AI革命のインフラを目指す「FastLabel(ファストラベル)」のシードラウンドにおいて出資

株式会社ジェネシア・ベンチャーズ(代表取締役:田島 聡一、本社:東京都港区)は、同社が運用するGenesia Venture Fund 2号(以下、GV-2)より、AIの実用化を加速させるアノテーションプラットフォームを開発・提供するFastLabel株式会社(ファストラベル、本社:東京都品川区、代表取締役社長:鈴木 健史)に対し、シードラウンドにおいて出資しましたことをお知らせいたします。


【FastLabelについて】
FastLabelは、「AI革命のインフラになる」をミッションに掲げ、2020年1月に創業したスタートアップです。AI開発を行う企業様へ向けて、アノテーションプラットフォームの提供を通じて、AIの実用化をサポートしてまいりました。

■AI開発・実装について
▼ AIの実用化を妨げる原因の6割は「教師データ」にある

AIは、アルゴリズムに教師データを与え、学習させることで、その力を実装・実用化できるようになります。しかし、教師データが足りないことやビジネス上のユースケースを網羅できていないことが原因で、AIが期待するパフォーマンスを発揮できず、実用化のボトルネックになっています。

▼ AI開発はデータのパターンを事前に把握することが難しい
通常、AI開発プロジェクトは、全てのデータをアノテーションしてから、モデル開発・評価を実施するというウォーターフォール型で進められます。しかし、プロジェクト初期段階では「どのようなパターンのデータがあるかわからない」、「どのようなアノテーション方法が最適かわからない」など、データ傾向が把握できず、不確実な要素が多い状態です。そのため、プロジェクト終盤で予期していなかったパターンのデータやアノテーションの間違いが発見され、当初期待したパフォーマンスが発揮されない状況になります。その場合、アノテーションデータの修正や再収集が必要になり、莫大な工数を要します。
 

アノテーション イメージアノテーション イメージ


【FastLabelのソリューション】
■データ傾向を瞬時に把握し、高速に開発サイクルを回すことが可能に

FastLabelは、リアルタイム連携のアノテーションサービスによって、アノテーションの途中でモデルを学習させて精度を確認できたり、データの偏りなどを瞬時にウェブ上でチェックできたりすることで、このような手戻りを未然に防ぎます。
FastLabelを活用することで、アジャイル手法で開発サイクルを回し、AI開発を高速に進めることが容易になります。未然にデータ起因の手戻りを減らすことで、モデル精度を効率よく改善し、AIの実用化を加速できます。
また、一般的なメトリクスによるモデル評価だけでなく、ビジネスシーンに合わせてデータを絞り込み精度を確認するなどの詳細なデータ分析が可能で、ビジネス上欠かせないデータの傾向を簡単に発見できます。これにより、アノテーションデータを追加したり、アルゴリズムを変更したりするなどの改善アクションを素早く取れるようになります。
 

画面イメージ1画面イメージ1

画面イメージ2画面イメージ2


【今後の展望】
今回の調達資金を元に、さらなるプロダクト強化を行ってまいります。
今後は、アノテーションサービスだけでなく、モデル評価やデータ分析など、AI開発全体を円滑に進めるためのプロダクト開発を進めてまいります。
AI実用化のためのより良い開発の進め方からご提案致します。ご興味をお持ちいただいた企業担当者様は、下記お問合せ先までご連絡ください。
・WEBサイト:https://fastlabel.ai/

*アノテーションサービス(教師データ作成代行)だけの利用も可能で、スモールに導入できます。


【出資について】
■担当キャピタリスト/Investment Manager 相良 俊輔
"AI"が既存産業の深く大きな課題を解いていくこれからの時代において、質の良いツルハシを提供することで巨大産業のインフラの一端を担おうとするFastLabel社のビジョンに共感し、今回出資参画させていただくことを決めました。人間とアルゴリズムがなめらかに協働する社会の実現に向けて、FastLabelの非連続な成長にコミットしていきたいと思います!


【ジェネシア・ベンチャーズについて】
ジェネシア・ベンチャーズは、「すべての人に豊かさと機会をもたらす社会を実現する」というビジョンを掲げ、シードアーリーステージのスタートアップへ投資とバリューアップ支援を行う、独立系のベンチャーキャピタルです。 東京、ジャカルタ(インドネシア)、ホーチミン(ベトナム)の3拠点を構え、アジア全域において、スタートアップ、事業会社、投資家、政府、自治体、非営利団体など、社会を形成するすべてのステークホルダーとともに、社会の“あるべき姿”をとらえ、持続可能かつ大きな産業創造に挑むプラットフォームとなることを目指してまいります。


【会社概要】

  • FastLabel

社名   :FastLabel株式会社

代表者  :代表取締役CEO 鈴木 健史
WEB    :https://fastlabel.ai/

本社所在地:〒141-0001 東京都品川区北品川5-5-27 201号

事業内容  :アノテーションプラットフォームの提供
 

  • ジェネシア・ベンチャーズ
会社名 :株式会社ジェネシア・ベンチャーズ
代表者 :代表取締役/General Partner 田島 聡一
WEB   :https://genesiaventures.com/
設立日 :2016年8月 本社  :東京都港区北青山3-3-13 共和五番館2F
事務所 :ジャカルタ)WeWork Revenue Tower, Scbd, Jl Jend.Sudirman No.52-53, Senayan, Kebayoran Baru Jakarta City, JK, 12190, Indonesia
:ホーチミン)D08,SENoffice Business Center,L18-11-13,18th Floor, Vincom Center Dong Khoi Tower,72 Le Thanh Ton, Ben Nghe Ward,District 1,Ho Chi Minh City,Vietnam
事業内容:ベンチャーキャピタル業
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ジェネシア・ベンチャーズ >
  3. AI革命のインフラを目指す「FastLabel(ファストラベル)」のシードラウンドにおいて出資