各都道府県代表としてeスポーツの日本一を目指す、かごしま国体・大会文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」

採用6タイトル、開催日は9月13日、10月10~11日に決定。新たに「グランツーリスモSPORT」、「パズドラ」、「モンスターストライク」の実施を発表。

かごしま国体文化プログラムeスポーツ実行委員会(南日本新聞社、MBC南日本放送、一般社団法人日本eスポーツ連合、鹿児島インファーメーション、共同通信デジタル)は、2020年鹿児島国体・大会文化プログラムとして実施する「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」の採用タイトル、部門と開催日が決定したことをお知らせします。
昨年12月に発表した「eFootball ウイニングイレブン」、「実況パワフルプロ野球」、「ぷよぷよeスポーツ」に加え、「グランツーリスモSPORT」、「パズドラ」、「モンスターストライク」の3タイトルを追加発表します。

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2019 IBARAKI」で実施した3タイトル「eFootball ウイニングイレブン」、「グランツーリスモSPORT」、「ぷよぷよeスポーツ」から新たに「実況パワフルプロ野球」、「パズドラ」、「モンスターストライク」の3タイトルが加わることとなり、計6タイトル、10部門で実施します。

実施タイトル(※50音順)

「eFootball ウイニングイレブン」(高校生の部、オープンの部)、「グランツーリスモSPORT」(少年の部、一般の部)、「実況パワフルプロ野球」(学生の部、一般の部)、「パズドラ」(オープンの部)、「ぷよぷよeスポーツ」(小学生の部、一般の部)、「モンスターストライク」(少年の部)
 
選手権は9月13日(日)と 10月10日(土)~11日(日)の2回に分けて実施します。

9月13日(日)は、鹿児島市天文館(※1)で、「実況パワフルプロ野球」(※2)をリアルスポーツとも連動させたイベント内での実施となります。

10月10日(土)~11日(日)は、SHIROYAMA HOTEL kagoshima(城山ホテル鹿児島)において、「eFootballウイニングイレブン」、「グランツーリスモSPORT」、「実況パワフルプロ野球」(※3)、「パズドラ」、「ぷよぷよeスポーツ」、「モンスターストライク」を実施します。

基本的な大会の流れ(タイトルにより異なる場合もございます)

基本的には、まず選手権に先駆けて全国47都道府県で各都道府県大会が開催され、その後、都道府県の上位入賞者(チーム)による、ブロック大会が行われます。そこで勝ち上がった選手(チーム)を各都道府県の代表者として鹿児島県に招待し、鹿児島県代表者も加えて大会を実施、全国の頂点を決定します。各都道府県大会等の詳細、エントリー方法についてはタイトルごとに後日発表される予定です。
 
  • 「全国都道府県対抗eスポーツ選手権2020 都道府県大会」
 「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 ブロック大会」(※4)

9月13日、10月10日~11日


かごしま国体・大会文化プログラム

「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」(本大会)

※1天文館=鹿児島県鹿児島市にある中心繁華街の総称。一帯は繁華街とオフィスビル群が隣接し、一大商業、娯楽エリアとなっています。
※2、3 実況パワフルプロ野球は9月13日に一般の部、10月10日に学生の部を実施します。
※4ブロック大会について
北海道・東北ブロック(北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島)
関東ブロック(群馬、栃木、茨城、山梨、埼玉、神奈川、東京、千葉)
北信越・東海ブロック(新潟、富山、石川、福井、長野、静岡、岐阜、愛知、三重)
近畿(関西)ブロック(滋賀、奈良、京都、大阪、和歌山、兵庫)
中国・四国ブロック(鳥取、島根、岡山、広島、山口、香川、愛媛、徳島、高知)
九州・沖縄ブロック(大分、福岡、佐賀、宮崎、熊本、長崎、鹿児島、沖縄)

