インクルTechで社会課題を解決する株式会社Lean on Me(リーンオンミー)が総額約2.5億円の資金調達を実施

インクルTech(インクルテック)を提供する株式会社Lean on Me(リーンオンミー、本社:大阪府高槻市、代表取締役:志村駿介)は、障がい者支援のためのeラーニング「Special Learning(スペシャルラーニング)」のサービス強化を目的に、サムライインキュベートが運営する「Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合」など6者を引受先とする第三者割当増資及び金融機関からの融資を合わせて、総額2億5,400万円の資金調達を実行いたしました。
インクルTechとは
​インクルTechとは、インクルージョン(Inclusion)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、SDGsに関心が高まる今、ソーシャルな課題の中でも、多様性の包摂を実現するテクノロジーを意味しております。


資金調達概要
調達金額:2億5,400万円(第三者割当増資及び融資)
引受先(順不同):
株式会社サムライインキュベート運営「Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合」
栖峰投資ワークス株式会社運営「イノベーションディスカバリー1号投資事業有限責任組合」
みずほキャピタル株式会社運営「みずほ成長支援第3号投資事業有限責任組合」
池田泉州キャピタル株式会社運営「関西イノベーションネットワーク投資事業有限責任組合」
SMBCベンチャーキャピタル株式会社運営「SMBCベンチャーキャピタル6号投資事業有限責任組合」
中野智哉 氏(株式会社i-plug 代表取締役CEO)
融資(順不同):
株式会社みずほ銀行
株式会社商工組合中央金庫
資金用途:Special Learningのサービス強化
(コンテンツの拡充・サポート体制の強化・システム改良)

201912月の第三者割当増資からこれまで
2019年12月、「Special Learning」のコンテンツ拡充と普及を目的に、第三者割当増資による資金調達( https://leanonme.co.jp/press-release20200226/ )を実施しました。※発表は2020年2月
これにより、同サービスのコンテンツ拡充に向けた組織・仕組みづくりを行い、現在従業員数は30名※非正規も含む(前回の第三者割当増資完了時点の社員数は2名)、500本を超えるコンテンツを利用いただけるサービスにまで成長しています。(前回の第三者割当増資完了時点のコンテンツ数は約100本)

前回の第三者割当増資以降、兵庫県、大阪府、沖縄県、奈良県、福岡県、東京都、鹿児島県、宮城県、青森県、岩手県、山梨県をはじめとする全国の知的障がい者福祉協会で導入いただき、現在では37都道府県1,400以上の事業所への導入、ユーザー数は31,000人を超えるまで普及しました。(前回の第三者割当増資完了時点では、14都道府県49の事業所で導入、ユーザー数は1,000人)新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、全国的に福祉施設職員向けの集合研修が中止となり、オンラインで知的障がいのある方を支援するうえで求められる知識を習得することができる同サービスに対する需要が引き続き高まっています。

 

※障がい福祉サービス事業所とSpecial Learning利用イメージ

出資企業様からのコメント
▪️株式会社サムライインキュベート Investment Manager 坪田拓也氏
前回ラウンドに引き続き、今回ラウンドもご出資いたしました。
志村さんとは隔週で必ず1on1をしていて、話すたびに新たなお客様・メンバー・パートナーといったLean on Meのビジョンに共感いただけた仲間を増やしており、気付けば前回ラウンドよりもはるかに大きなインパクトを業界に与える企業になっています。同年齢で尊敬する起業家である志村さんの青い炎のような誠実な野心を軸に集まったチームLean on Meのチャレンジを、引き続き心より応援しております。


▪️栖峰(せいほう)投資ワークス株式会社 代表取締役 関 兵馬氏
弊社は、かねてより福祉分野の生産性向上にDXの力が活かせないか?と考えてきました。しかし福祉分野は、公的予算を大幅に増やすことが出来ない中で、生産性向上よりも現場の善意に頼るところが大きく、ベンチャーキャピタルとして力の無さを痛感してきました。
Lean on Me社の提供するe-Learning「Special Learning」で現場の善意がより活かされ、障害者の生活満足度と施設運営者の仕事満足度が向上することを願っております。


▪️みずほキャピタル株式会社 営業第1グループ副グループ長 兼 投資第4部長 兼 関西担当部長 塚田 圭一氏
みずほキャピタルは、みずほグループのベンチャーキャピタルとして、グループの総合金融力、顧客基盤をフルに活用し、お客さまの成長支援に取り組んでいます。
Lean on Meは、障がいのある方(その家族)の目線、社会からの目線の双方から考えて課題を解決し「障がい者にやさしい街づくり」をミッションに事業を展開しています。障がいのある方の安全、経済的自立や家族の安心と支援業務の負担軽減を実現するSpecial Learningの展開を進めることで、障がいのある方と支援者、そして家族と社会にとっての社会インフラ化を推進しています。社会にためになる活動が可視化され、そこに出資を通じ、結果が検証されることでSDGsが目指す未来像との親和性が高いとも考えています。
今回の出資を通じ、みずほグループの持つ顧客資産や営業力を活用することで、Lean on Meの成長をしっかりとご支援させていただきたいと思っています。


