THE NOVEMBERSの新感覚パラレルミュージックビデオをプロデュース

~見る人によって感想が異なるテクノロジーを活用した前代未聞のミュージックビデオ~

デジタルマーケティング支援の株式会社トライバルメディアハウス(本社:東京都中央区 代表取締役社長:池田 紀行 以下 トライバルメディアハウス)は、オルタナティブロックバンドである「THE NOVEMBERS」の10月15日発売のニュー・アルバム「Rhapsody in beauty」に収録されている「Romancé」のミュージックビデオのパラレルミュージックビデオを公開しました。
URL:http://the-novembers.com/romance-parallel/
トライバルメディアハウス ムーブメントデザイン部のシニアプランナー高野修平が、「Romancé」のミュージックビデオクリエイティブ・ディレクション及びエグゼクティブ・プロデューサーを担当しました。

パラレルミュージックビデオは、閲覧する端末と閲覧する場所(接続するネットワーク)によって異なる映像が映し出されるテクノロジーを活用した全く新しい新感覚のミュージックビデオです。これはニューアルバム「Rhapsody in beauty」のモチーフの一つである「パラレルワールド」を具現化するために作られた映像作品です。


●パラレルミュージックビデオ詳細
パラレルミュージックビデオはBOOM BOOM SATELLITESのクリエイティブディレクターを務めたminsakが監修し、映像の監督はトチハラヒロタカが務めています。

仕組みは、ユーザーの端末(ブラウザ)+ネットワークIPによってコンテンツを判別して表示するという、パーソナライズ型コンテンツ。IPの値を解析して、コンテンツの表示を振り分けていて、何度アクセスしても同じネットワークの環境からは同じ映像しか見ることが出来ません。

ただし違うネットワークからは異なる映像をみることができます。
具体的には映像内に映し出される水模様がユーザーの見る環境によって、色が変化する仕組みになっています。色という印象を左右させるものを変化させることで、ひとつのミュージックビデオに対して、ユーザーの感想が異なる全く新しいミュージックビデオのひとつです。

映像のパターンは11種類以上のパターンが用意されています。
自分以外のユーザーがどんな色の世界になっているかをSNSでシェアしたり、あらゆる端末や環境で体験して頂ければと思います。


●小林祐介(Vo&Gt)のコメント
「Rhapsody in beauty」のテーマ、モチーフの一つ“パラレルワールド”。今、自分の目の前にある現実とは別の並行世界。ほんの些細な物事をきっかけに、僕達の世界は全く別の未来へと導かれていきます。

自分に見えている海の色と、他人に見えている海の色は必ずしも同じではありません。そこには“海の色”と“知覚”を巡るパラレルワールドが存在します。

「Romancé」のMVシリーズはあなたの観覧する条件や、環境によって色が変わります。
この仕掛けは沢山の人が、それぞれ“一つの人生”を生きていること。

そしてその“一つの人生”は、遍く存在する可能性の中の一パターンに過ぎないことを表現しています。
また、MVの中の僕達が自身を取り巻く“ゆらめき”の色の変化に気付くことはありません。いつも通りです。

それは、あなたの人生が別の未来へ枝分かれした様子を、あなた自身で相対的に確かめることが出来ないこと自体の比喩でもあります。

あなたがこのMVを観ることをきっかけに、僕達を取り巻く世界の色が変わる。MVの中の僕達はあなた自身でもあります。
小林祐介


●THE NOVEMBERSとは


2005年に結成した日本のオルタナティブロックバンド。
2007年にUK PROJECTから1st EP「THE NOVEMBERS」をリリース以降、毎年ワンマンツアーを行い、年々会場の規模を大きくしながらもその都度ソールドアウト。国内の大規模なロックフェスティバルでは「FUJI ROCK FESTIVAL」「ARABAKI ROCKFEST.」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「COUNTDOWN JAPAN」などに出演。

2012年からはiTunes storeで世界62か国への楽曲配信を開始。海外バンドの来日公演のサポートも増えTELEVISION,NO AGE,BORIS, BO NINGEN,Wild Nothing,Thee Oh Sees,ULTERIOR等とも共演。そして、台湾の「MEGAPORT FESTIVAL」にも出演し、国内だけでなく海外からの注目も高まる。

メンバーのソロ活動としては、小林祐介はソロでの弾き語り以外に、CHARAのライブサポート及び音源制作や、L’Arc-en-Cielのyukihiroのソロプロジェクトであるacid androidのライブギタリスト、そして浅井健一、有松益男(BACK DROP BOMB)とROMEO`s bloodというバンドでも活動している。ケンゴマツモトは、映画監督である園子温のポエトリーリーディングセッションなどにも参加し、更に活動の幅を広げる。
特にファッションとの関わりは深く、「LAD MUSICIAN」とはコラボレーショングッズの制作や、2012-13A/Wのコレクションのミュージックとしてライヴを行い、その模様は宇川直宏主催の「DOMMUNE」で生放送された。

2013年9月末までにUK PROJECTから計8枚の音源をリリース。2013年10月からは自主レーベル「MERZ」を立ち上げ、2014年10月15日に独立後早くも3作目となるフルアルバム「Rhapsody in beauty」をリリース。


●ツアースケジュール
【TOUR - Romancé -】
・10/17(金)名古屋CLUB QUATTRO
・10/19(日)心斎橋JANUS
・11/7 (金)札幌COLONY
・11/14(金)福岡DRUM-BE1
・11/15(土)広島CAVE-BE
・11/24(月・祝)仙台 enn 2nd
・11/25(火)新潟 CLUB RIVERST
・11/28(金)新木場 STUDIO COAST
※全てワンマンライブ


●5thアルバム「Rhapsody in beauty」について

Artist:THE NOVEMBERS
Title:Rhapsody in beauty
Label: MERZ
品番:XQMP-1001
Release Date:2014.10.15(Wed)
Price:2,500円(tax in)

01.救世なき巣
02.Sturm und Drang
03.Xeno
04.Blood Music.1985
05.tu m'(Parallel Ver,)
06.Rhapsody in beauty
07.236745981
08.dumb
09.Romancé
10.僕らはなんだったんだろう

Sound Produced by THE NOVEMBERS & Junya Iwata (triple time studio)
Mastered by Soichiro Nakamura (PEACE MUSIC)
Creative director / Copywriter : Shuhei Takano(Tribal Media House Inc,/MERZ)


■トライバルメディアハウス会社概要
(社名)     株式会社トライバルメディアハウス http://www.tribalmedia.co.jp/
(本社所在地) 東京都中央区銀座二丁目15番2号 東急銀座二丁目ビル
(代表者)   代表取締役社長:池田 紀行
(資本金)   3,700 万円
(事業内容) デジタルマーケティングコンサルティング事業
        インタラクティブプロモーション事業
        WEB広告事業
        マーケティング支援ツール開発・販売事業
(主要株主) ネットイヤーグループ株式会社及び当社役職員
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社トライバルメディアハウス >
  3. THE NOVEMBERSの新感覚パラレルミュージックビデオをプロデュース