「MOUNTAIN HARDWEAR CUP 2019」今注目!来年東京で開催される大規模国際大会 新種目の「クライミング」登る人も観る人も楽しめる新しいエンターテイメント型イベント

10月19日(土) 神戸にて開催

1993年にアメリカ・カリフォルニア州で誕生したクライマーズブランド 「マウンテンハードウェア」(株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン 新宿区新宿6-27-30 7F 代表:マッスィモ ラッザリ)は、10月19日(土)グラビティリサーチ ミント神戸にて、クライミングイベント「MOUNTAIN HARDWEAR CUP 2019(マウンテンハードウェアカップ2019)」を開催します。
「マウンテンハードウェアカップ 2019」は、従来にない新しいルールを採用した、登る人も観る人も楽しめる、クライミングの新しいエンターテイメント型イベントです。

ルールはいたってシンプルで「難易度の高いルートをいかに速く登れるか」を競います。1対1で行われる決勝戦は、白熱の試合となること間違いありません。また会場は、日本でも珍しいビルの屋上のクライミングジム。神戸の夜景を望みながら、ライトアップされた決勝戦は見どころ満載です。

「マウンテンハードウェアカップ 2019」は、クライマーや観客に、新感覚の体験を届ける新しいクライミングイベントです。観戦は無料でどなたでもご覧いただけます。
 

【イベント詳細】
・マウンテンハードウェアカップ2019公式サイト
https://www.mountainhardwear.jp/special/mhwcup2019/

・イベント告知ムービー
YouTube : https://youtu.be/d8m1uoNCojQ

・競技概要:
高さ10mのウォールに設定されたルートを登り、その「到達点」と「スピード」を競います。
純粋な強さと速さを競うため、登りながらロープをクリップする必要がないトップロープの形式で、リードクライミング未経験者でも参加が可能です。
 
・日程:10/19(土)(雨天延期)10/20(日)
・場所:グラビティリサーチ ミント神戸 https://www.gravity-research.jp/shop/mintkobe/
・エントリー費:¥4,000(ノベルティグッズ付き)
・優勝賞金:¥150,000(エキスパート男女)
・エントリー期間:2019年8月1日(木)~10月14日(月・祝)
※その他イベント情報は随時公式サイトにてアップデートされます。

【プロデュース】
 ・ロッククライマー 一宮大介 (いちみや・だいすけ) 


外岩の高難度課題を次々に登る実力派クライマー。昨年、世界で最も難しいとされるV16課題にアジア人として初めて成功し、ピオレドールアジアにノミネートされた。2018年 8月には、南アフリカのロックランズにある最難関課題「The Finnish Line (V15)に成功。
[主な成果] Creature from the Black Lagoon v16 第4 登/The Finnish Line (V15)第5登/ホライゾン v15 第3登/シャンバラ v15 第3登(愛知・豊田)/ヴァニタス v15 第3登(愛知・鳳来)/Jade v14(コロラド)
 

 





 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン >
  3. 「MOUNTAIN HARDWEAR CUP 2019」今注目!来年東京で開催される大規模国際大会 新種目の「クライミング」登る人も観る人も楽しめる新しいエンターテイメント型イベント