▪️池田泉州キャピタル株式会社 代表取締役 平松 勝己氏
弊社が運営しております「イノベーションファンド25」は、地域社会における新事業の創出等産業振興に寄与し、大阪・関西の地域経済の発展や雇用の確保に繋がると期待され、2025年大阪・関西万博が目指す「SDGsが達成される社会」や「Society5.0の実現」に貢献する技術・ビジネスモデルを持った企業を投資対象としております。
「障がい者にやさしい街づくり」を目指す社会課題解決型のスタートアップ企業、Lean on Me社が開発する「Special Learning」が普及することにより、障がい者に対して適切な支援が行われ、障がいのある方が社会に融和して暮らせるノーマライゼーションの実現が期待されます。SDGs⑧「働きがいも経済成長も」、⑩「人や国の不平等をなくそう」の実現に貢献するLean on Me社を、池田泉州グループのネットワークを活用して成長支援させていただきたいと思っています。


▪️SMBCベンチャーキャピタル株式会社 投資部 次長 中村忠嗣 氏
Lean on Meが提供する障がい者施設向けのeラーニング「Special Learning」には、志村社長をはじめメンバー全員の『知的障がいのある方の生きづらさを解消したい』という想いが反映されており、サービスが普及する事で施設での事故や虐待などが着実に起こり難くなると確信しております。
ご出資を機に、弊社グループにて全力でご支援させて頂き、知的障がいのある方の生きづらさ解消の一助になりたいと思っております。


▪️中野智哉氏(株式会社i-plug 代表取締役 CEO)
Lean on Meの創業初期から志村さんの活動を見てきました。多様化する社会の中、すべての方が活躍できるような仕組みを創るため熱い想いでチャレンジしている姿にとても共感をしています。障がい者にやさしい街づくりの実現、心から応援しています!


今回の第三者割当増資を受けての今後
障がい者にやさしい街づくりを目指す社会課題解決型のスタートアップ企業として、出資者のみなさまから評価をいただいていること、また多くの知的障がい者福祉協会様から、新型コロナを転機としニューノーマル時代における障がい福祉のデジタルツールとして、「Special Learning」に高い期待をお寄せいただいていることに感謝いたします。

今回の第三者割当増資で調達した資金を用いて、「Special Learning」のさらなるコンテンツ拡充を加速させていく所存です。専門性の高い良質なコンテンツをどこよりも早く、より一層充実させながら、障がい福祉業界のDX推進に貢献するよう、積極的な事業展開を行ってまいります。障がい福祉に関する社会変革の担い手として、引き続き尽力してまいります。

 

「Special Learningについて
社会福祉法人の職員様や、障がいのある方を積極的に雇用する一般企業の社員様を対象に、障がい者を支援するうえで必要となる知識をインターネット動画で学ぶことができるオンライン研修サービスです。日常の支援でつまずいた時、自分がいま必要とする知識(コンテンツ)を自ら選択して学ぶ(視聴する)ことで、実際に適切な支援をおこなうことができるようにサポートします。

​スペシャルラーニングのテーマとコンテンツ例
  • 安全面(AEDの使い方・応急手当・防災マニュアル・移乗介助の仕方 など)
  • 健康面(アセスメントシート・嘔吐処理・感染症予防・投薬管理 など)
  • 権利面(基本的人権・障害者差別解消法・虐待の5類型・運営適正委員会 など)
  • 提供価値面(支援者としての振る舞い・利用者さんとのコミュニケーション・支援者の役割 など)
  • 組織面(障がい福祉サービスの特性・社会福祉法人の役割・障がい福祉に適した組織図 など)
  • 権利擁護・虐待防止(社会福祉法人北摂杉の子会とのコラボコンテンツ)
  • 性的自立支援(一般社団法人ホワイトハンズとのコラボコンテンツ)
  • 強度行動障がいのある方への支援(自閉症eサービスとのコラボコンテンツ)
株式会社Lean on Meについて
 社名 :株式会社Lean on Me
 所在地 :(本社)〒569-0093 大阪府高槻市萩之庄5-1-1-502
(大阪支社)〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島1丁目9番20号 新中島ビル8階GH
(東京支社)〒100-0004東京都千代田区大手町2-6-2 日本ビル12階
TEL :072-648-4438
 設立 :2014年4月1日
 資本金 :2億1130万円(準備金を含む)
 代表者 :志村 駿介
 URL :https://leanonme.co.jp (2021年2月1日 サイト全面リニューアル)
 事業内容:障がい福祉専用eラーニング研修「Special Learning」
      知的障がい者テニス教室「Special Tennis」
 取引銀行:みずほ銀行 大阪支店
      三井住友銀行 梅田支店
      池田泉州銀行 高槻支店
      大阪信用金庫 茨木支店
      日本政策金融公庫
      商工組合中央金庫
 顧問弁護士:弁護士法人飛翔法律事務所

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Lean on Me >
  3. インクルTechで社会課題を解決する株式会社Lean on Me(リーンオンミー)が総額約2.5億円の資金調達を実施