TuneCore Japan、中国大手音楽配信サービス TencentとNetEaseへの楽曲提供をスタート

国内インディペンデントアーティスがダイレクトに中国最大級の音楽サービスで楽曲配信可能に


チューンコアジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野田威一郎)が運営する音楽デジタルディストリビューションサービスTuneCore Japanは、中国大手配信サービス Tencent と NetEase への楽曲提供をスタートいたしました。

これにより、TuneCore Japanの利用者は、TENCENT MUSIC ENTERTAINMENTが運営する音楽配信サービス「QQ Music」、「Kugou Music」、「Kuwo Music」、「We Sing」、「Ultimate Music」、およびNetEaseによる「NetEase Cloud Music」へ楽曲配信が可能となります。

今回のTencentとNetEaseへの楽曲提供開始により、TuneCore Japanを利用した楽曲配信によるリーチ可能なリスナー、プラットフォーム利用者は50億人以上となります。また、TencentとNetEaseの音楽配信サービスにおいても、TuneCore Japanを利用し配信した場合、現在配信ができるその他の音楽配信サービス同様、手数料を除いた100%の販売収益が還元されます。

これまでインディペンデントアーティスト/レーベルが中国の音楽配信サービスへ楽曲配信する場合は、代理店等を通じて配信せざるを得ないケースがほとんどでしたが、今後、国内のインディペンデントアーティスト/レーベルはTuneCore Japanを利用することで、TuneCore Japanの特徴である100%収益還元のままTencentやNetEaseという中国最大級の音楽配信サービスにダイレクトに楽曲配信することができるようになります

したがって、国内インディペンデントアーティストは、中国の音楽マーケットに対してもコントローラブルなインディペンデントのスタンスを保ちながらアプローチが可能となります。

なお、現在TuneCore Japanを利用してすでに配信している楽曲に関しては、追加料金がかからずに配信先にTencentとNetEaseの音楽配信サービスを追加することができます。

世界的にも重要な音楽市場として注目されている中国、その大手配信サービスへ国内インディペンデントアーティストがダイレクトに楽曲を配信できるということについて、国内音楽関係者からの関心も高まっています。​​

【識者コメント】
中国は合法の音楽ストリーミングが立ち上がってからほんの数年で世界の音楽市場のTOP10入りを果たし、2019年には7位となっている世界有数の優良(有料)音楽マーケットです。そこにインディペンデント・アーティストがTuneCore Japanを通じて音源をダイレクトに配信できるのは、大きな可能性と言えます。億単位の月間アクティブユーザーと日本のインディペンデント・アーティストの楽曲が出会う場ができるのです。インディペンデント・アーティストならではの多様性がある作品が中国でどう拡がり、人気を得ていくのか、とても大きな期待をしています。
(ParadeAll代表:鈴木貴歩)



まず中国への安定した音楽ストリーミング配信を個人で行うハードルの高さをクリアされたTuneCore Japanチームのみなさんの尽力に拍手を!これでインディペンデントアーティストのみなさんも中国へ配信することができるようになりましたね。しかもTencent系列のQQ、KuGou、Kuwo、We SingのみならずNetEaseにも配信できることが非常に大きなポイントのように思います。今やストリーミングに関するデータを直ぐに閲覧、分析でき、TuneCore Japanであればランキングインした情報もオンラインで把握できるので、中国の配信サービスにも対応されれば、自分たちの楽曲をどう中国で拡げていくかの指針を今までよりずっと立てやすくなるでしょう。
(arne代表:松島 功)


関連記事:中国音楽市場に挑む国内インディペンデントアーティスト
https://magazine.tunecore.co.jp/skills/118817/


『Tencent』について
Tencent(テンセント)は、中国に拠点を置く TENCENT MUSIC ENTERTAINMENT (テンセントミュージックエンタテインメント)が運営する音楽配信ストア、「QQ Music(キューキューミュージック)」「Kugou Music(クゴウミュージック)」「Kuwo Music(クウォミュージック)」「We Sing(ウィーシング)」「Ultimate Music(アルティメットミュージック)」の総称です。全サービスの月間アクティブユーザーは8.9億を超え、オンライン音楽サービスの課金ユーザーは3,100万人、3,500万曲以上の楽曲を取り扱う中国最大級の音楽プラットフォームに成長しています。*
(*参照:TENCENT MUSIC ENTERTAINMENT2019 Q2データ)

 『NetEase』について
NetEase(ネットイース)は中国に拠点を置く Hangzhou Netease Cloud Music Technology Co.,Ltd が運営する音楽配信ストアです。2013年に開始された NetEase Cloud Music は、8億人以上のユーザーが登録し、3,000万曲以上の楽曲を取り扱う中国の主要な音楽プラットフォームの一つです。*
(*参照:NetEase2020オフィシャルサイトデータ)


本件詳細については下記もご参照ください。
https://www.tunecore.co.jp/news/262

【TuneCore Japan】
自分で作った楽曲を、利用者であれば、『誰でも』世界中(185ヶ国以上)の配信ストアで販売できる、音楽配信ディストリビューションサービス。2012年10月より、日本でのサービスを開始しており、アーティストへの総還元額は100億円を突破。国内外問わず、アーティストが楽曲販売可能な音楽配信ストアを追加し、積極的に事業展開をしている。
http://www.tunecore.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. チューンコアジャパン株式会社 >
  3. TuneCore Japan、中国大手音楽配信サービス TencentとNetEaseへの楽曲提供をスタート