JFEエンジニアリング株式会社 イタリア NextChem社とのWaste to Chemical分野における協業合意

                                           2021年1月27日
                                    JFEエンジニアリング株式会社


                  イタリア NextChem社との
               Waste to Chemical分野における協業合意
 
 JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下元、本社:東京都千代田区)はこのたび、イタリア国Maire Tecnimont S.p.A. (会長: Fabrizio Di Amato、本社:イタリア国ミラノ)の100%子会社であるNextChem S.p.A. (CEO: Pierroberto Folgiero、本社:イタリア国ローマ、以下、「NextChem社」)と、Waste to Chemical※(以下、「WtC」)分野における、協業合意書を締結しました。

 Maire Tecnimont Group(以下「MTG」)は、ミラノ市場に上場するエンジニアリング、テクノロジー、エネルギー部門の50の事業会社を擁する世界的な企業グループです。MTGは石油・ガス、化学、肥料、石油化学等、多岐にわたるプラントエンジニアリングを行っており、NextChem社はMTGにおいてグリーンケミストリー、循環型経済(Circular Economy)、エネルギー転換のための技術開発とその普及を担っています。

 当社は、長年にわたり培ってきた廃棄物の燃焼・ガス化技術を基盤として、廃棄物発電プラントを供給してまいりました。
 この度の協業の目的は、廃棄物を原料とした水素、アンモニア、尿素、メタノールやエタノール等のWtC生産プロセスを開発することにあります。 この中で当社は、固形廃棄物から合成ガス(水素と一酸化炭素を主成分とするガスで、WtC生産プロセスにおける中間媒体となる)を製造するガス化技術の開発を担います。
 両社は、当社が納めてきたガス化炉をベースに技術的・経済的な検討を開始し、最終的にはWtC生産プロセスを供給することを目指します。
 当社は、WtC技術の実用化により、燃料や各種製品の原材料製造から廃棄・リサイクルに至るまで、循環型経済への転換と、二酸化炭素排出量の低減を促進し、SDGsの目標7.「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」、12.「作る責任と使う責任」、13.「気候変動への具体的な対策」の実現に貢献してまいります。

 ※Waste to Chemical 廃棄物やバイオマスを原料とした化学品や燃料の製造

■Maire Tecnimont S.p.A.社概要
 ・本 社       イタリア国ミラノ
 ・上 場    2007年 ミラノ市場
 ・代表者    会長:Fabrizio Di Amato
 ・業 績    売上高         : 33.4億ユーロ
 (2019年12月) 営業利益       : 1.9億ユーロ
 ・ビジネス領域    石油・ガス、化学、肥料、石油化学分野でのプラントエンジニアリング
   ・子会社     50社(45ヵ国)

■NextChem S.p.A.社概要
   ・本 社          イタリア国ローマ
 ・親会社    Maire Tecnimont S.p.A. 100%
 ・代表者    CEO: Pierroberto Folgiero
 ・ビジネス領域  グリーンケミストリー、エネルギー転換を支える
          技術の開発とライセンシング、EPC関連サービス、プロジェクト開発

 
                                         お問合わせは下記にお願いいたします。
                                JFEエンジニアリング株式会社 総務部広報室 
  1. プレスリリース >
  2. JFEエンジニアリング株式会社 >
  3. JFEエンジニアリング株式会社 イタリア NextChem社とのWaste to Chemical分野における協業合意