GMOあおぞらネット銀行 店頭外国為替証拠金取引「GMOあおぞらFX」の取り扱いを開始

 GMOあおぞらネット銀行株式会社(以下、当社)は、当社のサービスラインナップを拡充し、お客さまの多様な資産運用ニーズにお応えするため、本日2019年10月24日より店頭外国為替証拠金取引「GMOあおぞらFX」の取り扱いを開始いたします。

 

 
  • 【FX(店頭外国為替証拠金取引)とは】
 FXとは、一定の証拠金を預けて、二国間の外貨を売買取引する金融商品です。一定の証拠金を預けることにより、投資金額に比べて大きな金額の外貨を売買でき、また通貨間の為替差損益だけでなく、スワップポイント(通貨間の金利差)も損益の一部となります。
 
  • 【GMOあおぞらFXについて】
 当社が2019年7月にビジネスパーソン向けに実施した資産運用に関する調査(※1)でも、「やってみたいと思う資産運用」の2位に外貨預金、5位にFXという結果が出ていることから、現在ご提供中の外貨預金のサービスに加え、今回、FXの取り扱いを開始するにいたりました。
 当社は、FX取扱高7年連続世界No.1(Finance Magnates調べ)のGMOクリック証券株式会社を擁するGMOフィナンシャルホールディングス株式会社の連結会社である「株式会社FXプライムbyGMO」よりASP(Application Service Provider)提供を受け、当社でシステム構築しています。

(※1)2019年7月 GMOあおぞらネット銀行調査「ビジネスパーソンの老後資金に関する調査2019」
https://gmo-aozora.com/news/2019/20190911-01.html
 
  • GMOあおぞらFXの特長
1)18種類の通貨ペアで取引可能
米ドル/円をはじめ、ユーロ/円やポンド/円といった通貨ペアはもちろん、新興国通貨と称される「メキシコペソ/円」や「トルコリラ/円」など話題の高金利通貨ペアもご用意しています。

2)FX初心者の方にも安心なレバレッジコース制
レバレッジ(※2)25倍のFX取引だけでなく、レバレッジ2倍の低レバレッジコースをご用意しています。当社においてこれまで外貨関連サービスは、外貨預金だけでしたが、ここからさらに投資の一歩を踏み出そうとされている方にもご利用いただけるサービスとなっています。

(※2)レバレッジとは、「てこの原理」の意味。少額の資金で大きな金額を売買することができることを言います。レバレッジ=取引金額÷FX口座にお預けいただく証拠金の額

3)1,000通貨単位からのお取引が可能
FX取引がお客さまの投資の入り口となるよう、最低取引単位を1,000通貨単位(米ドル/円の場合は1,000ドル)とし、少額の資金でのお取引も可能としています。

4)アプリでも簡単取引
いつでもお手元でお取引ができるスマートフォンアプリ(iPhone/Android)をご提供する予定です。
(ご提供予定:2019年10月中)

 
  • 【キャンペーン実施について】
 「GMOあおぞらFX」開始に合わせ、以下の2つのキャンペーンを本日より実施します。キャンペーンに関する詳細はキャンペーンページからご確認ください。

■キャンペーン1:主要5通貨ペアのスプレッド(※3)縮小キャンペーン
■キャンペーン2:FX口座開設とお取引で1,000円プレゼントキャンペーン
(URL:https://gmo-aozora.com/promotion/2019/fx-start/

(※3)スプレッドとは、通貨の売値と買値の価格差のこと。スプレッドが狭い方が低コストで取引いただけます。

GMOあおぞらネット銀行は、今後もお客さまの利便性向上のため、サービスの拡充に努めてまいります。
 
  • 【GMOあおぞらネット銀行株式会社について】
 「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」をコーポレートビジョンに掲げ、新しいネット銀行として2018年7月に誕生しました。お客さま目線に徹底的にこだわり、最新テクノロジーを駆使した、“気づけば誰もが使っている”、お客さまに寄り添う銀行を目指し、新たな金融·決済ソリューションをお届けしています。また、銀行APIの無償提供により、連携先企業さまを通じて、安心、便利なサービスの提供にも貢献しています。

【参考URL】
「GMOあおぞらFX」紹介ページ https://gmo-aozora.com/fx/
ビジネスパーソンの老後資金に関する調査2019 https://gmo-aozora.com/company/report/20190911/
ビジネスパーソンのお金のセンスに関する調査2019 https://gmo-aozora.com/company/report/20190828/
個人のお客さま向けTOPページ https://gmo-aozora.com/
法人のお客さま向けTOPページ https://gmo-aozora.com/business/
 
  • 【外国為替証拠金取引(GMOあおぞらFX)の費用とリスクについて】
■取引にかかるリスク
・外国為替証拠金は、元本あるいは利益を保証した商品ではありません。
・外国為替証拠金取引は、取引対象である通貨の価格の変動により損失が生じることがあります。また、取引対象である通貨の金利の変動によりスワップポイントが受け取りから支払いに転じることもあります。さらに、取引金額がその取引についてお客さまが預託すべき証拠金の額に比して大きいため、その損失の額が証拠金の額を上回ることがあります。
・相場状況の急変により、売付価格と買付価格のスプレッド幅が広くなったり、レートの提示が困難になったりする場合があり、お客さまの意図した取引ができない可能性があります。

■預託すべき証拠金
・個人のお客さまの場合、レバレッジ25倍コースの場合各取引通貨ペアの取引レートにより計算された取引額(想定元本)の4%以上の証拠金が必要となり、証拠金の25倍までの倍率で取引が可能です。レバレッジ2倍コースの場合は想定元本の50%以上の証拠金が必要となり、証拠金の2倍までの倍率での取引が可能です。
・法人のお客さまの場合は、一般社団法人金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額です。なお、為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

■預金保険制度
・外国為替証拠金取引は、預金保険制度の対象ではありません。

■外国為替証拠金取引の取引にかかる費用等
・外国為替証拠金取引の取引手数料は、1万通貨未満が3銭(片道1通貨あたり)、1万通貨以上は無料です。
・強制決済およびロスカット時には片道1通貨あたり、南アフリカランド/円とメキシコペソ/円の場合は0.5銭、その他通貨ペアについては5銭が手数料としてかかります。
・取引にあたっては各通貨の売付価格と買付価格には差(スプレッド)があります。スプレッドは通貨ペアごとに異なります。
 
  • 【GMOあおぞらネット銀行株式会社 会社概要】
本店:東京都渋谷区桜丘町26番1号
代表者:代表取締役会長 金子 岳人、代表取締役社長 山根 武
資本金:131億158万円(2019年3月現在)
設立年月日:1994年2月28日
登録金融機関 登録番号:関東財務局長(登金)第665号
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会
URL:https://gmo-aozora.com/

※AppleおよびApp Storeは、米国および他国のApple Inc.の登録商標です。iPhoneおよびiOSはApple Inc.の商標です。
※iPhone商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。
※Android(TM)およびGoogle Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GMOあおぞらネット銀行株式会社 >
  3. GMOあおぞらネット銀行 店頭外国為替証拠金取引「GMOあおぞらFX」の取り扱いを開始