ハイレゾのクラウドサービス「GPUSOROBAN」がPALTEK社による販売開始。AI開発の需要にGPUの手軽な利用を提案

株式会社ハイレゾ(本社:東京都港区、代表取締役:志倉喜幸、以下当社)が提供するGPU(※)クラウドサービス「GPUSOROBAN」は、2022年3月より株式会社PALTEK(本社:横浜市港北区、代表取締役社長:高橋忠仁、以下PALTEK)による販売を開始します。AI開発の⾼度化と学術研究における多様化が進んだことで、⾼性能なGPUが求められるようになったなか、膨大なデータ量の計算処理を必要とするユーザーに対して、GPUクラウドサービスの手軽な利用を提案いたします。
※GPU:Graphics Processing Unit、3Dグラフィックスなどを描写する際に必要な計算処理を行う半導体チップ

昨今、AI・ディープラーニングが注目される中、ハイパフォーマンスな計算能力を有するGPUが機械学習におけるプロセッサとして広く活用されています。GPUを使用することで、交通インフラや医療、映像制作、製造、建設、学術などあらゆる分野において、AI開発、レンダリング、シミュレーションにかかる膨大な計算処理を高速化することが可能です。

その一方で、GPUの利用に際しては大きく3つの課題があります。

1)GPUの高価格化により自社所有が難しいといった購入費用面
2)GPUクラウドサービスの従量課金制のスキームによる運用コストの増大懸念
3)GPUクラウドサービス利用の技術サポート利用に対する追加コストの発生


これら従来の課題を解決するのが、当社のGPUクラウドサービス「GPUSOROBAN」です。アメリカの大手半導体メーカーNVIDIA社が提供する最新の「NVIDIA A100 Tensorコア GPU」を搭載し、高い演算能力をクラウドで提供しています。また、電気代、インスタンス代、ディスク代、ネットワーク回線代をすべて含んだ定額設定となっているため、ユーザーは予算を立てやすい設計です。

  • GPUSOROBANの特長

(1)高いコストパフォーマンス
当社のデータセンターは、エアコンを使わずに廃熱効率を高めることで、運用コストを抑えています。そのため、GPUSOROBANはハイエンドGPU NVIDIA A100を搭載しながら、初期費用無料から手頃な価格で利用でき、ユーザーは費用を抑えた運用が可能です。
従量課金プランと月額定額プランを選択でき、ユーザーの利用シーンに合わせてコストを最適化。月額定額プランでは、使いすぎによる予算超過のリスクがありません。

(2)時間のかかる環境構築が不要
CG制作や機械学習など、やりたいことを今すぐ始められるよう、高性能レンダリングエンジン「Radeon™ ProRender」やディープラーニング用ライブラリ「TensorFlow」「PyTorch」、さらには「Jupyter Lab」や「Anaconda」といった実行環境をプリインストールしています。主要なフレームワークなどはプリインストールされているため、環境の構築は不要で開発への着手をスピーディーに行うことができます。

(3)クラウドサービスにもかかわらず技術サポート・カスタマイズを無料提供
自ら利用するソフトウェアを選びたい、よりこだわった使い方をしたいという方は、VMインスタンスを自由にカスタマイズが可能です。また、クラウドサービスにもかかわらずGPUのエキスパートによる技術サポートを無料で受けることができるほか、環境構築を代行する「ORDER MADE OPTIONS」を用意しています。
プリインストール以外のフレームワークについてもソフトウェアは無料で追加カスタマイズが可能です。
 

  • 株式会社PALTEK 取締役 橋本一光からのコメント

ハイレゾの「GPUSOROBAN」を取り扱い開始することで、AIやデータサイエンスを活用するお客様への提案の幅がさらに広がることを大変うれしく思います。PALTEKが注力しているエッジAI事業や5G、IoT事業ともシナジー効果があり、各事業の推進を加速できると考えています「GPUSOROBAN」は、AI開発者向けのGPUサーバの導入コストを抑えた業界をリードするクラウドサービスであると考えています。
 

  • 株式会社ハイレゾ 代表取締役 志倉喜幸氏からのコメント

当社は、国内最大級のGPU専用データセンターの運営会社として、国内の学術研究機関や企業に対してGPUによる演算力を提供してまいりました。AI/ディープラーニング分野の需要が世界的に高まっている中、高い訴求力をもつPALTEK社と事業提携することで業界の発展に寄与するとともに、これからも国産のITインフラとして、ユーザーが安心して利用できるサービスを提供してまいります。

ハイレゾの名称およびGPUSOROBAN、その他本プレスリリースに記載のブランド名は株式会社ハイレゾの登録商標または商標です。その他すべての名称は、それぞれの所有者に帰属します。

■株式会社PALTEKについて
PALTEKは、1982年の創業以来、日本のエレクトロニクスメーカーに対して国内外の半導体製品の販売のほか、ハードウェアやソフトウェアなどの設計受託サービスも提供し、お客様の製品開発のパートナーとして仕様検討から試作開発、量産までサポートしています。PALTEKは、「多様な存在との共生」という企業理念に基づき、お客様にとって最適なソリューションを提供することで、お客様の発展に貢献してまいります。なお、2021年6月よりPALTEKは株式会社レスターホールディングスのグループ企業となりました。
PALTEKに関する詳細は、https://www.paltek.co.jp をご覧ください。

■株式会社ハイレゾについて
ハイレゾは、日本最大級のGPU専用データセンターを石川県志賀町で運営し、IaaSモデルにてGPUによるクラウドサービス「GPUSOROBAN」を提供しています。
2019年に開設した第1データセンターには、NVIDIA社等のハイスペックな製品を揃え、現在所有するGPUは約9,000枚になります(2022年1月現在)。また、2022年中に稼働予定の第2データセンターは「違い棚屋根方式」による廃熱効率に優れた設計となっており、エアコンを使用しないことで空調電力を90%削減し、脱炭素を推進するデータセンターとなっています。

■会社概要
企業名  株式会社ハイレゾ
所在地  東京都港区元赤坂1-1-8 赤坂コミュニティビル5F
代表者  代表取締役 志倉 喜幸
事業内容 GPU専用データセンターの運営、GPUクラウドサービスSOROBANの提供、広告事業
URL https://highreso.jp/
GPUSOROBAN https://soroban.highreso.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ハイレゾ >
  3. ハイレゾのクラウドサービス「GPUSOROBAN」がPALTEK社による販売開始。AI開発の需要にGPUの手軽な利用を提案