL : https://corp.lapras.com/
 
<LAPRASによる個人情報の取扱について>
当社は、個人情報保護法第23条第2項に従って個人情報保護委員会に届出た上で、採用候補者の個人情報の第三者提供を行っています。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LAPRAS株式会社 >
  3. LAPRASの登録ユーザーが10,000人を突破!