超高速開発基盤「OutSystems」、サーバレスアーキテクチャ採用の次世代型統合認証基盤「Auth0」と連携可能に

コーディング無し※1で認証連携開発を可能とし、アプリケーションの安全性と柔軟性の両立も実現

株式会社BlueMeme(ブルーミーム、本社:東京都品川区、代表取締役:松岡 真功、以下BlueMeme)は、当社が販売・導入支援を行う超高速開発基盤「OutSystems」と、「Auth0」(Auth0, Inc. 本社 米国ワシントン州ベルビュー、以下Auth0, Inc.)が提供するアイデンティティアクセス管理(IAM)プラットフォーム「Auth0(オースゼロ)」の連携を可能にするコネクター、「OutSystems Auth0 Connector」を開発し、本日より、その提供を開始いたします。

 クラウドサービスやAPIが増え続ける中、多様なアプリケーションを抱える企業にとって、事業拡張を加速するためには様々なシステムやサービス間のシームレスな連携が求められています。そんな中、セキュリティ対策は喫緊の課題となっていますが、社員の異動や退職時のアカウント削除や登録漏れによる情報漏洩リスクなど、アイデンティティ管理・運用におけるセキュリティ対策は基本でありながら、なかなか追い付かないのが現状です。そこで、各サービスやシステムへの認証開発やセキュリティ、ユーザー管理、それに伴うサーバやデータベースの管理など、事業のシステムを統合管理するアプリケーションとして、当社は「Auth0」の提供を行っています。

 この度開発した「OutSystems Auth0 Connector」は、当社が販売・導入支援を行う超高速開発基盤「OutSystems」と「Auth0」認証基盤を連携するためのコネクターです。新たなアプリケーション開発、機能やサービスの拡張、システム統合などを、OutSystemsを活用した超高速開発で実現する際に、Auth0の機能を活用することが可能になりました。スピード、拡張性、柔軟性及び安全性など、企業にとって不可欠となる特性を持ったシステムを実現いたします。特に、昨今ニーズが高まるモバイルデバイスからのアクセス対応や、IoTスマートシステム対応、SaaSと既存オンプレミスシステムとの連携などに効果を発揮し、後を絶たない顧客データの流出や不正アクセスによる被害リスクを低減し、企業は事業のスピードアップに集中することが可能になります。

 次世代アイデンティティ管理(IAM)プラットフォーム「Auth0」の詳細は、こちらをご覧ください。
http://www.bluememe.jp/auth0/index.html

 BlueMemeは、エンタープライズシステムのアジャイル開発の支援を行うとともに、それを支える最新のテクノロジーやアプリケーションを開発・提供し、企業の事業のスピードアップを強力に支援して参ります。

OutSystems について
OutSystemsは、ポルトガルに本社を持つOutSystems社が提供する超高速開発基盤です。国内では、2012年に株式会社BlueMemeが初めて採用して顧客企業に導入を行って以来、様々な業種・規模の企業での利用が進んでいます。コードを書くことなくビジュアルにアプリケーション開発が可能で、開発から保守運用までをひとつのプラットフォーム上で実現し、バージョン管理やパフォーマンス分析などのライフサイクルサポート機能を備えています。また、Webアプリケーションだけではなくオフライン機能などを活用した高度なモバイルアプリケーション開発も可能です。米調査会社フォレスターリサーチ社の2016年調査において、ローコード・プラットフォームカテゴリでNo.1評価を獲得(※2)、さらに米ガートナー(Gartner)社が2017年6月に発表したマジッククアドラントレポートでは、モバイルアプリ開発向けの高生産性ツールとして最高位のLeaderと認定されました。(※3)
※1 OutSystemsでの開発はコードレスですが、Auth0側での開発にはコーディングが必要となります。
※2 The Forrester Wave™: Low-Code Development Platforms, Q2 2016
※3 詳細はこちらのプレスリリースをご参照ください。
 (https://www.outsystems.com/company/news/2017/gartner-quadrant-mobile-development-platforms/)

Auth0 について
「アイデンティティアクセス管理の開発工数を抑え、本来の目的の業務アプリケーション開発へ開発者が集中できる」ことを目的に開発されたAuth0は、2013年の設立以降、すでに70ヶ国2,000社以上の導入実績を持つクラウドネイティブアーキテクチャのIAMプラットフォームです。開発者は、ダッシュボードから組込のエンタープライズディレクトリ接続機能や異常検出機能等を、ボタンで選択して構成することにより、ほとんどコーディングを行うことなく様々なシステムとの認証連携の開発を行うことができます。また、あらゆるサービスを1つのIDで集中管理でき、ユーザーにパスワードの変更をさせることなく、どのような既存のデータソースからでもユーザーをAuth0に移行可能になります。さらにすべてのサービスからのユーザーのアクセスログをモニタリング、可視化し、システムの運用上欠かせない適切で素早い判断と意思決定を可能にします。加えて、IoTデバイスのID、APIアクセス認証・認可機能、多要素認証機能を標準で対応する点で、ユーザー利便性向上(アイデンティ管理効率化)を実現します。データ侵害・漏洩の防止に関しては不正アクセス検知および異常検出(Anomaly Detection)機能が搭載、不正アクセスを防ぎます。さらに、パスワードはbcryptをハッシュ化し、すべてのデータは暗号化することで、セキュリティリスクを劇的に低減します。

【株式会社BlueMemeについて】
社名   : 株式会社BlueMeme
代表者  : 代表取締役 松岡 真功
所在地  : 東京都品川区東品川2-3-12
創業   : 2009年6月 (設立 2006年12月20日)
資本金  : 3億6,850万円 (資本準備金含む)
事業内容 : BlueMemeは、主に次世代プラットフォームに特化した業務システムの受託開発、および導入コンサルティングのサービスを提供しております。あわせて、モデル駆動型開発基盤である「OutSystems」の国内総販売代理店として、製品販売と並び、エンタープライズアジャイルの導入コンサルティング、モデル駆動型システム開発のコンサルティングの提供、および技術者育成に取り組んでおります。私たちは、IAMプラットフォーム「Auth0」をはじめとする様々な次世代テクノロジーを積極的に活用しし、システム構築の効率化・最適化の推進を通じて、市場の変化に柔軟に対応する企業ITシステムの実現と、企業競争力の向上をご支援します。
URL   : http://www.bluememe.jp/
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BlueMeme >
  3. 超高速開発基盤「OutSystems」、サーバレスアーキテクチャ採用の次世代型統合認証基盤「Auth0」と連携可能に