【日本初】マーターポートユーザーグループ。世界遺産や文化財を実写し、行きたいを呼び込み、思い出を楽しむ。そして教育にも。

Matterport Cloudユーザーを国内に広めるMatterportコミュニティを発足。2020に向け全国対応でアクセシブル・ツーリズムを促進し、教材の一部としての活用を提案します。

日本全国の歴史ある建物や観光にかかわる建造物、再生に伴うアーカイブなどをMatterportPro2 3Dカメラや、RicohTHETAでの単独撮影、コンテンツを活用したGoogleEarthからの紹介動画も制作いたします。
 非営利徹底型 一般社団法人VR革新機構(本社:東京都千代田区、代表理事:横松繁)は、Matterport社のシステムを利用しビルなどの撮影で日本初の試みを行った合同会社Advalay(本社:東京都渋谷区、共同代表:丸屋大樹・柴山紘輔)と「日本マーターポートユーザー会」を2020年1月に当機構内で設立します。
 先日起こった沖縄の首里城の焼失は、大変悲しく残念な事でした。ただ、観光地の建造物はイベントや観光客も多く、このようなリスクは非常に高いと考えます。そこで私たちは実物を3DやVRビューでアーカイブし残していくことで、日本全国にある歴史的建造物はもちろん、地域を象徴する施設などにおいて、障害者や高齢者とその家族など、移動やコミュニケーションにおける困難さに直面する人々のニーズに応えながら、誰もが旅を楽しめる環境を整えることを目指しています。特に車いすで入れない門など敷居が固定されている場所も仮想現実でまるでどこでもドアのような感覚で観光を楽しめるようにいたします。また、教育で子供たちが授業で利用できるようなコンテンツ、そして美術館や博物館の展覧会も対象に全国にマーターポートコンテンツを普及させるユーザーを増やします。
 ユーザー会は主にRicohTHETAでMatterport Cloudを契約し地域で活動できる方を募集します。自治体や公益法人、営利団体や個人でも、ビジネスであってもボランティアでもコンテンツ制作に関して撮影技術やMatterport Cloudの利用などの情報を共有します。すでに会員の株式会社アイティデザイン(本社:東京都港区、代表取締役:横松繁)やプロキオンフォトサービス(本社:東京都日野市、代表:坂部篤志)が参加を表明しています。

 

 


合同会社Advaly https://advalay.jp/
Matterportとは米シリコンバレー発足の高画質・高品質で空間内を3Dウォークスルービューで360°見渡す事が出来るクラウドシステムです。不動産物件の販売効率化、価値向上を目的に作られたサービスで近年日本でも広がりを見せています。Advalayはこの技術を不動産だけではなく、建設、建築業、その他業種まで幅を広げ活動している会社です。建築業等での活用用途は、関係者間での情報共有が容易となり、迅速かつ正確な意思決定が可能となり、工事に関わる打合せ時間、現地調査時間の削減ができ、生産向上に寄与しています。

※佐野廃校3Dデータ
Matterport Cloud  https://my.matterport.com/show/?m=3DJRZcaqzT8&help=1&lang=jp
©️2019 japan.asset management株式会社・佐野市

©️2019 japan.asset management株式会社・佐野市©️2019 japan.asset management株式会社・佐野市

注釈:佐野市のプロジェクトの一貫で日本唯一の国際クリケット上に隣接した廃校の3Dデータを作成した。今後行われるリノベーションに活用される。建築では、佐野市プロジェクトのような既存ストックの有効活用や価値向上へのニーズが高まっています。ストック型社会が進むことにより3Dの技術は不動産販売、建築生産性の向上だけではなく、あらゆる空間をアーカイブ保存するという活用も出来ます。以上のことを踏まえ、Matterportユーザー会では不動産業界に留まらず、様々な業種さらには各自治体へのMatterportを活用した3Dデータ作成・活用支援を行います。そして、今後の撮影需要の増加を想定し、撮影ノウハウの共有や情報交換を行うとともに、3Dデータを迅速に行えるネットワーク網の構築も行います。


Sample


VRIO紹介動画


イメージ動画

 

動画素材利用サイトイメージ動画

 

Measurement ModeMeasurement Mode

ストリートビューへ投稿ストリートビューへ投稿

100円VRメガネ100円VRメガネ



【法人概要】
名称:一般社団法人VR革新機構
所在地:東京都千代田区二番町9-3 THE BASE麹町
代表者:代表理事 横松 繁
設立:2018年3月28日
URL:https://vrio.jp
事業内容:バーチャルリアリティー(仮想現実 以下VRとする)の360°画像や動画を提案及び提供しVRを普及させることを目的とし、その目的に資するため、次の事業を行う。
高度な撮影編集技術者と管理者の育成と認定
ストリートビューや高所及びドローン空撮によるパノラマビュー制作技術の普及活動
WEBサイト制作によるVR表現の促進をWEBクリエイターと行う活動
VRクリエイターの育成とWEBエンジニアによるVRシステムの開発支援
人工知能・ビッグデータ・IoTを活用したVRの研究開発
●パートナー会
ストリートビュー認定フォトグラファーパートナー会 https://stp-p.com
ドローンフォトグラファー360パートナー会 https://dp360-p.com
●準備委員会
VRWebクリエイターパートナー会設立準備委員会 https://vwc-p.com
車椅子目線で世界へプロジェクト準備委員会 https://wheelchairview.com
日本マーターポートユーザー会設立準備委員会 https://matterport-ug.jp(開設予定)
●研究所
VRIO-GIS地理情報システム研究所

■参加プログラム
東京2020参画プログラム
 アクセシブル・ツーリズム「車椅子と家族で観光2020」プロジェクト
https://participation.tokyo2020.jp/jp/event/detail.html?id=a090I00001I8hURQAZ
https://accessible.tourismview.jp/
テックスープ
https://www.techsoupjapan.org/
グーグル非営利団体向けプログラム
https://www.google.com/intl/ja/nonprofits/

■所属団体
公益社団法人日本観光振興協会
https://www.nihon-kankou.or.jp/home/
特定非営利活動法人日本NPOセンター
https://www.jnpoc.ne.jp/

【お客様からのお問い合わせ先】
一般社団法人VR革新機構
e-mail vrio-info@vrio.jp

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. VRIO 一般社団法人VR革新機構 >
  3. 【日本初】マーターポートユーザーグループ。世界遺産や文化財を実写し、行きたいを呼び込み、思い出を楽しむ。そして教育にも。