マルトモ「新直火焼ソフト削り30g」が「日経POSセレクション2020 ロングセラー」に選出。ロングセラー商品として愛され続けています。

 マルトモ株式会社(社長:今井均 本社:愛媛県伊予市)は、発売中の「新直火焼ソフト削り30g」が「日経POSセレクション2020ロングセラー」に選出されましたのでお知らせいたします。
 「日経POSセレクション」は、全国のスーパーマーケット、コンビニエンスストア等から収集した販売実績データ(日経POS情報)を基に、日経が作成する約2,000の商品分類内で売上伸び率の高い商品や、売上No.1の商品を選出しています。

 今回は、2010年から2019年の10年間連続で売上のある商品の中から、マルトモ「新直火焼ソフト削り30g」が「花かつお」分類で売上No.1となったものです。

 マルトモ「新直火焼ソフト削り30g」は2007年に発売し、長期にわたり消費者の皆様にご好評をいただいている削りぶしです。マルトモが独自に開発したアミノ酸含有量の高い「高エキスかつお節」とイノシン酸含有量の高い「高イノシン酸かつお節」を配合しうま味・コク味を強化しました。かつおの繊維を断ち切るように削っているため食感がソフトです。

 マルトモは、創業以来一世紀にわたり和食の要である「かつお節とだし」一筋に取り組んでまいりました。これからも、お客様に喜ばれる価値ある商品の開発に注力してまいります。
 



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マルトモ株式会社 >
  3. マルトモ「新直火焼ソフト削り30g」が「日経POSセレクション2020 ロングセラー」に選出。ロングセラー商品として愛され続けています。