CyberHuman Productions、著名人のデジタルツインをキャスティングするサービス「デジタルツインレーベル」の公式3DCGモデルの制作を担当

~「分身」となるデジタルツインモデル1人目は、世界的トップモデルの冨永愛さん~

3Dスキャニングから3DCGコンテンツの企画・制作を行う株式会社CyberHuman Productions (本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:内藤貴仁)は、株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋 )が開始する、著名人の「分身」となるデジタルツインをキャスティングするサービス「デジタルツインレーベル」において、公式3DCGモデルの制作を当社が担当する事をお知らせいたします。「デジタルツインレーベル」では2023年までに著名人500人のデジタルツインの制作およびキャスティングを目指します。

  • 背景
コロナ禍の影響によりフィジカルな空間では時間や場所などの物理的な制約が現在も続いていますが、アーティストのクリエイティブ表現においては、没入感とインタラクティブ性の高いデジタル体験ができるメタヴァース※1(インターネット上の仮想空間)もサードプレイスとして認知され始めており、さらに現在はアートの世界を中心にNFT(Non-fungible token / 非代替性トークン)と呼ばれる技術を使ったデジタルアートが注目を集めるなど、近年ではデジタル空間がアーティストの新しい活動の場として市場が拡大してます。
また、近年はリアルな音声付き動画をAIで制作する「シンセティック・メディア」が注目されAI技術の研究が進むなど、広告やエンタメ、接客など様々な分野でデジタルヒューマンの活用が期待されています。XR技術を用いた映像表現、バーチャル空間でのライブ開催はすでに増加しており、開発がさらに加速化しているARグラスなどのウェアラブル端末やVRデバイスが広く一般化していくことで、AR・VRを活用したデジタル空間のみで完結するコンテンツが今後より一層多く生まれてくることが想定されています。
 
  • 概要
このような背景のもと、サイバーエージェントではタレントやアーティストなど著名人の公式3DCGモデルを制作し、著名人の「分身」となるデジタルツインをキャスティングするサービス「デジタルツインレーベル」を、芸能事務所および著名人向けに開始いたしました。本サービスにおいて、フォトグラメトリー技術やデジタルヒューマン等CG制作を強みとする当社が公式3DCGモデルの制作など技術担当いたします。
制作過程では、事前に著名人の全身の3DCGデータを、高精細な3Dスキャン技術を用いて取得し、身体的特徴を捉えるモーションデータ・音声データなどと合わせて、ご本人の「分身」となる高精細なデジタルツインを制作します。また、サイバーエージェントが提供する「デジタルツインレーベル」は公式3DCGデータ制作に加え、広告プロモーションなどへのCGキャスティングや、デジタルツインを起用した企画立案などを実施。フィジカル空間でのご本人の活躍に加え、デジタル空間でのデジタルツインのタレント活動が正しく成立する活躍の場を拡大するとともに、新しい価値づくりに取り組んでまいります。

著名人の方は「分身」となる公式3DCGモデルのデジタルツインを制作することで、ご本人同士の対談や未来と現在の姿でのドラマやCMなど映像共演ができたり、アスリートの方は世界中を巡り試合を行っているオンシーズンでもCM撮影ができるなど、物理的な制限から解放された活動が可能になります。また、ダンスや音楽の演奏など本人のスキルを拡張した表現などもCG技術で実現が可能です。

また、サイバーエージェントグループでは健全なマーケット作りを目的に、ディープフェイクの悪用を検知する研究にも積極的に取り組んでおります。公式3DCGモデルはガイドラインに則って制作・管理を実施、著名人の偽物を発見する技術に投資しフェイクデータの検知・摘発を行うことで、著名人の著作権や肖像権の保護、各メディアの信頼性の確保、技術の正しい社会実装および発展に努めてまいります。
 
