免許返納したくてもできない高齢ドライバーの方へ電動アシスト自転車を広めていきます

※本プレスリリースは4月1日実施のエイプリルドリームプロジェクトにて発信されています。通常のプレスリリースとは異なり、企業・団体がいつか叶えたい「夢」の内容の発信です。

株式会社カイホウジャパン(東京都八王子市、代表取締役:小竹 海渡、以下 カイホウジャパン)は、「April Dream 4月1日は、夢の日。」に参加しています。このプレスリリースは株式会社カイホウジャパンのApril Dreamです。“自転車”という新しい移動手段で、高齢ドライバーの助けになりたいと考えています。

 

 高齢化が急速に進む現代。それに伴って高齢ドライバーの人口も年々増加しています。内閣府がまとめた『令和2年度交通安全白書』によると、2019年時点で、70歳以上の運転免許保有者は1,195万人。その数は運転免許保有者全体の14.5%を占めています。


その一方で昨今、高齢ドライバーによる痛ましい事故が数多くニュースで報道されています。

 本来、事故を起こす気で起こす人はいないはずです。しかし悲しい事故は起きてしまう。年齢を重ねれば、常に安全を第一に気を張りながら車の運転をし続けるのは難しくなっていきます。


それでも車に乗り続けるのはなぜか?理由はさまざまですが、そのなかのひとつとして、“移動手段が車しかない”ということが挙げられます。一般的に車以外の移動手段は、交通機関である電車・バスなどがあげられますが、整備が行き届いていない地域は日本全国数多く存在しています。


 そこで株式会社カイホウジャパンは免許返納を促す支援策として、車に乗らざるをえない高齢ドライバーの移動手段を車から電動アシスト自転車へのシフトを推進する施策を考えています。


 免許返納を希望している高齢ドライバーの方に電動アシストSUISUIをお求めやすい価格でご提供させていただきます。
カイホウジャパンが販売している電動アシスト自転車の特長は大きく4つ。(一部仕様が異なる製品もございます。)

・低床設計...フレームが低く設計されている為サドルの乗り降りがしやすくなっています。


・断電ブレーキ...ブレーキをかけると自動でアシストが停止する安心機能です。


・3アシストモード...エコ、平坦、坂道の3種類のアシストモードから選べます。


・小型で大容量バッテリー...走行距離最大約35Km!(26インチ、当社指定パターンによる)5.8Ahリチウム  
 バッテリー。充電の際の持ち運びが便利な小型サイズです。


今まで電動アシスト自転車に乗ったことがない方にも安心して乗っていただける製品です。


 近所のスーパーへお買い物。天気がいい日にフラッとお散歩。運動目的のサイクリング。用途はさまざま。車にはない、風を感じながら自分の足でグングン進む楽しさを。





\2020年10月1日カイホウジャパン直販サイトがOPEN! /
今回紹介した機能が全て搭載された電動アシスト自転車はコチラから購入できます!
URL:https://kaihou-direct.com/products/detail/8

今なら会員登録をしていただくとすぐにお買い物で使用できる100P(100円相当)をプレゼント!

「April Dream」は、4月1日単に笑えるネタではなく実際に企業が叶えたい夢を発信する、PR TIMESによるプロジェクトです。



株式会社カイホウジャパン 概要
“豊かなエレクトリックライフを創造する”を企業理念に、電動アシスト自転車「SUISUI(スイスイ)」をはじめ、カー用品、家電など様々なジャンルの製品を開発しています。

社名    :株式会社カイホウジャパン
代表者     :代表取締役 小竹 海渡(こたけ かいと)
所在地     :〒192-0903 東京都八王子市万町10-1
設立日     :平成9年4月
資本金     :2,000万円
製品    :「SUISUI」、「Navia」など
事業内容  :アシスト自転車用電動ユニット、その他の開発および製造、販売
公式サイト :http://kaihou.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社カイホウジャパン >
  3. 免許返納したくてもできない高齢ドライバーの方へ電動アシスト自転車を広めていきます