柳宗理デザインの「ROTARY TAPE DISPENSER」をコクヨから復刻発売

コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長:黒田 英邦)は、日本を代表するプロダクトデザイナー柳宗理氏が手掛けたテープカッターの復刻版「ROTARY TAPE DISPENSER(ロータリーテープディスペンサー)」を、2020年2月25日(火)から、コクヨが手掛けるライフスタイルショップ「THINK OF THINGS」、「柳ショップ」、及び全国のインテリアショップやセレクトショップ等で発売します。

「ROTARY TAPE DISPENSER」イメージカット 柳事務所にて「ROTARY TAPE DISPENSER」イメージカット 柳事務所にて

「ROTARY TAPE DISPENSER」は、柳宗理氏によって1960年代にデザインされたテープカッターを柳工業デザイン研究会の監修のもと、コクヨが再現した復刻版です。彫刻的造形とベース部分のコントラストが存在感のあるデザインは、オリジナルを3Dスキャンし、試作と修正を幾度も繰り返すことで忠実にデザインを再現しています。

使いやすさにおいては、今回新たにコクヨの技術を付加することでアップグレードさせています。刃の部分にはコクヨ独自の「カルカット刃」を採用しており、切れ味が軽く、テープの切り口もまっすぐ仕上がります。本体が360度回転するロータリー式機能は、オリジナルの設計を見直し、よりスムーズに回転できるようにしました。

「ROTARY TAPE DISPENSER」本体「ROTARY TAPE DISPENSER」本体

本商品は、「THINK OF THINGS」で12月18日~1月15日に開催するポップアップショップ、SORI YANAGI ROTARY TAPE DISPENSER RELEASE EXHIBITION「TOOLS TO HAND(s) ON - 継がれるもの/使われるもの -」で先行予約を受け付けます。

○発売予定:2020年2月25日(火)
○メーカー希望小売価格(消費税抜):25,000円
○年間販売目標 :22百万円(2020年度)
商品の詳細は、下記ホームページでご確認ください。
https://kokuyo.jp/pr/yanagidesign_tapedispenser/

「ROTARY TAPE DISPENSER」の特長

1. 柳宗理氏デザインの復刻
日本を代表するプロダクトデザイナー柳宗理氏によって1960年代デザインされたテープカッターの復刻版。 丸みのある彫刻的造形とベース部のグラフィックが存在感のあるデザインで、オリジナルを3Dスキャンすることで忠実にデザインを再現しています。

オリジナルオリジナル

復刻版復刻版

2. 機能性・操作性のアップグレード
コクヨの技術を付加することで使い勝手をアップグレード。刃の部分にはコクヨ独自の「カルカット刃」を採用しており、切れ味が軽く、テープの切り口もまっすぐ仕上がります。本体が360度回転するロータリー式機能は、オリジナルの設計を見直し、よりスムーズに回転できるようにしました。

カルカット刃カルカット刃

ロータリー式機能ロータリー式機能


<柳宗理氏と YANAGI DESIGN OFFICE プロフィール>
柳宗理氏(1915-2011)は日本を代表する工業デザイナーです。MoMA(ニューヨーク近代美術館)の永久所蔵に認定されているバタフライスツールなどの家具類をはじめ、キッチンウェア、テーブルウエア、東京オリンピック聖火トーチホルダー、関越自動車道関越トンネル抗口、歩道橋など広範囲なデザインを手掛け、その作品は日本だけでなく世界中の人々に愛用されています。2002年にはその功績が評価され、文化功労者に顕彰されました。YANAGI DESIGN OFFICE 「柳工業デザイン研究会」は、1953年に柳宗理氏によって設立されました。現在も柳氏の理念のもと、新しいデザインのほか復刻の監修やデザイン啓蒙・教育活動も行っています。

【お問合せ先】
コクヨお客様相談室; 0120-201-594
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コクヨ株式会社 >
  3. 柳宗理デザインの「ROTARY TAPE DISPENSER」をコクヨから復刻発売