・ブロックの切り分けはタイトルにより異なります。
・鹿児島県の九州・沖縄ブロックへの参加はタイトルにより異なります。詳細は各タイトルのサイトで発表します。
・かごしま国体・大会文化プログラムとして、開催地である鹿児島県の代表者は、本大会の出場枠を保有します。
 
  • 実施タイトルについて

【「eFootballウイニングイレブン」シリーズ】


〇部門:高校生の部、オープンの部(オープンの部は年齢制限なし)
2v2(1チーム最大3人)
○IPホルダー:株式会社コナミデジタルエンタテインメント
○プラットフォーム:PlayStation®4
○URL:   https://e-football.konami.net/kokutai2020/
〇権利表記 ⓒKonami Digital Entertainment

「ウイニングイレブン」シリーズは1995年に家庭用ゲームとして誕生して以来、20年以上にわたり楽しまれてきた、サッカーゲームです。家庭用ゲーム「ウイニングイレブン」シリーズの世界一プレーヤーを決めるeスポーツ世界選手権を開催している他、「第18回アジア競技大会 ジャカルタ・パレンバン」のデモンストレーション競技、第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」文化プログラムのタイトルにも採用されるなど、eスポーツタイトルとしても注目を集めています。

【グランツーリスモSPORT】



〇部門:少年の部(6~18歳未満)、一般の部(18歳以上)
(個人戦)
○IPホルダー:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
○プラットフォーム:PlayStation®4
○URL:後日公開
〇権利表記:©2017 Sony Interactive Entertainment Inc. Developed by Polyphony Digital Inc.

Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties. "Gran Turismo" logos are registered trademarks or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.


「グランツーリスモSPORT」は最新のテクノロジーを使いながらも、シンプルなルールと操作で大人から子供まで気軽にeスポーツタイトルとしてプレイできるリアルドライビングシミュレーター「グランツーリスモ」のシリーズの最新作です。

運転する楽しさを多くの人に伝えるとともに「モータースポーツを生まれ変わらせる」ことを目指し、FIA(国際自動車連盟)との間にパートナーシップを締結。2019年には、世界一を決める「FIA グランツーリスモチャンピオンシップ 2019」が開催され、優勝者はF1年間チャンピオン達と一緒に、フランス・パリで開催されたFIA授賞式で表彰されました。また、第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」文化プログラムの際には「FIA グランツーリスモチャンピオンシップ」に出場した日本代表選手も数多く参加し、ハイレベルな戦いがくり広げられました。

【「実況パワフルプロ野球」シリーズ】


〇部門:学生の部(中学生、高校生、大学生)、一般の部(18歳以上) 2v2
○IPホルダー:株式会社コナミデジタルエンタテインメント
○プラットフォーム: 未定
○URL:後日公開
〇権利表記 日本野球機構承認 プロ野球フランチャイズ球場公認 ©Konami Digital Entertainment

「実況パワフルプロ野球」シリーズは1994年に家庭用ゲームとして誕生して以来、20年以上にわたり楽しまれてきた野球ゲームです。2014年には、選手育成モード「サクセス」を搭載したモバイルゲーム『実況パワフルプロ野球』の配信が始まりました。そのほか、2017年以降は、毎年国体の文化プログラムにて、「実況パワフルプロ野球」シリーズによるeスポーツ大会が行われるなど、eスポーツタイトルとしても注目を集めています。

【パズドラ】


〇部門:オープンの部(6歳以上) (個人戦)
○IPホルダー:ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
○プラットフォーム:iOS、 Android OS
○URL:  https://pad-esports.gungho.jp/
〇権利表記:©  GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

国内累計ダウンロード数5,300万を超えるスマートフォン向けゲームです。

多くのファンが来場したガンホーフェスティバル2019では、対戦モードを使用した「パズドラチャレンジカップ」が実施。全国10か所での予選大会を経て、決勝大会上位3名がプロ認定資格を獲得。パズドラプロゲーマーがハイレベルな戦いを見せる賞金制の大会も行われています。

