産業政策についてSUNDRED・留目が経済産業省で講演

新産業共創を促進する産業政策や人材育成について提言

100個の新産業の共創を目指す「新産業アクセラレーター」SUNDRED株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:留目 真伸、以下:SUNDRED)は、去る12月11日(金)に経済産業省にて講演を行ったことをお知らせします。対象は、経済産業省の中堅職員層で、新産業共創を促進するための産業政策や産業構造変革に必要な人材の育成について、グローバル企業や日本企業でのマネジメントの経験、SUNDREDの新産業創出プロジェクトやインタープレナーの実例をもとにお話ししました。


■講演内容
留目は過去に、レノボ・グループの事業統合の責任者として、またレノボ・ジャパン株式会社の代表取締役社長として国境を越えた大型M&Aを通じてグローバル規模の業界再編を推進するとともに、数多くの新規事業プロジェクトを手掛けてきました。また、日系企業のマネジメントや投資家としてスタートアップ支援を行ってきた経験を含めた自らの学びから、オープンな対話をベースにした日本型の新産業共創モデルを確立。2019年7月からSUNDREDで「新産業共創スタジオ」を立ち上げ、新産業の共創を推進しています。これまでに12のプロジェクトを立ち上げ、大企業からのカーブアウト/スピンアウト、既存のスタートアップのスケールアウト、ゼロからの新しい事業体の設立等、多様な形態でエコシステムの中核となる「トリガー事業」の創出を実現してきています。

講演では、グローバル企業のマネジメントの潮流の推移や、米国・中国との市場構造の違い、そして新産業を生み出すためにSUNDREDが開発したフレームワークを解説。プロジェクトのテーマの共創からチームの組成、エコシステム仮説の共創、大企業からのカーブアウト/スピンアウトを含むトリガー事業の創出など、新産業共創プロジェクトを例にフレームワークとプロセスの運用について具体的に説明しました。

また、社会の変化や課題に敏感に反応し、自分の意思で新しい目的の実現のために境界を超えて対話を行い、「社会人」としてプロジェクトを興したり参加したり社会と価値交換を行っていく人材「インタープレナー」が新産業共創プロジェクトにおいて活躍していることも説明しました。

講演後には新産業共創の考え方やプロセスについて、また「インタープレナー」の人材要件やその育成の方法等について活発なディスカッションが行われました。今回の講演が産業政策立案等のお役に立てること、そして経済産業省を含む官セクターの皆さんが「インタープレナー」として、ともに新産業の共創、日本型のイノベーション・モデルの確立に向けて更に活発に取り組んでいけることを期待します。

■プロフィール
留目 真伸(とどめ・まさのぶ)
SUNDRED株式会社 代表取締役 / 株式会社HIZZLE代表取締役
VAIO株式会社 CINO(Chief Innovation Officer) / VFR株式会社 代表取締役

早稲田大学政治経済学部卒業。総合商社、戦略コンサルティング、外資系IT、日系製造業等において要職を歴任。レノボ・ジャパン株式会社、NECパーソナルコンピュータ株式会社 元代表取締役社長。株式会社資生堂 元チーフストラテジーオフィサー。大企業のマネジメント経験、数々の新規事業の立ち上げ、スタートアップの経営を通じ、個社を超えて社会起点で目的を共創し、新産業のエコシステムを構築していく仕組みが求められていると実感。2019年7月よりSUNDREDの代表に就任し、「新産業共創スタジオ」を始動。

■SUNDREDの新産業共創プロジェクト
SUNDREDでは昨年7月新産業共創スタジオのローンチ以来、「ユビキタスヘルスケア産業」「フィッシュファーム産業」「ハピネスキャピタル産業」等の約10個の新産業プロジェクトを推進中です。社会起点の目的を多様な社会人との対話の中から共創し、駆動目標となるエコシステム仮説に落とし込み、エコシステム構築の中核となる事業(トリガー事業)を創出し成長を加速していくことで、エコシステム構築を進めていきます。アカデミアの知見とプロジェクトの実践を融合させた「新産業共創プロセス」「新産業テーマ創出フレームワーク(HASEモデル)」、目的志向で行動する社会人「インタープレナー」のネットワークを通じて、新しいパラダイムに求められる新産業の創出・開発を加速しています。

■会社紹介
企業名:SUNDRED株式会社
設立  :2017年3月設立 ※「新産業共創スタジオ」は2019年7月1日より正式稼働
代表者:留目 真伸
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー
概要  :100個の新産業の共創を目指す「新産業アクセラレーター」。「新産業共創スタジオ」を運営し、エコシステムのデザインを起点に成長領域にリソースを集約し、新産業を共創していく 。
URL  :https://sundred.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. SUNDRED 株式会社 >
  3. 産業政策についてSUNDRED・留目が経済産業省で講演