【学生の健康習慣】健康観察アプリ『健康日記』×京都大学生協のコラボで学生の自主的な健康観察を促進

健康観察アプリ『健康日記』と京都大学生協のコラボで、コロナ禍の一人暮らしや大学生活をサポート。学生が自らの健康を自ら管理する方法として、『健康日記』アプリの活用を推奨します。まずは毎日の体温管理から。

株式会社ヘルステック研究所(本社:京都市左京区 代表取締役:阿部達也)は、京都大学生活協同組合とコラボレーションし、PHR(パーソナル・ヘルス・レコード)スマートフォンアプリケーション『健康日記』を活用した大学生の健康観察促進プロジェクトを推進します。このプロジェクトとは、学生が自分で自分の健康を維持する習慣を身につけることを目標としています。コロナ禍の新たな健康習慣となった日々の体温測定を皮切りに、①学生が『健康日記』アプリに毎日の体温・体調の記録すること、②アプリ内で管理された日々の記録から学生が自身の体調を客観的に観察することの紹介・拡充を、本プロジェクト第1弾として始めました。
■背景

 


国立感染症研究所の推奨する濃厚接触者向け健康観察項目の記録機能を持つ健康観察アプリ『健康日記』は、日々の健康状態とともに体温を記録することができます。アプリ内で管理される記録を客観的に見ることにより、自らの体調変化に気づきやすくなることが期待されます。

 

4月から多くの大学で対面講義が始まり、学生自身が自分の健康・体調を管理することが今まで以上に求められています。すべての学生の健康・安全のための「予防活動」を実践されている京都大学生協とともに、学生が自らの健康状態を把握し、変化に気づけること、維持のために行動できることを目指し、大学生の健康観察プロジェクトを始めました。

 



■大学生協とのコラボレーション

 


京都大学生協では、すべての学生が健康・安全に学生生活を送ることができるよう、食やイベントなど様々な機会を通して活動されています。大学生の健康観察プロジェクトは、大学から人々と社会の健康を創造することを目的としたヘルシーキャンパス活動に基づいて「学生の健康」を目指す、京都大学生協と健康観察アプリ『健康日記』のコラボレーションによる取り組みです。具体的には、『健康日記』アプリを用いて日々の記録を管理し、その記録を自らの健康・体調管理に活用することを大学生協のネットワークを通して推奨し、学生の学生自身による健 康増進・維持に繋げます。


プロジェクト第一弾として、日々の体温測定の測定結果を『健康日記』アプリで管理し、客観的に観察することを広めております。起床時や講義・部活・サークル・バイトの前に体温を測定し、『健康日記』アプリに記録すると、入力した情報がグラフ化され、自身の体調をより客観的かつ視覚的に見ることができます。また、『健康日記』アプリは、無料のオンラインサービス「らくらく健康観察」との併用により、各自で設定したグループに登録した個人の体温(体調)を確認することもできます。忙しいキャンパスライフ送る学生と離れて暮らすご家族とが日々の体温(体調)を共有することにより、お互いに安心しあえるのではないでしょうか。京都大学生活協同組合にご協力いただき、4月からの新年度にあわせ、webサイトでの掲示や生協各店舗等での配布にて本プロジェクトをご紹介いただいております。今後の展開に向けて、引き続き大学生協とのコラボレーションを進めていく計画です。東京大学消費生活協同組合でも同様の取り組みを進めています。

 

学生向け配布資料(3,000枚配布)

 

■京都大学生活協同組合での取り組み

京都大学生活協同組合は、大学内で構成員への食事の提供など福利厚生等について京都大学より業務委託を受け事業を行う非営利組織であり、組合員が相互に助け合う協同組合組織です。
本年より京都大学は原則対面講義となっており、学生は健康状態を自分自身で把握し登校してもよいかを判断することが求められています。課外活動においても活動前後の体調の記録を残すことが必須で、これをどのように実現するかは重要です。
京大生協はミッションの一つとして「組合員の健やかなキャンパスライフを支える」と定めており、この使命は健康日記の目的である「学生が自分で自分の健康を維持する習慣を身につける」というものと重なり合うものです。
今回のコラボレーションでは、ショップで体温計やアプリの提案ができること、生協と学生との間にある多くの接点を活かして周知することが可能な点など生協の特徴を活かすことができました。学生組合員の健康のために引き続き普及に努めたいと考えております。

