第101回 ニューヨークADC賞 (The ADC 101st Annual Awards)で入賞いたしました

環境大善株式会社(本社:北海道北見市)が製造・販売する消臭液「きえ〜る」のパッケージデザインが「第101回 ニューヨークADC賞 (The ADC 101st Annual Awards)」において入賞いたしました。
この度、私たち環境大善が製造・販売する消臭液「きえ〜る」のパッケージデザインが「第101回 ニューヨークADC賞 」において入賞いたしました。

ニューヨークADC賞は、1921年に広告美術団体「アート・ディレクターズ・クラブ(ADC)」によって設立され、今年で第101回目を迎えた世界で最も歴史のある広告デザインの国際賞です。

今年は54カ国から10,565作品のエントリーがあり、95の金賞、114の銀賞、172の銅賞、381のメリット賞が選出され、2022年5月18日にニューヨークで贈賞式が開催されました。

今回の賞では私たちの3点の作品が賞のノミネートであるショートリストに残り、その内1点パッケージデザインがメリット賞を受賞いたしました。

「きえ〜る」は、環境微生物群(乳酸菌等)を発酵・培養した「善玉活性水」から生まれた天然成分 100%のバイオ消臭液です。特に、アンモニア臭や腐敗の臭いに効果が あります。
また、機能面もさることながら、サステナブルな製法で作られた唯一無二の消臭液であり、きえ〜るを使うことで消費者も環境改善に寄与する事ができるという社会課題解決型の他にはない商品となっております。

全世界から作品が集まる栄誉ある国際賞で、弊社の企業ブランディングやグラフィックデザインが評価されとても光栄に感じております。

作品は以下のとおりです。
【メリット賞】
■イラストレーション部門:天然成分100%の消臭液「きえ〜る」のパッケージデザイン
(イラストに対するアートディレクションを評価する部門)

よりデザイン性を追求した、きえ〜るDシリーズよりデザイン性を追求した、きえ〜るDシリーズ

より親しみやすい、きえ〜るHシリーズより親しみやすい、きえ〜るHシリーズ

きえ〜るラベルレスボトルきえ〜るラベルレスボトル

【ショートリスト】
■ブランド/コミュニケーション デザイン部門:環境大善ブランドロゴ
(ブランドロゴやアプリケーションなど、ブランドのコミュニケーションツール等を評価する部門)

■モーショングラフィック部門:環境大善ブランドムービー
(モーショングラフィックのアートディレクションを評価する部門)

 

  • 受賞コメント
環境大善株式会社  代表取締役社長 窪之内誠

パッケージデザインを提案いただいた時の驚きと納得感を今でも覚えています。

2018年4月からスタートしたリブランディング。
CI・VIを一新する過程で鎌田さん、小川さんが生み出したデザインやイラストをベースに、
環境大善の「世界観」をパッケージデザイン上で表現してくださいました。

パッケージデザインをご提案いただいた際にCI・VI・パッケージデザインに「こういう繋がりがあったのか」と驚愕したのを思い出します。
パッケージデザインを中心に、アプリケーションの展開やボトル素材、ラベル用紙などの環境対応品の選定も含め、様々な部分で「環境大善らしさ」を体現してくれたと感じています。

あるお客様から「日々の生活の中で脇役であり、ある意味目立たない方が良い消臭液や園芸資材がインテリアの一部になりました」と嬉しいお声をいただきました。
我々環境大善は、国際的なコンテストであるNY ADCでご評価いただいたことを誇りに、コーポレートスローガンである「地球の健康を見つめる」為に努力し続けたいと考えています。


環境大善クリエイティブチーム
鎌田順也氏(アートディレクター・クリエイティブコンサルタント)

パッケージデザインのキーポイントは「親しみやすさ」と「清潔感」、そして部屋のインテリアとして耐えうる「美しさ」を担保するという、相反するものを兼ね備えなければならない点です。

イラストのディレクションにあたっては、透明感がありながらウィットなユーモアが内在するように務めました。イラストレーターの小川さんが見事に難題をクリアしてくれました。イラストはモノクロで仕上げていただき、カラーは全体のバランスを見ながらこちらで着彩。色数を絞ることで、かえって色彩が豊かに感じるような配色を行いました。