『全国都道府県対抗eスポーツ選手権』における『パズドラ』は、4月~9月に全国47都道府県にて予選を開催、「ブロック代表決定戦」を9月に開催予定です。

【ぷよぷよeスポーツ】


〇部門:小学生の部、一般の部(12歳以上)(個人戦)
○IPホルダー:株式会社セガゲームス
○プラットフォーム:PlayStation®4
○URL:puyo.sega.jp/potal
〇権利表記:©SEGA

『ぷよぷよ』シリーズは、四半世紀を超えて愛される、国民的落ち物アクションパズルゲームです。1991年に初代『ぷよぷよ』が発売され、落ちてくる同じ色の「ぷよ」をくっつけて消すという単純で分かりやすいゲームシステム、可愛らしいキャラクター、さらに落ち物アクションパズルゲームとして初めて対戦形式を導入したゲーム性により、爆発的なヒットを記録しました。以降、アクションパズルゲームの定番として、さまざまなゲーム機や携帯電話、スマートフォンで展開され、幅広い層に人気があります。2018年3月にはJeSU(日本eスポーツ連合)公認タイトルとなり、プロゲーマーも誕生。eスポーツシーンでも盛り上がりを見せ、現在、多数の大会が実施されています。

【モンスターストライク】


〇部門:少年の部(1チーム4人制)
※6歳以上から18歳未満の方、および18歳の高校生の方
※チームメンバーは、居住都道府県または学校の所在都道府県が同一の4名であること
○IPホルダー:株式会社ミクシィ XFLAG
○プラットフォーム:Android OS ※使用アプリは「モンスターストライク スタジアム」
〇URL:後日公開
〇権利表記:©XFLAG

世界累計利用者数5,300万人を突破しているスマホアプリです。自分のモンスターを指で引っぱって弾き敵のモンスターに当てて倒すターン制のゲームで、一緒にいる友だちと最大4人まで同時に遊べる協力プレイ(マルチプレイ)が特徴です。

モンストのeスポーツ大会は2015年から開催されており、賞金総額1億円の大型大会のほか、地方創生を目的とした大会、今年1月には東京都などを主体とするeスポーツイベント「東京eスポーツフェスタ」の競技タイトルとしても選ばれています。引っぱるだけの簡単操作ということもあり、年齢や性別、障害の有無を問わず、多くの方が参加しています。

なお、モンストのeスポーツ大会ではeスポーツ専用アプリ「モンスターストライク スタジアム」を使用します。無料でダウンロードをしていただけるほか、課金要素はなく、最初から全キャラクターが使用可能なため、どなたでも気軽にプレイ出来ます。 
  • 実施タイトル一覧

  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権について

文化プログラムとしての全国都道府県対抗eスポーツ選手権は、昨年の茨城国体・大会に引き続きの2度目の開催となります。47都道府県から選手を招待して行われ大きな話題を呼び、各ゲームタイトルの全国王者決定のみならず、国体・大会の認知拡大の役割も果たしました。昨年に引き続き各都道府県から日本一を目指すeスポーツの大会として実施し、かごしま国体・大会を盛り上げてまいります。
  • 燃ゆる感動かごしま国体・かごしま大会文化プログラム事業について

文化プログラムは、文化・芸術活動を通じて、かごしま国体・大会を盛り上げ、開催県である鹿児島の多くの県民に参加していただくとともに、鹿児島の多彩な魅力を全国に発信することを目的に実施されます。

https://kagoshimakokutai2020.jp/bunkaprogram/
  • 全国都道府県対抗eスポーツ選手権公式サイト
後日公開(一般社団法人日本eスポーツ連合公式サイト内 https://jesu.or.jp/ )
 
※「PlayStation」はソニー・インタラクティブエンタテインメントの登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人日本eスポーツ連合 >
  3. 各都道府県代表としてeスポーツの日本一を目指す、かごしま国体・大会文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」