京都大学生活協同組合 専務理事
國見 伸行 様

 

■【学生の健康習慣】『健康日記』×京都大学生協 に寄せて

Covid-19の猛威が続いていますが、いずれは終息するでしょう。ペスト・天然痘・スペイン風邪等のパンデミックの歴史が教えてくれているからです。withコロナのいま、私たちは、検温・手洗い・水うがい・マスク・ソーシャルディスタンシング・消毒等の行動を徹底して、感染拡大防止の生活を続けています。
今回の取り組みは、withコロナ期に、検温を習慣化し、個人の健康記録として自己管理する行動提案といえます。その原点は、2017年11月20日の山極壽一京都大学総長(当時)による「ヘルシーキャンパス宣言」(https://www.kyoto-u.ac.jp/ja/news/2017-12-13)にあると確信しています。
一方、大学生協では学生自身が“自分事”で健康・安全の活動を推進しています。この領域では、京都大学の理念と大学生協のそれはぴったりと一致するのです。
「健康日記✕京都大学」が、“Covid-19の産物”として、afterコロナでのハイブリッドな新生活の一部を成す、“ヘルシーキャンパス文化”を醸成する糸口となることを願ってやみません。

全国大学生協共済生活協同組合連合会  
藤本 昌 様

 
■PHRによる行動変容等の実証実験用スマートフォンアプリケーション『健康日記』

PHR(パーソナル・ヘルス・レコード)は、個人の生活に紐付く医療・介護・健康等に関するデータを本人の判断のもとで利活用する仕組みであり、主要な記録媒体としてスマートフォン(スマホ)が用いられています。母子手帳の情報や健康診断結果、日々の歩数や血圧、体重などの推移を時系列で保存することで、緊急時や診療時だけでなく日常の健康維持、促進にも利活用が期待されています。
『健康日記』アプリは、PHRによる行動変容等の実証実験用スマートフォンアプリケーションであり、ヘルステック研究所と京都大学の共同研究の成果物として無料配布しています。自分で毎日の体重や血圧、カロリーなどを記録でき、スマホのヘルスケア機能と連携すれば歩数などを自動的に取り込むこともできます。通院や運動記録など自身の健康に関する日記機能や診察券画像の保存機能など随時機能が追加されています。2020年3月にリリースし現在7万人以上の方にダウンロードされています。
 

■『健康日記』アプリ連動サービス『らくらく健康観察』

ヘルステック研究所が開発した『健康日記』アプリ連動サービスである健康観察管理システム『らくらく健康観察』は、体温など『健康日記』アプリに記録したデータを簡単に集計できます。『らくらく健康観察』は、従業員や学生の体温などの健康観察を、今すぐ実施したい、アプリで手間をかけずに実施したい、安心した実績のものを利用したい、費用も抑えたいという事業者のお悩みを解決するのに最適なアプリ連動サービスです。
厚労省推奨の「新型コロナウイルス感染症患者の接触者における健康観察票(国立感染症研究所)」に準拠した専門家監修の健康観察をらくらくに実施できます。『健康日記』アプリに入力した健康観察データを管理者が『らくらく健康観察』管理画面で一括管理します。また、その記録を、大学、部活・サークル、アルバイトなど複数の管理者への報告もワンタップで送信できます。



■詳細はこちらから

『健康日記』アプリ
https://www.htech-lab.co.jp/covid19/

『らくらく健康観察』
https://kenkoukansatsu.htech-lab.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ヘルステック研究所 >
  3. 【学生の健康習慣】健康観察アプリ『健康日記』×京都大学生協のコラボで学生の自主的な健康観察を促進