新サービス「養育費保証」開始

ワーキングマザー向けオウンドメディア「ママスマ」リリース

 株式会社Casa(東京都新宿区:代表取締役社長 宮地 正剛)は、新商品養育費保証サービスを開始いたします。本サービス提供に先駆けて、ワーキングマザー向けオウンドメディア「ママスマ」をリリースいたしました。
 厚生労働省の人口動態統計によると2017年の離婚件数は21万組となっており、子供がいる方の離婚は約13万組ともなっております。また、ひとり親世帯の約75%、68万世帯の方が養育費を受け取れておらず、母子世帯の約44%の方が非正規雇用であり、経済的な問題が深刻化しています。
 こうした中で、2020年4月の民事執行法の改正により、財産開示手続きが容易となり、養育費を請求する側にとって、未払いの養育費を請求し易くなりました。
 当社は、家賃債務保証事業の中で入居者が生活にお困りの際の相談窓口によるサポート、行政やフードバンクと連携した居住支援を行ってまいりました。
 当社が家賃債務保証事業で培ったノウハウを活かして、母子家庭を資金的・心理的にサポートし、女性並びに子どもが自立できる環境を目指してまいります。


■ワーキングマザー向けオウンドメディア「ママスマ」
 養育費保証のリリースに先駆けて、ワーキングマザー向けメディアを立ち上げ、リリースいたしました。
 お金、子育て、キャリア、子供の教育…。
 そんな悩みを抱えつつ、忙しい毎日を送る女性(ママ)だからこそ、かしこく現代を生き抜き、子どもの成長を見守りたい。そんなあなたとお子さんの可能性を守り広げるワーキングマザー向けのライフー&マネーメディアです。


■今後について
 当社は家賃債務保証事業で培ったノウハウや行政機関との連携実績から、企業や行政機関と連携し、様々なサービスの拡大を図ってまいります。
 更に当社のお客様である入居者だけではなく、さまざまな悩みを抱えるワーキングマザーへの情報提供や相談窓口となり課題を解決してまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Casa >
  3. 新サービス「養育費保証」開始