  • 公式3DCGモデル…デジタルツイン1人目:世界的トップモデル 冨永愛さん
1人目のデジタルツインとして、世界で活躍するトップモデルの冨永愛さんにご参加頂きます。冨永愛さんは世界的トップモデルとしてのみならず、女優、執筆、テレビ、ラジオ、イベントでのパーソナリティーなど幅広く活躍されています。
冨永さんの分身となるデジタルツインは、顔のみならず冨永さんの全身を3DCGスキャンしています。表情豊かな静止画だけでなく、バーチャルファッションショーでウォーキングをしたり、ご本人の音声を合成するなど、動きのある映像出演も可能です。メタヴァース空間での新たなブランディング構築に挑戦してまいります。

  

  • 技術について
これらを高クオリティで実現するには、顔や体を高精細に表現するコンピュータグラフィックス技術、コンピュータビジョンによる高品質な人物キャプチャ技術、本人らしい声を自在に再現する音声信号処理技術、映像と音声を一致させて動作を表現するリップシンク技術など、最先端の機械学習手法を取り入れた高度なAI映像表現技術が重要です。

「デジタルツインレーベル」の公式3DCGモデルは、サイバーエージェントAI技術研究組織「AI Lab」と、共に制作しております。
サイバーエージェントが持つAI技術の研究開発に加え、当社が保有する業界トップクラスの機材を搭載した高精細な3Dフェイシャルスキャン撮影が可能な出張型3DCGスキャンカー「THE AVATAR TRUCK」や、「全身3Dスキャンシステム」、カメラやセンサーによって顔や身体の動きの特徴をとらえる「モーションキャプチャシステム」や、それらで取得した大量の人物データと技術を組み合わせることが鍵となります。グループ会社の強味を活かし、多岐にわたる技術資産を活かすことでさらなる高クオリティな表現を目指してまいります。
 
  • 今後
AI・CG技術の進化によりデジタル空間における活動の幅が今後さらに、拡がると考えられる中、新しい価値を生み出す「人のデジタルツイン」の可能性を追求し、デジタル空間だからこそ作ることができる表現に挑戦するとともに、企業のマーケティング活動の拡大に貢献してまいります。

※ メタヴァース:インターネット上の仮想空間。利用者はアバターとして仮想空間に入り、他者とコミュニケーションをしたり、その中で経済活動が行ったりすることが可能な場所。
 
  • デジタルツインレーベル PR動画

 

 

 

  • 株式会社CyberHuman Productionsについて

What We Do
CyberHuman Productionsは、「技術(Cyber)」と「人間(Human)」の融合を目指すクリエイター集団です。

従来の慣習にとらわれず、「プロセス」や「時間」の概念の転換を仕掛けていきます。
それは決してクリエイティブの質を下げるものではなく、新しいアイディアやゆとりの創出につながると私たちは信じています。
誰も見たことがない表現を創造する、誰もが価値を感じるものをアーカイブする、みんながワクワクする体験を設計する。
AI・CG等の技術とクリエイターの力で、クリエイティブの新しいステージを切り拓き、インターネットを通じて、渋谷から世界を震撼させます。

Works  
出張型3DCGスキャンカー「THE AVATAR TRUCK」やスキャニングスタジオ、リアルタイム3DCG合成ができるバーチャル撮影システムなど、業界最先端の技術を複数保有しており、広告・ファッション・音楽・エンタメなど様々な業界において、3DCGを活用したクリエイティブコンテンツを企画・制作しています。

これまでの事例についてはこちらから
https://www.cyberhuman-productions.co.jp/works/


【会社概要】
商号   :株式会社CyberHuman Productions
設立日  :2017年6月1日
社名変更日:2019年7月31日
所在地  :東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 22F
代表者  :内藤 貴仁
資本金  :1,500万円
出資比率 :100%(株式会社サイバーエージェント)
事業内容 :3DCG動画広告制作事業
フォトグラメトリースタジオ事業
Digital Human事業
Future Live事業
AR / VR等3DCGコンテンツ制作事業
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社CyberHuman Productions >
  3. CyberHuman Productions、著名人のデジタルツインをキャスティングするサービス「デジタルツインレーベル」の公式3DCGモデルの制作を担当