9月27日-28日開催の第4回Tech in Asia Tokyo 2017がチケット1枚買うごとにもう1枚無料で手に入る「友達+1」キャンペーンを開始。

アジアのテック業界全体の発展に貢献することを目指すTech in Asia  (本社:シンガポール 代表:Willis Wee)はTech in Asia Tokyo 2017の開催にあたって、チケット1枚買うごとにもう1枚無料で手に入る「友達+1」キャンペーン(http://jp.techinasia.events/1for1-jp)を実施いたします。

このキャンペーンでは、6月23日までに専用フォームに登録した参加者へコードが送られます。このコードを使うことで、チケット1枚を購入すると2枚目のチケットが無料で手に入ります。このコードを友達や同僚に贈って、一緒にTech in Asia 2017にご参加できます。
 
【Tech in Asia Tokyo 2017の概要】http://events.techinasia.com/tokyo/
昨年度に引き続き開催されるTech In Asia Tokyo 2017は、3000名を超える世界中の起業家・ベンチャー投資家・大企業の新規事業部・メディアなどが集まるアジア最大級のテック・カンファレンスです。過去にはメルカリCEOの山田進太郎氏、起業家・VC・作家のベン・ホロウィッツ氏などが登壇。また、経営のノウハウが身につくワークショップも開催。明日から使えるコンテンツからビジネスを成長させるためのヒントが得られます。

 また、スタートアップが投資家へプレゼンできる「スピードデート」も用意しています。参加予定の投資家は60社以上。起業家が指名した投資家にそれぞれの5分間ピッチでき、しかも投資家を何人でも指名することができます。投資家一人につき、スタートアップのピッチを聞く時間が1時間が割り当てられられます。

 【参加のメリット】
-60社の投資家との1対1ミーティング
-専門家と実際に手を動かすワークショップ
-メルカリCEOの山田進太郎氏(過去登壇)などの起業家による刺激的なトークセッション
-他のスタートアップやファウンダーとのネットワーキング、アイデア交換、フィードバックチャンス
-事業シナジーのあるスタートアップ数百社とのネットワーキングチャンス

 【イベント概要】
開催日程: 2017年 9月27日(水)・9月28日(木)
開催時間:当日共に 9:00-18:00 (予定)
開催場所:ベルサール渋谷ガーデン


【Tech in Asiaについて】
Tech in Asiaは、アジアに焦点を当てたテック情報やスタートアップのニュースを提供し月間1000万PVを誇るメディアを運営。毎年アジア最大級とされるカンファレンスをシンガポール・東京・ジャカルタの3都市にて開催、累計参加者は1万5000人以上。シンガポール本社を2011年に設立(日本支社は2014年)。 当社投資家にはシリコンバレーのアクセラレータであるYコンビネーターやSoftBank Indosat 、Facebook共同創業者のエドゥアルド・サベリン氏、イーストベンチャーズなど。インターネット・コミュニティのみならず、アジアのテック業界全体の発展に貢献することを目指している。

【Tech in Asia Japan】
所在地:〒106-0032 東京都港区六本木四丁目2番45号高會堂ビル2階
設立:2014年6月
Tech in Asia Japan CEO: David Corbin
事業内容:アジアのスタートアップやテックに関する情報を提供。Tech in Asia Tokyo の大型イベントを毎年9月に開催。スタートアップのコミュニティイベント「Tech in Asia Meetup」も定期的に開催中。
ウェブサイトURL:http://jp.techinasia.com/
フェイスブック ページ:https://www.facebook.com/techinasiaJP/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Tech in Asia Japan >
  3. 9月27日-28日開催の第4回Tech in Asia Tokyo 2017がチケット1枚買うごとにもう1枚無料で手に入る「友達+1」キャンペーンを開始。