飲食店向け顧客管理および予約管理サービス「れすとれ」サービス開始のお知らせ

 株式会社アクリート(本社:東京都世田谷区、代表取締役 田中優成)、株式会社イー・カムトゥルー(本社:札幌市中央区、代表取締役 上田正巳、以下「イーカム社」という)及びBCホールディングス株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役 笠井大祐、以下「BCH社」という)との共同事業である飲食店向け顧客管理および予約管理サービス「れすとれ」のサービスを7月28日に開始いたします。


サービスの概要
1.顧客管理システム
 SMS自動配信による既存顧客向けプロモーション機能
2.予約管理台帳システム
 インターネット予約サービスと連動した予約台帳システム及びSMS配信機能による予約確認機能
3.外部サービスからの取り込み
 利用中の予約サービ経由の予約データを自動的に取り込み、自店の予約状況を一元管理することが可能

 サービス開始の背景
  1. ポストコロナの環境において、飲食店側と顧客との関係性の在り方がコロナ以前と比較して、より一層重要な要素となっている。好立地とペイドメディアへの出稿よる大量集客の戦略から、店と顧客の間の信頼感、安心感、共感といった“絆”を切り口とした実際のリレーション重視の店舗運営へと軸足が移動している。
  2. 店舗側から顧客への過度ではないアプローチツールとして、開封率の高いSMSを配信することで、より密度の高い顧客との関係性を構築し、安定した集客への取り組みをサポートする。
  3. 飲食業界は、現在、急速に普及するインターネット予約サイトからの予約管理(複数の導線)、予約の無断キャンセル、等の問題を抱えています。SMS配信による予約確認は、飲食店の問題解決に効果のあるツールとして認知されつつあります。
 
共同事業の役割
 アクリート社は、2019年2月に多拠点と不特定多数の顧客の間での双方向SMS配信に関する特許登録(特許番号:特許第6481795号、特許第6474182号)がなされたことにより、店舗と顧客の間での差別化されたSMSサービス開発が可能となっております。
 イーカム社は、約1500店舗の顧客基盤に対し、売上管理、勤怠管理等を行うSaaS型アプリケーション「Win-Board.biz」を開発し、継続的にサービス提供しております。
 また、BCH社では、約18万店舗の顧客に対し、店舗ビジネスに関するトータルソリューションサービスを提供しており、飲食店に対しても提案力・営業力を有しております。
 本サービスは、イーカム社及びBCH社の飲食店向けサービスに対する知見に基づき、アクリート社とイーカム社が本サービスを共同開発し、イーカム社のユーザーサポート体制、BCH社の飲食店向け提案力・営業力により、飲食業界のスタンダードとなるサービスを目指します。将来的には、予約無断キャンセルを行った顧客のリスト化についても検討してまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アクリート >
  3. 飲食店向け顧客管理および予約管理サービス「れすとれ」サービス開始のお知らせ