ボトルはスローガンである「地球の健康を見つめる」を体現するものとして、バイオマスボトルを採用するなど様々な観点から対応を行っています。特にSシリーズのボトルは、シュリンクをはがすと上質感のあるシンプルなボトルが現れ、詰替えボトルとして二次使用できる設計となっています。

世界中からデザインが集まるNY ADCで評価いただけたことを大変光栄に思います。

小川雄太郎氏(イラストレーター)

パッケージのイラストレーションは、清潔で風通しの良い空間をイメージしながら描きました。
S/Dシリーズでは人物を描かずに表現することをテーマにしてモチーフやシチュエーションの案を出していき、
Hシリーズは髪型など、どのような人物がいいか話し合いながら進めていきました。

シュリンクを剥がしたときに現れる控えめな地球のアイコンとメッセージも気に入っています。
このような国際的な賞をきっかけに、世界中のより多くの人に「きえ〜る」を知ってもらえたら嬉しいです。


▶︎第101回 ニューヨークADC賞
https://www.adcawards.org/

▶︎環境大善とアートディレクター鎌田順也氏との出会いの物語はコチラから。
「天然成分100%の消臭液「きえ〜る」のパッケージデザインをリニューアルいたします」
https://kankyo-daizen.jp/blog/2021/09/22/renewal_202109/

■環境大善株式会社 について 
環境大善は北海道北見市で未利用バイオマスとなっている牛の尿を独自技術で発酵処理をし、消臭液や土壌改良材を製造販売しております。
私たちが製造する製品は、廃棄される資源・そのままでは役に立たない資源を「原料」と捉え、付加価値を付けてアップサイクルし、使用し地球に戻すことで循環させていくというサイクルを描いております。

■アップサイクル型循環システムとは?
かつて公害の元となっていた牛の尿(未利用バイオマス)を原料にし、消臭液、土壌改良材、水質改良材を製造し、空気をキレイにし、土と水を再生します。
この循環は、酪農家から牛の尿を購入し地域経済を循環させるだけでなく、製品の消費者も自動的に環境危機の解決へ加わる事になり、善の循環を起こす事ができます。

プレスリリース PDFダウンロードはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d54114-20220520-77ae815b3335f2f6522d97327682db6a.pdf

【本リリースに関するお問い合わせ先】
環境⼤善株式会社
北海道北見市端野町三区438-7
マーケティング室 中川・竹井
電話番号:(0157)67-6788
FAX番号:(0157)67-6618
E-mail:otoiawase@kankyo-daizen.jp

公式ホームページ https://kankyo-daizen.jp/
公式オンラインストア https://store.kankyo-daizen.jp/
公式Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
公式Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
公式Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/
 
  • “KIE~RU” awarded the ADC 101st Annual Awards in New York
Kankyo Daizen Co.,Ltd. has been awarded  the package design category in the ADC 101st Annual Awards in New York for its deodorant solution “KIE~RU”.

The ADC Annual Awards, part of The One Club for Creativity, is the oldest continuously running industry award show in the world.

This year, 10,565 entries were accepted from 54 countries.In the awards ceremony held in New York, announced 95 Gold, 114 Silver, 172 Bronze, and 381 Merit Awards  on May 18, 2022. 

Three of our entries were shortlisted for awards, and one of our package designs received a Merit Award.

“KIE~RU” is a bio-odor eliminating solution made of 100% natural ingredients from “Zendama Kassei Sui (good bacteria activated water)” fermented and cultivated by environmental microorganisms (lactic acid bacteria, etc.). It is particularly effective against ammonia and putrefactive odors.

In addition to its functionality, KIE~RU is a unique deodorant solution made using a sustainable manufacturing process. It is a unique product that solves social issues and encourages its users to contribute to environmental improvement.

We are very honored to announce our brand and graphic designs were recognized in this prestigious international award.

The works are as follows.
[Merit Award]
■Illustration Category: Package design for “KIE~RU,” a deodorant solution with 100% natural ingredients
(This category evaluates the art direction for the illustration.)

KIE~RU D series, pursuing more design characteristicKIE~RU D series, pursuing more design characteristic

KIE~RU H series, more familiarKIE~RU H series, more familiar

KIE~RU label-less bottleKIE~RU label-less bottle

[Shortlist]
■Brand/Communication Design Category: Kankyo Daizen Brand Logo
(This category evaluates brand communication tools such as brand logos and applications.)

”Keeping a close watch on Earth’s health”  Kankyo Daizen”Keeping a close watch on Earth’s health” Kankyo Daizen

 

 

 

■Motion/Film/Gaming Craft Category: Kankyo Daizen Brand Movie
(This category evaluates art direction of motion graphics)


 

  • Comments on the Award
Makoto Kubonouchi, President&CEO  

I still remember how surprised and satisfied I was when Mr. Kamada proposed the package design.

The rebranding started in April 2018.
Based on the designs and illustrations created by Mr. Kamada and Mr. Ogawa in the process of renewing our CI and VI, they expressed the identity of Kankyo Daizen on the package design.

When we received the package design proposal, I remember being astonished at the connection between CI, VI, and package design.
I feel that Mr.Kamada expressed “Kankyo Daizen’s character” in various areas, including the development of applications and the selection of environmentally friendly products such as bottle materials and label paper, centering on the package design.

One of our customers happily commented, “Deodorant solutions and gardening materials, which play a supporting role in our daily lives and in some ways should be kept out of sight, have become a part of our interior design.

Kankyo Daizen are proud to have been recognized by the NY ADC, an international contest, and will continue to work hard to achieve our corporate slogan, “Keeping a close watch on Earth’s health.


Kankyo Daizen Creative Team
Mr. Junya Kamada, Art Director and Creative Consultant

The key point of the package design was to combine the contradictory qualities of “friendliness” and “cleanliness” with a “beauty” that would stand up to the demands of room decor.

In directing the illustrations, we worked to create a sense of transparency with an inherent sense of witty humor. The illustrator, Mr. Ogawa, successfully solved this difficult task.
The illustrations were done in black and white, and the colors were added by us while keeping an eye on the overall balance.
By limiting the number of colors, we created a color scheme that makes the colors seem richer than they are.

The bottles embody our slogan, “Keeping a close watch on Earth’s health,” and we have taken a variety of approaches, including the use of biomass bottles.
The S series bottles, in particular, are designed so that when the shrink wrap is removed, a simple, high-quality bottle is revealed, which can be reused as a refill bottle.

We are very honored to have been recognized by the NY ADC, where designs from all over the world gather.

Mr. Yutaro Ogawa, Illustrator

The illustration for the package was drawn while imagining a clean and airy space.
For the S/D series, we came up with motifs and situations based on the theme of expressing without depicting people.
For the H series, we discussed what kind of person, such as a haircut, we would like to see.

I also like the discreet earth icon and message that appears when the shrink is removed.
We would be happy if an international award like this could be a catalyst for more people around the world to become aware of KIE~RU.


■About Kankyo Daizen Co.,Ltd
Kankyo Daizen manufactures and sells deodorant solutions and soil conditioners by fermenting cow urine, which is unused biomass, with our own technology in Kitami City, Hokkaido, Japan.
The products we manufacture are based on the concept that resources that are discarded or useless as they are regarded as “raw materials” and are upcycled by adding value to them and then used and returned to the earth in a cycle of recycling.

 

 

[For inquiries regarding this release, please contact]
Kankyo Daizen Co.,Ltd
438-7, San-ku, Tannno-cho, Kitami-shi, Hokkaido, Japan
Marketing depertment  Nakagawa, Takei
Phone number: (0157) 67-6788
FAX number: (0157) 67-6618
E-mail: otoiawase@kankyo-daizen.jp

Official website https://kankyo-daizen.jp/
Official online store https://store.kankyo-daizen.jp/
Official Twitter https://twitter.com/KankyoDaizen
Official Facebook https://www.facebook.com/kankyo.daizen/
Official Instagram https://www.instagram.com/kankyo_daizen/
  1. プレスリリース >
  2. 環境大善株式会社 >
  3. 第101回 ニューヨークADC賞 (The ADC 101st Annual Awards)で入賞いたしました