【マネースクエア 】通貨ペア「豪ドル/NZドル」の業界シェアにおいて取引高25.5%、建玉量34.2%となりました!

当社ならではの人気の理由があります。(※金融先物取引業協会「1月店頭FX取引」データ参照、当社調べ)

株式会社マネースクエア(本社:東京都港区、代表取締役社長:藤井 靖之、以下「当社」といいます。)は、この度、当社取扱通貨ペア「豪ドル/NZドル」が、2020年9月26日のリリースから約4か月となる2021年1月の業界シェアにおいて、取引高25.5%、建玉量34.2%を獲得しました。また、当社注文量においては、2021年2月23日で17億通貨(円換算約1450億円相当)を突破いたしましたので、お知らせいたします。(※金融先物取引業協会「1月店頭FX取引」データ参照、当社調べ)
 
  • 概要
当社は、この度、当社取扱通貨ペア「豪ドル/NZドル」が、2020年9月26日のリリースから約4か月となる2021年1月の業界シェアにおいて、取引高25.5%、建玉量34.2%を獲得しました。
また、当社注文量においては、2021年2月23日で17億通貨(円換算約1450億円相当)を突破いたしました。

● FX店頭市場におけるAUD/NZD取引状況(2021年1月月次) 単位:百万通貨、%

※参照データ
・店頭外国為替証拠金取引:一般社団法人金融先物取引業協会HP内「統計資料」「店頭外国為替証拠金取引の状況(月次)」
・当社:当社調べ
 
  • 当社で人気の理由
「豪ドル/NZドル×トラリピ®」 ~お客様待望の新通貨ペアと、当社特許の「トラリピ®」との相性が良いのです。

1.「豪ドル/NZドル」ペアの特徴について

特徴1:狭い値幅でのレンジ相場を形成しやすい
他の通貨ペアに比べて、相関関係が強いため、狭い値幅でのレンジ相場を形成しやすいという特徴があります。同じポジション量の場合、高低差が狭いとレンジ内での評価損失(リスク)は抑えやすくなります。

特徴2:ショック相場における変動率が低い
他の通貨ペアと比べて、ショック相場における変動率が低いため、ショック相場の影響を受けにくく、レンジの逸脱やロスカットの可能性が低いと言えます。


2.「トラリピ®」について
ある一定のレンジ(範囲)の中で、まるで相場に罠(トラップ)をかけるかのように、イフダン注文が繰り返される(リピート)当社独自のオーダー管理ツールで、当社の84.3%のお客様にご利用いただいています。トラリピ®が使えるのは当社だけです。

【トラリピ®の仕組み】

つまり、
・「豪ドル/NZドル」はレンジ相場を形成しやすい=トラリピ®がリピートしやすい

・「豪ドル/NZドル」はショック相場における変動率が低い=ロスカットになりにくいというのが当社ならではの人気の理由です。

■ 背景
近年の世界情勢においては、米中貿易摩擦問題や、香港問題、英国のEU離脱など、その構図も大きく変化してきており、特に昨年は、新型コロナウィルスの感染拡大による不安定な一年でありました。
資産運用の世界においても多数の金融商品が誕生し、その変動要因や環境はめざましく変化してきております。
そのような中でも当社は創業来変わらず、常にお客様視点に立ち、「資産運用としてのFX」を体現すべく、サービス展開を続けてきております。いかに、日々の生活をジャマせずに、FXで快適に資産運用を長く続けていただくかということを考え、開発したのが、「トラリピ®」という当社特許の注文手法です。

「トラリピ®」という長く愛されてきた手法と「豪ドル/NZドル」の性質がよく調和し、お客様からご支持いただいた結果に結びつけることができたと考えております。   

 トラリピ史上最強通貨ペア※「豪ドル/NZドル」についてはこちら
(※2015年1月~2020年6月の100pipsあたり総推移が当社取り扱い全14通貨ペア中No.1)
https://www.m2j.co.jp/sc/lp/audnzd/?utm_source=op_top&utm_medium=banner_scroll&utm_campaign=lp_audnzd

 長くコツコツ続けられる「トラリピ®」についてはこちら
https://www.m2j.co.jp/fx-toraripi
 

■ 具体的な取り組み(マネースクエアの優位性)
1.      資産運用としてのFXと当社特許の注文手法「トラリピ®」の活用
マネースクエアのFXについてはこちら
https://www.m2j.co.jp/moneysquare-fx

2.      「トラリピ®」の技術を支える強固なシステム
2019年5月に新システムを導入し、約定力が飛躍的に向上しました。1秒間におよそ5000件もの約定処理を実現しお客様との信頼関係を強固にしています。
当社システム技術はこちら
https://www.m2j.co.jp/moneysquare-fx/system

3.      ニューノーマル時代の投資家教育
お客様との新しいコミュニケーションを通じた投資家教育にも注力しています。
オンライン個別相談会・ワークショップ(トラリピ支援チーム)はこちら
https://www.m2j.co.jp/notice/1600/contents



■ マネースクエアについて -創業18年の歴史-

2002年のグループ創業以来、「資産運用としてのFX」を追求し、業界に先駆けた分別管理信託や低レバレッジの推奨など、中長期的に外貨運用に取組むためのスキームを提供しています。
当社特許の注文管理ツール「トラリピ®」の開発や、それを使いこなすための投資家教育の拡充、注文を安定して支える強固なシステム技術の保持など、常にお客様の視点に立ち、お客様が本質的に求めるものを提供し続けています。
創業から18年。今までもこれからも変わらず、お客様とともに歩みながら豊かな社会つくりに貢献していきます。

【マネースクエア 公式アカウント/サイト】
Twitter https://twitter.com/MONEYSQUARE_inc
公式サイト https://www.m2j.co.jp/
 
【会社概要】
会社名:株式会社マネースクエア(マネースクエアHD 100%子会社)
所在地:東京都港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー40階
代表取締役社長:藤井 靖之
設立:2002年10月
URL:https://www.m2j.co.jp/
事業内容:FX/CFD取引
 
当社サービスに関しての注意事項についてはこちら
https://www.m2j.co.jp/info/disclaimer




 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. マネースクエア >
  3. 【マネースクエア 】通貨ペア「豪ドル/NZドル」の業界シェアにおいて取引高25.5%、建玉量34.2%となりました!