スーパーストリーム、「ニューノーマル時代を見据えた経理の働き方改革」セミナーをオンライン配信で開催

~7月27日 生産性を落とさず在宅勤務を導入したい経理部門へのヒントを解説~

会計・人事給与分野に特化した経営基盤ソリューション「SuperStream-NX」を展開するスーパーストリーム株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:角田聡志)は2020年7月27日(月)、オンライン配信にて「ニューノーマル時代を見据えた経理の働き方改革」セミナーを開催いたします。本セミナーでは「ニューノーマル時代を見据えた経理・財務部門の働き方」に焦点をあて、経理部門が生産性を高めながらテレワーク/在宅勤務を遂行するために押さえておくべきポイントと業務改革のステップについて解説します。

    【セミナー詳細】https://superstream.smartseminar.jp/public/seminar/view/2033

■「経営戦略に役立つために財務情報を活かしきれていない」への課題解決セミナー
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、政府が企業にテレワーク/在宅勤務の実施を要請する一方で、経理・財務部門においては請求書などの証憑の確認や押印手続きなど何らかの業務のために出社せざるを得ない企業が多く、また在宅勤務ができていても生産性が落ちたと感じているという担当者の声をよくお聞きします。今後ニューノーマル時代(アフターコロナ・ウィズコロナ時代)を見据えると、経理・財務部門で働く従業員の命と健康を守るためにも、かつ、月次/年次決算をはじめ経営や事業を支える経理業務を止めないためにも、経理・財務部門においても柔軟な働き方で生産性を向上していくことが求められます。

<業務上の主な課題>
・経理/財務部門のテレワーク(在宅勤務)を検討、推進したい
・紙文化から脱却したい
・既存の経理業務プロセスを見直したい
 
当社主催の本セミナーでは、1,000社以上の会計・人事アウトソース・コンサルを手掛けており公認会計士でもあるCSアカウンティング代表取締役社長の中尾氏をお招きし、経理部門が生産性を高めながらテレワーク/在宅勤務を遂行するために押さえておくべきポイントと業務改革のステップについて解説いただきます。またスーパーストリームより、ニューノーマル時代を見据えた経理部門の柔軟な働き方を実現するために最適なSuperStream-NXの活用法をご紹介します。

■セミナー概要
日時:2020年7月27日(月)
形式:オンラインWeb配信(ウェビナー)
時間:15時00分~16時15分 ※14時50分 視聴受付開始
申込:https://superstream.smartseminar.jp/public/seminar/view/2033

【第1部】
「ニューノーマル時代を見据えた経理部門の働き方改革のススメ」 15時05分~15時50分

<概要>
コロナ禍の中で、生産性を向上させるという働き方改革との両立で課題を突き付けられた会社も多く生じたのが現実だと思います。今後ニューノーマルの中で経理部門がどのようにして、新しい働き方を実現しつつ、生産性を上げていけば良いのか、そのためのヒントをお伝えします。他社で実際にあぶりだされた課題やそれに対する解決のテクニックや導入事例などを現場目線でご紹介します。経理部門の生産性向上のため施策、生産性を落とさずに在宅勤務を進めるにあたっての留意点を中心にお話しします。

 <講師>
CSアカウンティング株式会社 代表取締役社長 中尾 篤史 氏

<講師プロフィール>
公認会計士・税理士 、 会計・人事のアウトソーシング・コンサルティングに特化したCSアカウンティング(株)の代表取締役として、中小企業から上場企業およびその子会社向けの会計・税務サービスを、累計で1,000社以上の会社にひろく提供している。著書に「経理部門の働き方改革のススメ」、「瞬殺!法人税申告書の見方」、「会計の基本教科書」、「BPOの導入で会社の経理は軽くて強くなる」など多数。

【第2部】
「ニューノーマル時代の経理部門をサポートする「SuperStream-NX」の活用ポイント」 16時15分~16時30分

<概要>
スーパーストリーム株式会社は、中堅・大手企業向けに会計・人事給与に特化した経営基盤ソリューションを組み合わせた国産ERPパっケージ「SuperStream-NX」を開発・提供しています。経理業務に必須の機能を標準提供しており、バックオフィス業務の負担を軽減するべく"経理部ファースト"な思想を取り入れ、高度な技術を実装することで圧倒的な使いやすさを実現しています。現在、累計導入社数は9,400社以上(上場企業800社以上)にご導入いただいています。本セッションでは、クラウド活用や支払や経費精算業務における証憑の電子化によるペーパーレス化の推進、さらにRPAやAI-OCRにより経理の定型業務を自動化する機能など、ニューノーマル時代を見据えた経理部門の柔軟な働き方を実現するために最適なSuperStream-NXの活用法をご紹介します。

<講師>
スーパーストリーム株式会社 企画開発本部 マーケティング部 部長 瀧 頼子

<講師プロフィール>
平成7年、会計・人事給与の国産ソフトウェアパッケージSuperStreamの製品発売時の初期メンバーとして、システム導入、サポート業務に携わり平成13年からは11年間製品サポート部門長として従事。その中で得たご利用者のニーズや業務知識を生かし、平成24年より商品企画・マーケティング部門の責任者として、ユーザのご要望や市場ニーズ、制度対応を鑑み製品への実装に取組む。また、SuperStreamのユーザ会であるSuperStream Users Groupの活動においては副事務局長として参画。

■会社概要
社 名 : スーパーストリーム株式会社
所在地 : 東京都品川区東品川2-4-11 野村不動産天王洲ビル
代表者 : 代表取締役社長 角田 聡志
設 立 : 1986年12月
資本金 : 1億円
事業内容: 会計・人事給与分野に特化した経営基盤ソリューション「SuperStream-NX」の開発・運用
URL  : https://www.superstream.co.jp/

 ※本文中に記載されている会社名は、各社の登録商標または商標です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. スーパーストリーム株式会社 >
  3. スーパーストリーム、「ニューノーマル時代を見据えた経理の働き方改革」セミナーをオンライン配信で開催