プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社ソラコム
会社概要

【開催レポート】ユーザー同士がIoTを学び合うコミュニティ SORACOM UG 札幌 #4 朝会中堅・中小企業の2社がIoT導入事例を紹介

当日の資料・動画はこちらから:https://soracomug-tokyo.connpass.com/event/188983/presentation/

株式会社ソラコム

株式会社ソラコムが提供するIoTプラットフォームSORACOMを通じて、ユーザー同士がIoTを学び合うコミュニティが「SORACOM UG(ユーザーグループ)」です。現在11の地方支部と農業支部の合計12のユーザーグループが活動しています。2020年9月30日にSORACOM UG 札幌の第4回イベントがオンラインで開催されました。本イベントは札幌在住在勤のユーザーが主体となって企画しています。

当日は、「10分でわかる!SORACOM Lagoon」と題して、ソラコムのソフトウェアエンジニア清水からサービスを解説。さらに、SORACOMを利用して製造業でのIoT活用を実践するゲストとして、ミシン針などの繊維用針と検査プローブを企画設計・販売するオルガン針株式会社様、冷凍冷蔵、空調機器の制御装置を販売・製造する名光機器株式会社様の2社からIoT導入実績について発表いただきました。

◼SORACOM Lagoonとは
SORACOM Lagoonは、SORACOMプラットフォームで蓄積したデータを元にダッシュボードを作成・共有、アラート通知を実現するサービスです。


データベースや可視化のアプリケーションなどダッシュボードを作成するためのサーバーなどのインフラを用意することなく、IoTデバイスのデータを可視化することができます。また、値が一定値を越えたらメールを送るといったアラート機能や、作成したダッシュボードを第三者に共有したり編集者、閲覧者等の権限管理することができます。

◼製造業 × SORACOM = イノベーション?/オルガン針株式会社
ミシン・フェルト針製品企画部 田中氏は手書き作業があった工場設備の稼働状況の管理を、IoTセンサーを用いてデジタル化する試みについて紹介しました。

田中氏はSORACOMを利用した実証実験を紹介し、「SORACOMは可視化まで含んだIoTの一番簡単な入り口だと思う。工場の設備稼働実績記録を自動でデジタルデータとして蓄積できるようにしたことで、故障時の対応が早くなった。さらに機械の調整にかかっている時間を把握できたことで、設備毎の能力差に応じた改善が可能になった。今後はAIを活用して機械調整のタイミングを予測したい」と述べました。


◼冷凍冷蔵、空調機器の監視データをSORACOM Lagoonで可視化しスモールスタート/名光機器株式会社
特別顧問 岩田氏は、客先に納品した冷凍冷蔵、空調機器の稼働状況をリモートからリアルタイムで把握し、メンテナンスに活かす取り組みを紹介しました。

名光機器様のIoTへの取り組み紹介スライドより抜粋名光機器様のIoTへの取り組み紹介スライドより抜粋

岩田氏は、これまでの取り組みをフェーズ毎に利用した機器構成とともに振り返り、「大規模な設備向けの遠隔監視システムは、導入期間やコストが現実的ではなかった。自社の制御機器とセンサー、KYOSO社の通信ゲートウェイ、通信から可視化はSORACOMを利用することで、お客様のニーズを満たす、シンプルでリーズナブルな遠隔監視のためのIoTシステムを自作することができた」と締めくくりました。

名光機器様 IoT活用事例詳細
https://soracom.jp/case_studies/meiko/

当日の資料や動画はアーカイブとして公開されています。

SORACOM ユーザーグループは、今後も継続的に開催が予定されています。11月7日には、初のSORACOM初心者向けハンズオン「SORACOM UG ビギナーズ #1」が開催されるほか、第2回となる「SORACOM UG Online」、年次カンファレンスの「SORACOM UG Explorer」も計画中です。

IoTやSORACOMについて関心を持った方は、ぜひご参加ください。

1.イベント概要
SORACOM UG 札幌 #4
開催日:2020年9月30日
当日の資料・動画アーカイブ:
https://soracomug-tokyo.connpass.com/event/188983/presentation/

2.SORACOMユーザーグループとは
SORACOM User Group / ソラコムユーザーグループ(通称SORACOM UG)とは、業種問わず、IoTやSORACOMについて関心を持った方、既に利用されている方、これからIoTを始める方が誰でも参加することが出来るコミュニティです。様々なバックグラウンド、経験を持った方が集まり、互いに学び合い、交流しています。

日本全国、各地域別に活動しています。最新の情報やイベントは、SORACOM User Group公式ページや、Facebook、Connpass、当社イベントページよりご確認いただけます。
ウェブサイト:https://soracom.jp/user-group/

3.ソラコムについて
ソラコムが提供するIoTプラットフォーム「SORACOM」は、あらゆるモノをつなぐセルラーやLPWAといったIoT通信とシステム構築に必要となる様々なサービスを提供します。15,000を超えるお客様が、SORACOMでビジネスを進化させています。
ウェブサイト:https://soracom.jp

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
関連リンク
https://soracomug-tokyo.connpass.com/event/188983/presentation/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社ソラコム

20フォロワー

RSS
URL
https://soracom.jp
業種
情報通信
本社所在地
東京都世田谷区玉川四丁目5番6号 尾嶋ビル3F
電話番号
-
代表者名
玉川 憲
上場
未上場
資本金
37億2755万円
設立
2014年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード