日本史上初!見延和靖選手、男子エペ年間世界王者に!

国際フェンシング連盟(FIE)世界ランキング1位が確定

2019年7月19日(金)にブダペスト(ハンガリー)で開催された、フェンシング世界選手権大会2019 男子エペ 個人戦にて、見延和靖選手(NEXUSホールディングス)が17位となり、FIE年間ランキング1位が確定致しました。日本人選手が年間ランキング1位を獲得するのは、全種目を通じて日本フェンシング史上初となります。
見延選手は2018-2019シーズン、グランプリ大会2勝(19年3月ブダペスト大会・19年5月カリ大会)、ワールドカップ個人1勝(18年11月ベルン大会)という素晴らしい成績をおさめ、全種目を通じて日本史上初となる年間王者という快挙を達成しました。

 

今大会と同じブダペストで、GP大会初優勝を挙げた(19年3月)今大会と同じブダペストで、GP大会初優勝を挙げた(19年3月)

 

今大会は2回戦で宇山選手との日本人対決となり、17位に終わる今大会は2回戦で宇山選手との日本人対決となり、17位に終わる


なお、その他の男子エペ日本代表メンバーのFIE年間ランキングについては下記の通りです。
加納虹輝選手(早稲田大学)5位、山田優選手(自衛隊体育学校)14位、宇山賢選手(三菱電機)20位

見延選手にこの3選手を加えた4選手はこの後、7月21日(日)から始まるフェンシング世界選手権2019 男子エペ団体戦に臨みます。見延選手を筆頭に絶好調の男子エペ日本代表チームの躍進に、どうぞご期待下さい。

【見延選手コメント】
世界選手権を終え、年間王者として今シーズンを締めくくることが出来ました。
日本人が年間王者になるのは史上初のことで、歴史に名を刻むことができ、誇りに思います。
また、日本の男子エペ全体のレベルが上がっている事は間違いないので、次はチームとして、年間王者を狙いに行きたいです。

GPカリ大会(19年5月)では日本人史上初となるGP2勝目。まさに「日本人初」づくしのシーズンとなったGPカリ大会(19年5月)では日本人史上初となるGP2勝目。まさに「日本人初」づくしのシーズンとなった

GP大会初優勝をあげたブダペストで、次は団体のメダルを狙うGP大会初優勝をあげたブダペストで、次は団体のメダルを狙う

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 公益社団法人日本フェンシング協会 >
  3. 日本史上初!見延和靖選手、男子エペ年間世界王者に!